インフルエンザの熱が下がってから何日ぐらいで出勤可能?

健康関連

店員Kです!

インフルエンザが流行するこの時期。
学生の皆様だけではなく、大人になって仕事している人にも
容赦なく感染するのがインフルエンザです。

予防接種をしていても、感染してしまうこともありますし、
逆に予防接種をしていなくても感染しないこともあります。

ですが、社会人になって、インフルエンザになってしまうと、
「いつまで休むべきなのか…」分からなくて大変ですよね。

今回はインフルエンザになってしまった場合、
熱が下がってから何日で感染の心配がなくなるのか、
そしてもしも出勤する場合、どのようにすれば良いのかを
まとめていきたいと思います。

インフルエンザの解熱後…

インフルエンザの熱は、案外早く下がる人も居ます。
ですが、散々言われていることですが、
インフルエンザは熱が下がった=菌がなくなった というわけでは
ないのです。

解熱後も、インフルエンザウイルスは体内に残っていることが
多く、そのまま知らずに会社やバイト先に出勤すれば
インフルエンザウイルスを撒き散らしてしまう可能性も十分に
あるわけです。

会社やバイト先で万が一、インフルエンザが大流行してしまえば、
よほど暇な会社以外は、業務停止状態に陥ってしまうほど
大変なことだと思います。

ですから、解熱後も「もう大丈夫だ!」と勘違いして
そのまま会社に行ってしまったり、バイトに行ってしまったり
しないようにしましょう!

対策と注意点などをそれぞれ書いていきます!

熱が下がったあと、何日で安全に?

人によって免疫だとか、インフルエンザのウイルスにも
色々な条件や種類がありますから、一概にはいえませんが、
学校の出席停止の条件などを見てみると
「発症後5日間+解熱後2日が経過していること」が
出席停止解除の条件になっています。

つまり、熱が下がっても、最短2日は感染のリスクがある、
ということなのでしょう。

また、発症後2日目に熱が下がった場合は、
より安全になるまでの期間が長くなる、ということですね。

大人の場合も、やはり解熱後2日間程度は、
インフルエンザウイルスが体内に残っている、と
考えて間違えないようです。

自分に症状がなくなったとしても、
ウイルスは普通にそのまま存在するわけですし、
感染力も健在のままです。

他の人にうつせば、また同じように他の人も
インフルエンザに苦しむことになってしまいます。

会社の決まりは?

社会人に対する具体的な決まりはありません。
そのため、厳密に言ってしまえば
インフルエンザの熱が下がってから何日で出勤可能か?と
言うことに関して言えば「0日」です。

むしろ、インフルエンザの熱が出ている間に
出勤しても違法ではない、ということになってしまいます。

時々、会社の上司などには
「インフルエンザ」だと伝えても「いいから来い!」みたいな
人が居ることも事実です。

出勤停止については、法律では定められていません。
もう、大人ですから自分たちで判断してね、ということなの
かもしれません。

そのため、インフルエンザになった際に、いつから会社や
バイト先に出勤して良いかは、
会社やバイト先の上司と相談しながら決めましょう。

学校と同じように、解熱後2日間経過するまで来なくていいよ、
というところもあるでしょうし、
逆にインフルエンザでも来い!などというところもある
かもしれません。

いずれにせよ、会社やアルバイト先ではインフルエンザによる
出勤停止の規定などは法律では存在していないので、
それぞれの会社が判断することになります。

もしもインフルエンザになってしまった場合は、
会社やバイト先と相談して、出勤開始日を
決めるようにしてください。

やってはいけないこと!

インフルエンザになった際にも、色々と思うことは
あると思います。
ですが、絶対にやってはいけないこともあります。

「会社を休みたくない!」だとか、アルバイトさんの場合は
有給などは(本来であれば法律上、出るのですが)ないところが
多いので「給料が(時給制のため)減るのは困る!」という人も
多いかと思います。

が…下記のようなことはやらないようにしましょう。

・インフルエンザを隠す
インフルエンザになって、高熱が出た場合でも
人によっては、隠すこともできてしまいます。
症状の酷い、軽いは人によります。
私は(インフルではなかったですが)39度でも
平静を装って、仕事に行ったこともあります
(本当は良くないのですけど…)
こんな感じに、行けてしまう人も居ると思いますが、
インフルエンザの場合、これは絶対にしてはいけません!
万一、インフルエンザの感染が爆発的に会社やバイト先に
広がってしまうと大変なことになりますから、
必ずインフルエンザになった場合は上司に報告してください。
(それでも来い、というなら上司の責任です)

・インフルエンザで出勤する場合
インフルエンザでも、出勤せざるを得ない(会社が強要する場合など)も
あるとは思います。
また、解熱後すぐに出勤する必要があるときもあると思います。

…が、その際は下で詳しく書きますが、必ずマスクを着用するなど
予防をしてください。
「もう熱が下がったから!」などとマスクもせずに出勤すれば
感染を拡大する恐れがありますから要注意です!

・無理をしない
無理をしないこと。これも大切です。
会社から強要された場合も「本当に無理」と思ったら休むべきですし
給料など、自分のためだったとしても無理をして
倒れれば、職場やバイト先に多大な迷惑をかけてしまいます。
くれぐれも、無理だけはしないようにしましょう。
インフルエンザで命を落とす人も居ますから、
ちゃんと、気をつけるようにしてください。

もしも出勤する場合…

インフルエンザで解熱後すぐ(2日経過せずに)出勤する場合や
インフルエンザの症状のある最中に、出勤する場合などは
注意が必要です。
そのまま普通に出勤すれば、大きな影響を及ぼす可能性があります。
予防のために下記のことを気をつけましょう。

・マスクをする
まず、自分がマスクをすることです。
自分がマスクをせずにゴホゴホと咳をしていたり、
していなくても、しゃべるだけでも飛沫感染の恐れがあります。
必ず、マスクはして下さい。

・周囲に伝える
嫌がられるかもですが、周囲には伝えてください。
周囲もマスクをするなどの予防ができますし、
注意することができます。

・空気に注意
部屋の空気などは定期的に換気するようにしましょう。
なるべくインフルエンザウイルス蔓延のリスクを減らさなくては
いけません。
また、加湿器などで、部屋が乾燥しないように注意することも
大切な要素の一つです。

・兼用や食べまわしに注意
あまりする機会はないと思いますが、バイト先や会社で、
コップの使いまわしや、食べ物の食べまわしなどを
しないようにしましょう。
インフルエンザ感染の可能性がかなり高いので、
絶対にしないようにしてください。

こんなところでしょうか。
後はあまり長居はせず、くれぐれも無駄に会社や
アルバイト先などに、居座ったりしないようにしましょう。

まとめ

インフルエンザになってしまった場合、
解熱後何日で会社に行って良いか…そんな決まりは基本的には
ありません。
会社やバイト先によってルールが決まっている場合もありますが、
それもそれぞれの判断によるものなので、
インフルエンザで熱が下がったあと、何日で出勤できるか、に
関しては決まりはないのです。

解熱後すぐに出勤して良い場所もあれば
解熱後「2日」のところもあるでしょう。
そしてインフルエンザでも来い!なんてところもあるはずです。

それぞれの会社やバイト先の決まりは確認しておきましょう!

コメント