インフルエンザ対策マニュアル!予防と感染時の注意点まとめ

健康関連

店員Kです!

冬場の乾燥する時期になってくると、恐ろしいのが
インフルエンザですよね。

インフルエンザに毎年のように感染して苦しむ人も居れば、
あまり感染しない…!なんて人も居るかもしれません。

が、インフルエンザを予防するための知識や、
もし感染してしまったときのための対処法や知識などを
身につけておいても、損ではありません。
対策と予防知識を身に着けていきましょう!

感染してしまうと本当に辛いですし、
非常に感染力も高く、場合によっては周囲のヒトにも
迷惑をかけるような結果になってしまいますから、注意が必要です。

予防の知識

インフルエンザの予防のための知識についてまとめました。
一番良いのは、やはり”感染しないこと”ですからね!
感染を予防することができれば、そもそも苦しむ必要もありません。
しっかりと予防するようにしましょう!

歩くウイルスにならないために
インフルエンザに感染した際には、外出時に周囲に感染を広めないように
注しなくてはなりません。
何も考えずに、外出していては、歩くインフルエンザのようなものです。

風邪との違い
インフルエンザと風邪の違いはどのようなところがあるのでしょうか。
風邪との見分け方について解説していきます。
風邪でも高熱が出ることがあり、症状が類似している場合があります。
最終的には検査しないと分かりませんが、参考までにどうぞ!

可能性の高いポイント!
インフルエンザと風邪の区別がなかなかつかない!ということもあるかと思います。
感染している可能性が高いポイントをまとめました。
見分けるのはなかなか難しく、最終的には検査が必要ですが、
風邪だと思い込んで、周囲に感染を拡大させたりしないようにしましょう!

絶対にならない人
インフルエンザに絶対にならない!というような人も居ます。
感染しない、という人はいるのでしょうか。そして、その理由は…?
実際にならない、という人の考えられる理由を語ります。
ちなみに、私自身もほとんどならなかったりします。

予防接種について
予防接種の注意するべき点や流れなどについてまとめました。
予防接種をしても確実に防げるわけではありませんが、
感染防止のために、予防接種をしておくことは大切なことです。
よく感染してしまう!という人は特に注意です!

予防接種の疑問
予防接種に関する疑問をまとめてみました。また、予防接種を受けることが
本当に必要なことなのかどうかについてもお話します
予防接種について、しっかりと理解をしておきましょう!

治療や感染時の知識

もしもインフルエンザに感染してしまった場合は
どのように治療していけば良いのか、どのように予防していけば
良いのかをまとめてみました。
どんなに気を付けていても、ザンネンながら感染してしまうときは
してしまうものです。
なってまった場合は、なってしまったなりの対処が必要になるのです。

会社に来いと言われたら?
高熱などが出ているのにも関わらず、会社に出勤しろ!と上司から言われた場合は
果たしてどうすれば良いのでしょうか?
本来はいけないことではあるのですが、出勤を強要するような酷い会社もあります。

家族内の感染防止のために
家族で、高熱を出してしまった人がいる場合、家族内で感染する恐れが非常に高いです。
そうなってしまわないためには、どうしたら良いのでしょうか。
家族内で感染して、家族が全滅してしまう、ということはよくあることで、
私も実際に見たことがあるので、注意しましょう。

抗インフルエンザ薬は安全なのか?
タミフルやリレンザなど、特効薬も今ではいくつか存在しています。
そういったものたちは果たして安全なのかどうかを解説していきます。
こういった薬の影響で幻覚のような症状をみて、犠牲になってしまった人などの
話も聞いたことがあるとは思いますが、その真相は…?

体験談を語る
インフルエンザになってしまうと、どのようになってしまうのか、体験談を
語って行きます。症状などは人によって違うと思いますから
あくまでも参考としてご利用下さい。
実際になってみると分かる苦しみ、と言うのもあったりします。

なってしまった場合の注意点
もしも自分が感染してしまった場合は、自分の体調に気を付けるとともに
周囲への感染にも気を付けて行動しなくてはなりません。
平気な顔で周囲にウイルスをまき散らしたりするのは大変迷惑な行為ですから、
なってしまった場合はその自覚を持って行動することが非常に大切になります。

熱が下がったら何日で出勤できる?
解熱してから、どのぐらいの時間が経過したら会社や学校に行っても良いのかどうかを
ご案内します。感染を拡大しないように、注意が必要です。
学校、会社によっても方針などが異なる可能性がありますから、
あくまでもこちらの記事は目安として、ご利用下さい。

まとめ

インフルエンザは感染してしまうと非常に辛いものです。
周囲への感染などの影響も考えられますし、とても苦しいものに
なりますから、出来る限り予防していくように心がけましょう。

ただし、どんなに自分で予防をしても、どんなに予防接種をしたとしても、
なってしまうときにはなってしまうのがインフルエンザです。
100パーセント防ぐことはできません。
ですので、なってしまった場合の対処方法についてもしっかりと知り、
感染させたり、体調を悪化させたりしないように、注意しましょう!
そのためにも、知識を深めておくことは、大切なことです。