パートが見つからない!何回応募しても落とされる!解決策は?

パートをしたい…!

そう思っていても
なかなかパートが見つからなかったり
何件応募してみても採用されずに
困ってしまう…

そんな人もいるかと思います。

私も、アルバイトを探している時のお話ですが、
体調面の事情などもあり(太陽の光に当たれない体質です)
数十件の面接で落とされた経験があります。

そんな時の経験を元に、
パートが見つからない場合は
どのようにしていけば良いのか、
ということをご案内していこうと思います。

見つからない場合の対処法!

「パートが見つからない」と言っても
色々なパターンがあります。
例えば、やりたいパートが見つからない、という
応募以前の段階で止まってしまっているケースも
あるでしょうし、
面接を何件しても採用されない、という
応募以後の段階で止まってしまっている
場合もあるかと思います。

いずれにせよ、パートをしようと考えているのに
なかなかそれが決まらない、というのは
非常に辛い事だと思いますし、
面接で何件も落とされている場合は
精神的にも落ち込みやすいかと思います。

では、パートが見つからない場合は
どうすれば良いのか、
ポイントとなる部分を
見て行きたいと思います。

範囲を広げてみる

パートがなかなか見つからない場合、
探している範囲が狭い可能性が
考えられます。

もしも、自分が、ごく一部の限られた業種からだけ
パートを探そうとしている場合は、
少しその範囲を広げてみる、ということを
検討してみると良いかと思います。
どうせやるならやりたい仕事を、という気持ちは
分かりますし、それは正しいことではあるのですが、
ある程度、探す範囲を広げないと
なかなか応募したいパート先が見つからなかったり
採用されなかったりする可能性もあります。

私も実際に(バイトですが)探している際に
途中から探す範囲を広げています。
無理をしない範囲で業種や距離などの範囲を
広げてみる、ということは大事に
なってくるかと思います。

ちゃんと行動しているか

当たり前のことですが
「パートしたい~」と言っているだけでは
いつまで経っても、パート先が
決まることはありません。
パートでもアルバイトでもそうですが、
パート先からやってきてくれるわけではなく、
自分からアクションを起こさない限り、
パートもアルバイトも始めることはできません。

漠然とパートをしたい!と思っているだけではなく
自分でパートを探したり、
応募したりと言った行動を起こさなければ
パート先は見つかりません。
そのことは、よく覚えておきましょう。

自分の条件を見直す

自分の条件に無理がないか、ということも
見直すことが一つの大事なポイントに
なってくるでしょう。

自分の条件が厳しすぎれば、
当然、採用してくれるパート先は
激減します。

例えば、時間や曜日に指定があって
それがきつすぎたりする場合や、
何らかの難しい条件を
面接でお願いしている場合に関しては
よほどのことがない限り採用
されないでしょう。

本当は、自分の条件が全て
叶うようなパート先を見つけることが
できれば、それが一番良い事であるとは思いますが
なかなかそう上手くいかないのもこの世の中です。

もしも何件面接を受けても
採用されないような場合は、自分の条件が
厳しすぎないかどうか、ということを
しっかりと考えて、
譲歩できる部分があるのであれば、
その部分に関しては譲歩することも
大事になってくるかと思います。

自分がパート先の人間だった場合
”自分の条件で採用したいかどうか”を
考えてみると、どの条件を
変えるべきなのかどうか、見えてくるかもしれません。

数を打つ

面接でなかなか採用されない場合、
「数を打つ」ということも大事になります。
1回で採用される人もいれば、何十回も
採用されないような人もいます。

自分が何か悪いのか、と思ってしまう人も
いるかと思いますし、条件面なども含めて
何か問題がある可能性は否定はできませんが
”何も問題はないけど落とされてしまう”という人が
いるのも事実になります。

パートやバイトの面接は、場合によっては
大人数の応募があり、その中から1名、2名
などというようなケースも多いのです。
そうなってしまえば、
当然、パート先からしてみれば
”特に問題はないけど落とす”という人も
出てくるわけです。

ある意味では運も必要になるのが
アルバイトやパートの面接なのです。

もちろん、条件や面接での受け答えが
しっかりとしていればしているほど
採用される可能性は上がるとは思いますが
それでも、どうにもならない部分はあります。

その場合、あとは数をこなすしかありません。
運ばっかりはどうにもなりませんからね。

また、自分の条件が厳しい場合であっても
数を打てば採用される可能性は十分にあります。
厳しい道のりだとは思いますが、
採用する側の考えもいろいろですから、
いつかは採用される可能性があるのです。

私も”太陽には当たれない”という体質で
昼のアルバイトに、20件近く面接して
ようやく採用していただけたことがあります。

精神的にきついとは思いますが、
採用されるまで何度も出も何度でも挑むことが
必要になる場合もあるのです

人脈を使う

どうしてもパートが見つからない場合、
採用されない場合、自分の周囲の人間関係を
利用してみるのも良いかと思います。

利用、というと人聞きが悪いとは思いますが
親、兄弟、友人…
そういった人たちにパートを紹介して
貰えないかどうか、ということを
確認してみるのは良いかと思います。

もしも紹介してくれるようなことがあったり、
親の勤務先や、親が事業をやっている場合
そのパートなどをすることができれば、
比較的パートを見つけることは簡単に
なってくるかと思います。

もちろん、コネであっても
100パーセント採用してもらえるとは
限らないのですが、
普通にパート面接を受けるよりかは
充分にやるやすくなる、
ということも事実ではあると思います。

自分自身にそういう繋がりがないと
難しいですが、
もしも人間関係から、パートを紹介してくれそうな
人がいるのであれば、頼ってみるのも
良いかとは思います。

ただ、注意しなくてはならない点として、
紹介してもらったりした場合は、
しっかりと働くようにして下さい。
紹介で始めたパート先で問題を起こしたりすれば
紹介してくれた人の顔に泥を塗ることになります。

内職なども考えてみる

どうしてもパートが見つからない場合は
内職などを考えてみるのもひとつの方法です。
今の時代、少しやる気を出せば
ネットで稼ぐことも、不可能ではありません。
もちろん、生活していけるレベルで
稼ぐことは難しいですが
仮にパート面接でなかなか受からないような場合でも
ネットの仕事であれば、できるものもありますから
そういったものも視野に入れてみるのは
良いかと思います。

ただ、ネットの仕事も決して簡単なものでは
なく、自分で調べたり勉強することは
大事ですし、それだけで生活していく、
ということは非常に難しいです。

ただ、選択肢の一つとして
そういうものもある、ということは
覚えておくと良いかとは思います。

まとめ

パートが見つからない場合の対処法を
それぞれお話しました。
すぐに見つかる場合もあれば
なかなか見つからない場合もあります。

もちろん、自分に原因があるような
ケースもありますが、
そうでない場合でもなかなか採用
されないようなことがあるのも事実です。

あまり気落ちしすぎないようにしながら
原因はどこにあるのかしっかりと考え、
自分に原因が見当たらない場合は
後は数を打つなり、他の手段を
探すなりするしか、方法はありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする