バイトスタッフが急に休む可能性が上がる日とはいつ?

アルバイト

店員Kです!

今回は店長の立場に立った記事を。

このブログでは、よく、酷い店長についての話題に触れることもあります。
実際に酷い店長は一定数居ますし、
そういう人たちは、店長として、不適合であると個人的には思います。

ですが、酷い店長が居れば、酷いアルバイトスタッフさんが居るのも事実。

中には、ズル休みをする人がいるのも事実です。

当日に急にドタキャンしてきたり、
「風邪」と嘘をついたり。

今回はそういう「ズル休み」が発生しやすい環境を
ご紹介します。
そういう日に関して、少し不安であれば、人を多めに
配置しておくことをおすすめします。

ズル休みが発生しやすい日とは?

ズル休みが発生しやすい日、というのはザンネンながら
実際に存在します。
私もアルバイトの立場を経験しているので、
気持ちは分からないでもないです。

ズル休みが発生する確率が、わずかでも上がる日、
上がる時期は一体いつごろなのでしょうか。
それを、ご紹介していきます。

なお、当日急に休む、という連絡があっても、
それがズル休みとは限らないので、
そこのところは勘違いしないで下さい。
急に調子が悪くなる人も、存在します。

当日の急な休みがあったとしても、
ズル休みと断定することは(連絡が無ければ別ですが)
できないので、決めつけて追及しないように注意して下さい。

ちなみに、下で紹介するのは、あくまでも
「確率がわずかながら上がる日」のことです。
通常、ズル休みがそんなに頻発することはないですから、
例えるなら1パーセントから5パーセントにあがる、だとか
そういうわずかな変化のことなので、”ちょっとだけ可能性が上がるんだな”
程度に見ておいて下さい。

①天気の悪い日

天気の悪い日は、アルバイトスタッフさんのズル休みが
他の日に比べて発生しやすいです。
実際に数名、「今日は天気が悪いからバイトを休んだ」という
知り合いが居ますし、
そういう考えに至る人は実際に居るかと思います。

天気が悪ければ悪いほど、何らかの理由をつけて
アルバイトスタッフさんが欠勤する可能性は
増えてきます。
確かに、私のバイト時代の感じを考えてみても、
気持ちは分からないでもないです。
やっぱり、天気が悪ければ悪いほど、面倒なのは
事実ですからね…。

天気が悪い日に休んでしまうような人が居る場合は
注意しておいたほうが良いかとは思います。
もちろん、少数ではありますが、本当に天気が悪いと
面倒臭くなって休む人は居るので、
そのことは頭に入れておいた方が良いですよ!

②自分が居なくても大丈夫な日

この日は急に休んでも人数的に迷惑はかからないだろう、と
予想できてしまう日。
残念ながら、これも急な休みが発生してしまう可能性も
あるのです。

それは何故か。
例えば、そのバイト先での立場がどうなっても良いのであれば
別ですが、そうでない場合、
自分が休んでしまったら、人が居なくなって迷惑をかけてしまう、
というタイミングで休むのには気が引ける人も居ます。

そういう人が気軽に(?)急に休めてしまうのが
「今日は自分が休んでも人数的に問題ないだろう」という日です。
自分が休んだら迷惑をかける日よりも、
自分が休んでも対して影響ない日のほうが、
そのバイト先でのバイトを続けたい人にとっては、
休みやすい…ということですね。
(もちろん、人にもよりますが)

③仕事が大変になりそうだと予想できる日

今日の仕事は大変そうだ!と思う日。
そういった日は、ズル休みが起きる可能性が少しだけ上がります。
誰だって仕事が大変な日はなかなか嫌なものですからね・・・。

この理由に関しては②で書いた理由の人とは正反対の理由ですね。
バイト先がどうなろうと知ったことではない、という感じで
休んでしまう人も居ます。

これをやられてしまうと、バイトの現場にとっては
大変だとは思いますから、そういう考えを起こす人を
採用しないようにしたいものですが、面接の段階で
それを見極めるのはなかなか難しいものがありますから、
一緒に働いていく上で、見極めるしかありません。

④長期休みの明けの日

アルバイトスタッフさんが長期休みに入って、
その明けとなる日には注意が必要です。
長期休み後って、何かと面倒になるものです。
ズル休み・・・というか、ばっくれが発生しやすい
タイミングであるのも事実です。

実際に私のバイト時代も、先輩アルバイトさんが一人、
冬休み明けにそのまま音信不通になり、ばっくれしていますし、
ベテラン店長によれば、長期休み明けに来なくなる人は
時々居る、とのことでした。
大抵の人は、そういうことはありませんが、
念のため注意しておくことにこしたことはありません^^

⑤交通機関がストップするなどした日

交通機関が天候やその他もろもろの原因でストップして
しまったときには、注意が必要です。
「もうバイトいいや!面倒くせぇ!」となってしまう可能性もある、
ということですね。

実際に、バスが遅れた日に、そのままばっくれしてしまった人も
居ましたし、可能性としては、少ないながらも、そういう確率は
わずかながら上がってしまう、ということです。

まぁ、この理由でばっくれてしまう人は、そもそも時間の問題で
ばっくれてしまうような人だとは思いますが、
当然だと、やはり職場にとっては打撃になります。

また、ばっくれしないまでも、今日は交通機関が止まっているから
「風邪を引いたことにして~」となる可能性が出てくるのは
事実ですからその点は頭に入れておかなくてはなりません。

⑥何か大きなミスをやらかした日

前日に、何か大きなミスをやらかして、次の日のアルバイトに
行けば、怒られるのがほぼ確実…!みたいなタイミングも
危険なタイミングではあります。
精神的に調子が悪くなってしまったり、ズル休みをしたり、
そのままバックレしてしまったり…。
少ないながらもそういう可能性は上がるのです。

普段から、ミスに対して必要以上に厳しく追及したり、
叱責したりしていれば、その可能性も上がってしまいますから、
ミスに対しての指摘は大切なことではありますが、
ある程度、加減することも大切な部分の一つです。

難しいことではありますが、上手くバランスを取って
行かなくてはなりません。

⑦本人にとって大切な日

本人にとって大切な日…
予めシフト希望提出の日に「出れない」と言っておいて
くれる人も多いですが、
それを忘れたり、急に予定が入ったりした人の中には
「風邪」などの理由をつけて、急に休む人も居ます。

実際にツイッターなどでも「今日は風邪を引いたことにして休もう」
などの発言を見たこともありますし、
ズル休みの発生確率が上がる日の一つと言えるでしょう。

ただ、アルバイトスタッフさんの記念日なんて
いちいち把握していない店長が多いと思いますから
こればっかりはどうにもなりません。

これまでの項目全て、たいていの人はそんなことしないとは
思いますが、そういうことをする人も、少数ながら実際に存在する、
ということで、頭の片隅には置いておいた方が良いかと思います。

まとめ

こういう風に書くと、こういう人が大勢いるように思われてしまうかも
しれませんので、繰り返しにはなりますが、
「超低確率」で発生するズル休みの発生確率が、
紹介してきた日には「ほんの少しだけ上がる」という意味です。

大抵のアルバイトスタッフさんは大丈夫なのですが、
上のようなこともあることは事実なので
「こういうこともあるかもしれない」と万が一の場合に備えて
頭の中で”想定”しておくことは店長にとって大事なことです。

いざとなった時に慌てふためくのではなく、
ある程度の対応方法は頭に描いておくと良いと思いますよ!

コメント