フリーターはいつまで許されるのか?何歳まで?その答えとは…!

アルバイト

店員Kです!

フリーターとして働き続けること…
それはいつまで許されるのか。
気にしているような人もいるかと思います。

確かに、将来性だとか、そういったものは
気になるかと思いますし、
収入面など、色々な面で、デメリットもあるでしょう。

ただし、デメリットばかりだけではなく、
時間の調整など融通が利く点など
メリットがあるのもまた事実ではあるかと思います。

では、”フリーターでいること”は
何歳まで許されるのかどうか、を見ていきましょう。

フリーターは何歳まで?

まず、フリーターは何歳まで許されるのか?と
考えている皆様は、根本的に勘違いをしています。
一体、誰がフリーターであることを許さないと言うのでしょうか?
歳を取ったら、逮捕でもされるのでしょうか?

そんなことはありませんよね。
フリーターであっても、逮捕されるようなことはありませんし、
別に、人に迷惑をかけているわけではありません。

つまり、答えとしては、何歳までフリーターであっても、
自分や、周囲の生活がちゃんと出来ていれば
”許されない”なんてことはないのです。
このあたりは、ちゃんと覚えておいた方が良いでしょう。

フリーター=許されない、なんてことはありませんし、
カタチはどあうあれ、働いていることは事実なのですから、
そこの部分に関しては、ちゃんと生活できているのであれば
他がとやかく言うことではないでしょう。
あなたの人生は、あなたのものです。

と、いうことで、何歳までフリーターで居ても
許されないということはありませんし、
許される許されないの問題ではありません

まぁ、とは言ってもいろいろ気になる部分も
あるでしょうから、そういう点について、
それぞれ見ていきましょう。

周囲の人間関係の問題

まず、フリーターと言うのは、どうしても世間体は
悪く見られがちです。
ちゃんと働いて、自分が生活できていて、自立も
出来ているのであれば、本来は問題ないのですが、
世間体から、身の回りの人間関係で何かを
言われることもあるでしょう。

例えば、親などから何か言われるかもしれません。
法律上、許されることであっても、親は許してくれない。
そういう場合は、ちゃんと親と話し合う必要がありますし、
親以外の身の回りの人間が、フリーターであることを
”許さない”姿勢なのであれば、ちゃんと話し合う必要があります。

フリーターでやっていけるのであれば、それをちゃんと
話すなり、行動で示すなりすれば良いですし、
正社員就職を考えるのであれば、それを考えてみても
良いでしょう。

正社員就職を考えるのであれば

正社員就職を考えるのであれば、許される、
許されないの問題とは違いますが、やはり、ある程度の時間制限は
あるかと思います。
20代、30代、40代と年齢を重ねていくにつれて、
フリーターからアルバイトに転身する、という面に関して言えば、
非常に難しくなってしまうのは事実です。

ですので、正社員就職を目指すのであれば、
なるべく早めに行動に出るべきでしょう。
それこそ「今すぐに」です。

20代よりも、30代、30代よりも40代と
どんどん就職に関しては厳しいハードルを背負うことに
なってしまいます。
企業側も年齢を重ねれば重ねるほど、採用する人材に対して
「求めるモノ」が大きくなりますし、
何の経験も実績もない40代を採用するのであれば、
同じく何の経験も実績もない20代を代用した方が、
将来性的にも、色々な部分を考えても”未来がある”ということは
理解できるかと思います。

そのため、正社員就職を目指すのであれば、
なるべく早くに行動を起こす必要がありますし、
先送りにしていれば、どんどん正社員になれる可能性は
下がって行くことでしょう

許されはしても、信用はされないことも…

フリーターでいても、別に自分で生活が出来ているのであれば
許されない、ということはない、というのは今までにも
書いてきたとおりです。
しかしながら、許されはしても、信用されないことはあります。
例えば、契約だとかローンだとか、そういう部分では
フリーターだと信頼性は著しく落ちるでしょう。
たとえ、収入が十分にあったとしても、信用してもらえない。
それが、現実です。

そして、結婚関係にも影響は出るでしょう。
例えば、好きな人が出来て結婚する!となっても、
職業がフリーターだということで、結婚はちょっと…となってしまったり
相手の両親から結婚を反対されてしまったり…
実際にそういうことはあるのです。
それに関しても、覚悟はしておかなくてはなりません。

許さない、許すの問題ではなく、
自分が、こういう面をどう感じるか、ということは
大事なことになりますね。

収入的には厳しい

基本的に、フリーターとして人生を送ると
収入的には厳しい状況になってしまう、というのはぬぐうことのできない
事実であるかと思います。
どうしても、正社員とは収入に差がついてしまいます。
副業などをすることで、それを補うことは可能ではありますが、
それでも、なかなか難しいこともまた、事実となるでしょう。

フリーターで居ることは別に許されないことではありませんし、
それも、一つの人生の選択肢です。
ただし、自分の生活自体を賄うことができないレベルの
収入しかない場合は、許される、許されないではなく
どうにかしなくてはいけません。
例えば、親を頼りにしているのだとすれば、
いつかは自分よりも先に居なくなってしまうわけですし、
居なくなるまでは親頼みで良いや!なんて思っていると、
どうにもならなくなってしまう可能性もあります。

収入的に厳しい場合は
自分の生活、もしくは自分の仕事を見直す必要があるでしょう。

フリーターでも、ちゃんとやっていれば、
自分が生活できるレベルの収入を稼ぐことは可能です。
ですが、それができないということは
働く量が少なすぎるのか、もしくは生活が贅沢すぎるのか、
そのどちらかだと思います。
特別な事情がある場合を除き、それは改善しなければいけませんし、
許される、許されないではなく、
そのままでは自分の生活が破たんしてしまいますし、
親にも迷惑がかかってしまいます。

フリーターに年齢制限はない

フリーターには、年齢制限はありませんし、
何歳になっても、許されない、ということもありません。
ただし、逆に”定年退職”も基本的にはありません。
フリーターには、終わりがないのです。
退職金などが出ることはほとんどないので、
基本的には、老後も十分な生活をしていくためには、
働き続けることが必要な場合があります

フリーターに年齢制限はないのですが、
老後も働くことになる可能性は高くなりますし、
高齢になればなるほど、働くことのできる職種は
限られてくるかと思います。

貯金するほどの収入はなかなか得られない上に、
退職金もなく、
年金だけでの生活も望めない時代ですから、
その点は厳しい、ということは覚悟しておかなくてはなりません。
また、さすがに70、80となると自分の体力的にも
厳しくなってくると思いますし、雇ってくれる
職場も減ってくるのは、事実です

まとめ

フリーターは何歳まで許される、というのは間違いであり、
答えとしては何歳まででも、許されはします。
しかしながら、生活できるかどうか、世間体がどうか、
ということになると話は別です。
フリーターに年齢制限はなく、
何歳でフリーターでも自分で生活できているのであれば
問題はありませんが、
厳しい部分もある、ということは理解しておきおましょう。

ただ、それが覚悟できているのであれば
全然恥ずべきことではありませんし、
それはそれで、一つの人生ですから、
卑屈になる必要は、全くありません。