店長になるには?店長になるまでの過程と私がやったこと

店員Kです。

私は独立する前、雇われ店長として、とあるお店で
働いていました。

最初はアルバイトとして入社したのですが、
色々な過程を経て、店長になって
働くことになったのです。

”店長”として働いた2年ちょっとの期間、
良いことも、悪いこともいろいろありましたが、
結果的には良い経験だったと思います。

と、いうことで、店長になるまでの過程と
なった後について、順に書いていきたいと思います。

今後、更新ごとに記事内に詳細な解説ページへの
リンクをつけていきたいと思いますので、
今はさみしい感じですが我慢して下さいね…。
↓に店長関連記事をまとめました

☆基本情報☆
用済みになったら処分!店長は使い捨てのゴミ!雇われの実態ー
若くして店長になったら…?気を付けるべきポイント8つ!
怒鳴る奴は時代遅れの害悪!部下・バイトの正しい怒り方&叱り方
こんな店長イヤだ!バイトから嫌われる!嫌われる店長8パターン
店長だって休みたい!店長が休むための3つの調整 目指せ週休2日
”店長”がお店の全てを左右する!店長が変わると全てが変わる!
休めない!?店長が急に体調不良になってしまった時の対策
このお金は受け取るべき?大量の小銭・汚いお金 どうすれば?
万引きを見つけたら…捕まえる方法とその後の対応方法&注意点
店長の夏休み・お盆休みはあるの?店長が夏休みをとる方法
お客様の前でスタッフを怒る店長は理由はどうあれ店長失格!

☆店長業務☆
シフト作成! バイトや社員のシフト作りの手順4段階を解説!
閉店の伝え方 伝えるべき4つの相手 ~閉店が決定したら~
店長のブチ切れ?~キレるのはNG!キレるなら全てを失う覚悟で
店長の残業 サービス残業だらけのブラック企業!残業の”持ち時間”

☆アルバイトさん関連☆
学生・フリーターのバイト採用時のそれぞれの長所と短所
店長とアルバイトの適切な距離感とは?様々な視点から検証!
ダメ ゼッタイ 店長の恋愛は危険!店長がバイトに手を出せば破滅を招く!
ばっくれが起きたら!?店長が取るべき行動と事後処理
遅刻癖は死ななきゃ治らない?遅刻する人への対処法!
余計な誤解を招かない為に!職場・バイトでの異性への対応
バイト・部下の正しい呼び方 嫌な気持ちにさせない為に…
集団バックレが発生したら? 店長・責任者がとるべき行動と原因
男女比が偏ると店も偏る!職場・店の男女比バランスを考える!
男女間の不適切な関係に注意!店長・バイトの行動は慎重に…
店長から見るバイト先までの交通手段のメリットとデメリット
合鍵をアルバイトに預ける場合…預けない方が良い人9パターン!

☆上司・本社との関係関連☆
会社と上司は信用できない!動かぬ証拠を記録する方法3つ!

☆異動関連☆
店長の店舗異動!異動後の店長が新店舗になじむためのコツ8つ

☆実録シリーズ・その他☆
今こそ明かす!ブラックな環境で働く雇われ店長の全て!
実録!ダメ店長参上!実際にあった店長の暴言や差別行為20個!
邪魔!本部による店舗視察 店側が思う止めてほしいこと10個!
閉店日を延ばそうと直訴した店長時代の店員Kの話~決定は絶対~

スポンサーリンク

店長とは?

雇われ店長。自分でお店や会社を経営しているのではなく、
企業の店舗の店長のことです。

つまり、スーパーの店長やら、
チェーン店の居酒屋の店長やら…
そういう店長が”雇われ店長”となるわけですね。
・・・個人的にあまり好きな響きじゃないですけどね。

店長になるまでの過程

店長になるにはどうしたらいいの?
よく聞かれます。

とは言え、”こうすれば店長になれる”というのは
残念ながらありません

何故なら勤務先の会社によって大きく条件が
変わってしまうからです。

例えば私のようにアルバイトが店長にまで上がれる
会社もあるでしょうし、
いくら頑張ってもアルバイトはアルバイトのまま、という
会社もあるでしょう。

そればっかりは何とも言えないです。

とりあえず、私が店長になるまでの過程を記してみますので
参考にしてみてください。

店員Kの場合1 アルバイト

私はアルバイトとして某店舗(ゲーム系の店舗でした)に
採用されました。
当然、コネとかがあったわけではないので、
普通のアルバイトとしての入社です。

最初は仕事を覚えるので精一杯な毎日。
しかしながら徐々に仕事を覚えていき、
半年後にはお店のカギを預かるまでになっていました。

そしてある日、
”契約社員B”というポジションにならないか?
という打診がありました。

その会社では異例とも言える早さだったようです。
まぁ、考えられるのは・・・

・言われた仕事はしっかりこなすこと
・+アルファの仕事も提案、実行したこと
・シフトを多めに入れてもらっていたこと

そして、ちょうど先輩スタッフが私が入った直後ぐらいに
”とある要因”で次々と離脱していったこと…でしょうか。

一番は
シフトを多く入れてもらっていたので
会社の保険に加入しなくてはいけなくなったことによる
”契約社員B”へのランクアップなのですけどね。

と、いうことで
とにかくシフトに入りまくる。
これが上に上がりたい人にとって
一番有効な手段かと思います。

ただし、会社によっては
年間○○時間以上働いてはならない、と
しっかり決まっていて
時間がはみ出ないよう徹底的に管理されているところも
あります。

そういうところだと、店長や社員になるのは
難しいかもしれません。

店員Kの場合2 契約社員B

契約社員Bになって何が変わったのか?
答えは簡単です。
”肩書き”と”保険加入の有無”

それだけです。

時給が上がったわけでも、ボーナスが出るわけでも、
何でもありません。

ただ保険に加入した、というだけの肩書きです
(まぁ、保険に入れるだけでもありがたいことなのですが)

私が契約社員Bにランクアップしたのが
2010年4月のこと。ずいぶん昔ですね。

そこから長い日々が始まります。

そこの会社では
”アルバイト”と”B”は=バイト
”A”と”正社員”は=社員という扱いでした。

つまり待遇はバイトのまま。

このあと、私は長い年月をかけて
店舗内のあらゆる仕事を熟知し、
担当する業務を次々と増やしていき、

○○が居ないと・・・みたいな状況にまで
持ち込みました
(決してうぬぼれではない…はず(笑))

要は店内の”自分しか出来ない作業”
次々と増やしていったということですね。

この頃には私は、いずれ独立を、と考えていました。
なので一度、実験の意味も兼ねて
どうしても”店長”という業務を経験しておきたかったのです。

当時の店長は
気分屋で人に当たり散らすことも。

月日が経つにつれ、私も流石に精神的に疲弊していました。

しかしある日。その店長の異動が決まり、別の店舗へ。
そして後任の店長(この方は凄く良い方でした)も
1年足らずで異動に。

そしてついに
「君が店長をやってみないか?」という
お話を頂きました。

2014年2月。
Bに上がってからずいぶんと月日が経ちましたが
ようやく”契約社員A”というランクにUPしたのです。

そして店長に・・・

そしてようやく店長に慣れたのです。
それが2014年4月のこと。
会社都合によるお店の閉店が決まる
2016年9月まで、およそ2年ちょっと、
店長として色々なことを経験することができました。

しかし、店長というのも楽ではありません。
この時味わった裏側なども別記事でどんどん
語っていきたいと思います

店長になるためには?まとめ!

あくまでも可能性を上げる、というだけですが、

・なるべく多くシフトに入る
・自分の担当業務をどんどん増やす
・本社系の社員に存在を認知してもらう

これが一番の近道ですね。

とは言え、アルバイトから店長に~など、
簡単なことではありません。
私の場合は単に運が良かっただけなので。。。

もしもアルバイトから店長を目指すのであれば
”年単位”それも5年前後はかかると覚悟しておいた
方が良いでしょう。

店長の苦悩

店長と言っても所詮は”雇われ”です。
店舗の方針を決めることはできても、
それ以上の影響力はありません。

例えば会社の本部が
”お前のこれは要らない、これをやれ”
言ったら
やらなくてはいけないのです。

なので、雇われ店長に自由などありません。
外から見てると店長っていいな、、と思うかもしれません。
やりたい放題できそうにも見えますからね。。

しかし、そんなことはありません。
知らずに店長になれば”理想”と”現実”の狭間で苦しみ
さらには”上”と”下”からの板挟みに苦しむことに
なります。

それを覚悟しておきましょう。

店長が”偉い”というのは勘違いも甚だしい

自分が店長になった時、
時々勘違いする人が居ます
”自分は偉くなった”

大間違いです。

私は店長になりましたが、自分が偉いなどと、
一度も思ったことはありません。
所詮”雇われ”なのですから。

しかし、偉くなったと勘違いする店長の中には
高圧的にアルバイトに接する、
アルバイトを道具としてしか見ない、
そんなどうしようも無い人々もいます。

店長の役割は
”縛る”ことではありません。
”束ねる”ことです。

”命令”するのではなく”お願い”する、
そういうことです。

店が上手く回るようにする。
店の売上や利益を考える。
店に対して責任を持つ。

それだけじゃ”失格”です。

そこで働くアルバイトスタッフを含む、
スタッフ全員の事もしっかり考える。

働きやすい環境をつくる。

それも雇われ店長の仕事です。

そこをぞんざいにし、自分が偉いと勘違いし、
奢った店長に未来などありません

スタッフに八つ当たり、高圧的な対応をする、
こんな店長は”失格”です。店長不適合!
自ら辞表を書いて”やめるべき”です。

店長を目指す方へ

正直なところ、店長と言うのは
・無駄に勤務時間が長い(サービス残業あり)
・月給は安い
・上と下の板挟みになる

などなど、あまり良い事はありません。
その上、責任などはすべて押し付けられるので
その覚悟が無い人には向いていないでしょう。

”自営業は厳しい”よく私はこのブログでそう書きますが
雇われ店長もまた別の意味で厳しいモノです。

私はありませんでしたが、
多くの会社では店長の店舗間異動も多数行われています。

良い店長、悪い店長・・・

店長にも色々と居ますよね。
まぁ、人間ですから仕方がないのですが。。

・みんなに慕われるタイプの店長
・恐れられているだけの店長
・人に舐めきられてしまっている店長
・会社の犬

などなど、色々です。
このブログでは随時、悩んでいる店長様向けの記事や
逆に店長に悩む方向けの記事なども掲載していきたいと思います。

最後にまとめ!

雇われ店長、決して楽な職種ではありません。
”時間”と”自由”を失うだけでなく、
大したお金も手に入らず、上と下の板挟みになる、
そういう世界です。

そして上の知らなくても良い部も知ることになってしまいますね。。

ただ、色々な経験をすることができるのでその点では
一回体験してみるのも良いかと思います。

店長になるには時間がかかりますけどね・・・。

以上、店員Kでした~


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. とも より:

    初めまして こんばんは
    若くして店長になられた方のお話をうかがいたくて、記事を拝見させて頂きました。

    全国に店舗をチェーン展開するとある食品系のお店でパートリーダーとして働く者です。
    私は30代後半で現在の店長は20代後半、10歳ほど離れています。店長としての経験はまだ浅いとのことです。

    日々の業務の中でやはりリーダーとして報連相など、ほかのパートさんよりは店長と接する事が多いのですが、業務上でどこまで踏み込んでいいのか悩んでいます。

    例えば材料の発注。基本的に店長が担当ですが、業者から届いたものを倉庫や冷蔵庫へ納めるのはパートです。ある冷蔵の材料が在庫過多で冷蔵庫がいっぱいということがあったりすると店長に発注を止めてもらうように声をかけるのですが、今日の明日で発注が変更できなかったりすると冷蔵庫に入りきらずロスに・・・ということもあったりで、私は一日にどのくらいその材料を使っているのか日割り計算して店長に伝えたりします。

    また、定番で出していた商品を他の商品に切り替えるということを私たち(販売員)に伝えてくれるのはいいのですが厨房の方には伝えていなくて、厨房の人たちはすでに準備に取り掛かっていた・・・ということがあったので、別の機会に商品の切り替えがあったとき、私は店長からその話を聞いた後すぐに厨房の人に伝えました。

    私はすぐ「次はこうならないように・・・」と先回りして考えて行動するタイプなのですが、店長にとってそういうことは面白くないですか?

    色々と口出しするようになってからなんだか店長から敬遠されているように感じていてなるべく必要なこと以外は私も発言を控えているのですが、他のパートさんたちとは楽しそうに雑談していてなんだが孤独です。

    ちなみに私もKさんと同じように職場の方とはビジネスライクな距離感を保つタイプなので店長とも職場でしか話はしませんし、もちろん若いといっても上司としてお話しています。

    • 店員K より:

      初めまして!ありがとうございます!

      そうですね…
      私の場合も年上のアルバイトさんがいらっしゃって、
      やはり色々と先回りして行動して下さる方でした。

      仕事上はとても助かりましたし、ありがたかったです!

      …ただ、隠しても仕方がないので正直にお話しますと、
      「優秀な」アルバイトさんが居ると、
      心のどこかでは面白くない、という部分は実際のところ
      あると思います(汗)

      私の場合は、それを表に出しませんでしたし、
      その方とも普通に雑談できている間柄でしたが、
      内心、心の奥底の部分では、やはりよく出来ているその
      アルバイトさんに(気が利きすぎている?)
      なんとなく面白くない、という感情は0ではなかった、、というのが
      ホンネですね。。

      人によってはそれが無意識のうちに表に出てしまったり、
      よく動いてくださる年上のアルバイトさんに苦手意識を
      持ってしまったり、ということは実際にあるかと思います。

      ただ、その店長さんもとも様のことを嫌っているというわけでは
      無いと思います。
      お互いになんとなく引け目を感じてしまって、
      その店長さんも
      どことなく、無意識のうちに、自然と話しにくい、そういう
      感じになってしまってるのかな、、とそう思います。

      ですが、とも様の仕事上の立ち回りには感謝していると思いますし、
      私も、その立ち回りの良いスタッフさんい感謝はしていました。

      なので、あまり気にしすぎず
      (お互い気にすると無意識のうちに敬遠ムードになってしまいますから…)
      今までどおりのとも様のスタイルで
      働いていかれるのが一番良いのではないかな、と思います!

      頑張ってください^^

      • とも より:

        ご返信ありがとうございます。

        そうですよね、やはり色々な意味で面白くないという気持ちはありますよね、、、

        とりあえず必要最低限、避けたい事態に対してのみ動き、急ぎでないことに関してはあまり先回りしないでおこうと思います。

        自然と話しにくい感じ、というのはなんとなくわかる気がします。店長と言葉を交わすのはいつも仕事のことで真顔で、、、という感じなので少し気持ちを楽にしてみようかと思います!

        ご丁寧な御意見、ありがとうございました!