インフルエンザの予防接種の疑問8つ!本当に必要?それとも不要?

店員Kです!

冬になると怖い事の一つが
インフルエンザですよね。

毎年のようにインフルエンザは流行りますし、
なりやすい人は、毎年のようにインフルエンザになってしまう人も居ます。

そこで、重宝するのが
インフルエンザの予防接種ですが、皆様はされていますか?

本当に効果あるの?とか、
インフルエンザの予防接種ってどんな感じなの?とか、
しなくても大丈夫?とか、
色々な疑問があると思います。

今回はインフルエンザの予防接種の疑問をまとめました。

スポンサーリンク

インフルエンザの予防接種

インフルエンザの予防接種…毎年のようにシーズンになると、
病院が混雑してますよね。
インフルエンザの予防接種を受けるために来院する方も
多いみたいです!

私も別件で病院に居た時に、先に待っていた人のほとんどが
「インフルエンザの予防接種だった!」なんて経験があります。

それだけ、インフルエンザの予防接種を受ける人は
世の中に多いのです。

ですが、本当に効くのか?だとか、
しなくても大丈夫なんでしょ?とか、色々な疑問も
あると思いますから、それぞれの疑問に対する答えを
まとめていきます!

インフルエンザの確認ポイントまとめはこちら
↑ではインフルエンザかな?と思った場合の確認ポイントをまとめてあります!

予防接種の費用はどのぐらい?

インフルエンザの予防接種は「自由」です。
受けたい人が受けるタイプの予防接種なので、
価格も医療機関ごとに異なっています。
年齢などによっても異なりますが、
大体は3000円~5000円程度の場合が多いですね。

私の近場では3000円ちょっとでした。
子供だと、接種回数が多くなるので、6000円だとか7000円
ぐらいまで行くこともあるみたいです。

ただ、全国規模で価格が決まっているわけではないので、
具体的な価格が気になる!という方は受診予定の医療機関に
確認することをおすすめします!

予防接種の効果はどのぐらい?

予防接種の効果は基本的に「約半年」だと言われています。
そのため、毎年流行期の直前に、インフルエンザの予防接種を
行う人が多いのです。

ちなみに、抗体ができるまでに数週間かかるみたいなので、
少し早めに接種しておく方が良いようです。

↑のような持続期間なので、
「去年インフルエンザの予防接種したから今年は大丈夫」というような
ものではなく、毎年シーズン前に予防接種をしておく必要があります。

1回予防接種したら何年も大丈夫!みたいなものもありますが
インフルエンザの予防接種は、毎シーズンごとに接種しないと
効果が無くなっているので、面倒だとは思いますが、
毎年予防接種をする必要があります。

効果はあるの?

インフルエンザの予防接種は、ちゃんと効果があります。
発症を抑えたり、発症したとしても、軽度で済んだり…。
なので、インフルエンザが心配な人は積極的に接種しておくことをおすすめします。
周囲への感染防止の効果もありますし、
自分自身がインフルエンザにならないための予防効果もあります。

予防接種していれば絶対安心?

インフルエンザの予防接種をしていれば絶対安心なのかどうか。
これは…残念ながらそうではありません。

インフルエンザの予防接種を受けていても、インフルエンザに感染
してしまうことはありますし、
予防接種していない状態と同じレベルにまで症状が悪化する
可能性も0ではありません。

あくまでもインフルエンザの予防接種は100パーセント防ぐものではなく、
予防手段の一つなので、
インフルエンザの予防接種を受けた場合でも
「手洗い・うがい」は当然大切ですし、他の人が感染した場合は、
お互いに感染しないように気を付ける必要もあります。
また、乾燥させないようにするなど、
一般的なインフルエンザ対策は、予防接種を受けた場合でも
しっかりと行う必要があります。

ただ、インフルエンザに万が一感染してしまったとしても、
その症状を和らげることができる場合もあるので、
確実に効果は出ています。

しかし、万能ではない、ということですね。
予防接種を受けた場合でも決して、”油断”はしないようにしましょう。

予防接種で副作用ってあるの?

どんな予防接種でも、確率は低いですが副作用は存在します。
酷いものだと(低確率ですが)ショック症状などを起こす可能性も
ありますし、軽度なものだと赤く腫れる、などの症状があります。

実際にインフルエンザの予防接種を受けた場所がだいぶ腫れている人も
居ました。…が、これはある程度は仕方のないことなので、
あまり気にしない方が良いかと思います。

もしも、インフルエンザの予防接種を受けたあとにおかしい部分が
あるのであれば、予防接種をしてもらった病院に
尋ねてみるのが一番良いかと思います。

インフルエンザの予防接種の場合、軽度なインフルエンザの症状
(軽い発熱など)が出ることもあるようなので、
覚えておきましょう。

予防接種はしないといけないの?

そんなことはありません。
インフルエンザの予防接種は強制ではなく、自由です。
自分が必要だと思えば、インフルエンザの予防接種を受ければ
良いですし、「必要ないな」と感じるのであれば
自己責任にはなりますが、予防接種を受けないという選択肢もありです。

あくまでもこの辺は、個人の判断にゆだねられるカタチになりますね。

予防接種してないとインフルエンザに感染する?

そういうわけじゃありません。
予防接種をしていても、インフルエンザに感染する人は感染しますし、
逆にインフルエンザの予防接種をしていなくても、毎年、
インフルエンザにならない人も居ます。

インフルエンザの予防接種をした=感染しない ではありませんし、
予防接種をしなかった=感染する でもありません。

インフルエンザに感染しやすい人と、そうでない人がいるのも事実ですから、
予防接種をすれば「確率は下がる」のは事実ですが、
上で書いたように「感染する・しない」が決まる要素ではありません。

実際に、私はインフルエンザの予防接種を毎年していませんが、
(小さい頃は感染しましたが)もう10年以上、インフルエンザには
かかっていませんし、
高校時代、同級生にインフルエンザの咳をかけられても(翌日インフルと判明)、
家族がインフルエンザになっても、私は移りませんでした…

このように10年以上平気な人も居るので、
予防接種をしない=感染する、というわけではありません。

予防接種をした方がいいのはどんな人?

インフルエンザの予防接種をした方が良い人は、
ご高齢者だとか、お子様、持病があって、併発すると危険な方や
妊婦の方などなど、インフルエンザに感染してしまうと、
重大な結果を招くおそれがある方は予防接種しておいた方が良いですね。

また、仕事などの都合で「絶対に寝込むわけにはいかない!」という人も
そうですし、
インフルエンザ心配だなぁ…と、不安に思っている方も
インフルエンザの予防接種は受けておいた方が良いとは思います。

あくまでも個人の自由ではありますが、
「予防」という観点から考えれば「受けておくにこしたことはない」というのが
正しいところだと思います。

「大丈夫!」と言う人で、実際にあまりならないタイプの人は
しなくても良いとは思いますけれど、気になるならした方が良いですよ!
(私はあまり気にしないですし、ならないのでしてませんが…)

まとめ

インフルエンザの予防接種は任意です。
少しでも心配な方や、絶対にインフルエンザになるわけにはいかない!という方、
健康的に万が一なってしまうと、危険が予想される方は
インフルエンザの予防接種をしておくことをおすすめします!

インフルエンザは本当に辛いものですから、
少しお金はかかりますし、通院も面倒だとは思いますけれど、
心配であれば、予防接種をしておいた方が良いと思いますよ!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする