雷が鳴っている中、お店を営業していた時に起きたこと!

仕事

店員Kです!

夏場と言えば、よくあることの一つが「雷雨」ですね。
(時々、雨が降らずに雷が鳴ることもありますけれど)

そんな中でも、お店というものは、
営業を続けなくてはいけません。

しかしながら、ある年の夏、
雷の中、営業していた時にとあることが起きました。

今回は、経験談として、その時のことをご紹介します。
知ったところで、「雷だから営業を中断します!」なんてことは
できないと思いますが、こういうこともあるんだなぁ、ということで読み物として
お楽しみ下さい^^

雷雨の日に、お店で起きたこと

ある年の夏、激しい雷雨の中、お店を営業していました。
もちろん、雷が鳴ることなんて、毎年のように
何回もあることです。
このときの雷に関しても、”いつものこと”として、
特に気にしてはいませんでした。
”よくある日常茶飯事”そんな感じですね。

しかし、その時の雷はいつも以上に凄まじく、
「凄いなぁ、今日は」などと思いながら
お店の中から外を見つめていました。
数秒に一度は激しく光り、物凄い音とともに
稲妻が見えるような、そんな感じでした。

かなり近くに落ちていたのでしょう。
そして、事態は起こりました。

停電が発生!

それまで、雷でお店が停電するようなことは
無かったのですが、停電してしまいました。
停電と言っても、長時間ではなく、
電気が消えて、数分間してまた回復して…という感じでした。
2~3回ほど停電⇒回復を繰り返していた感じですね。

当時のお店の建物には非常灯がついていたので
真っ暗にはならず、暗いながらも少しだけ
灯りはついていたのですが、
レジ、店内のモニター、パソコン、エアコンなど
その他もろもろの電源は消えてしまったので、
営業は成り立たないような漢字でした。

当時、店内に居たお客さんも苦笑い状態。

数分で復旧したものの、また数分で激しい雷鳴と共に
ダウンして…
という状況でした(汗)

当然、営業妨害と言えば営業妨害です(汗)
自然現象が相手の場合、防げることもあれば、
雷のように、どうにもできないこともあります。

ゲリラ豪雨を遠ざけることができる力があるのであれば
もう、それだけで生活していけますからね!

機器の故障が発生

雷によって、機器がいくつか故障しました。
電気製品は、雷のときは注意したほうが良いということを
改めて学びましたね…。
壊れてから学んでも、遅いと言えば遅いのですが…。

まず壊れたのは「レジ」でした。
当時、レジが既に故障気味になっており、
電源を落とすたびにエラーが起きているような状態でした。
それが、停電の際に電源が落ちたことにより、
トドメを刺されてしまったのか、
二度と起動しなくなってしまいました。

元々、調子の悪かった家電が、
正しい手順を踏まず、突然電源オフになるわけですから
壊れてしまっても当然ですよね。

私の当時の店舗のレジは古いタイプの機種で、
もう修理もできなかったため、
会社の費用で10万以上が吹っ飛びました^^

当然のことですが、雷は、何の保障もしてくれませんから、
お店としては大損しました。
ただ、「雷が鳴ったからレジを落としますね~」なんてことも
出来ないのが現実ですし、どうにもならないのも事実です。

そして、もう一つ壊れてしまったのが「テレビ」。
店内で使用していたモニターの一つが、
雷で停電後から、電源がつかなくなりました。
元々これも、ある程度、使用していたもので、だいぶ古くなっていた
ものなので、仕方がないのですが、
雷のときに停電していなければ、まだ使えたと思うと、
やはり少し残念な気持ちにはなりました。

この2つが、雷の停電の際に壊れてしまいました。
お店の場合は、ある程度仕方がないこともありますが、
ご自宅の場合は、使っていない家電を外しておくなどの
対応は必要になります。
落雷によって、家電が壊れることは、本当にありますから
その点は注意しましょう。

ワゴンが壊滅!

あまりの雨に、雨よけビニールをつけて、外に展開していた
ワゴンがズブ濡れになって壊滅してしまいました^^
ワゴンセールに入れている商品は、原価で言えば10円とか
そういうものばかりですが、損失が0かと言えば
そうではありません。

想定以上の雨で、いつもの雨よけでは塞ぎきれなかった感じですね。
そもそも、当時の勤務店舗はとても狭かったので
店の中に引き入れることも難しかったのですが…。

雷の日によくあること

これは、このときに限ったことではありませんが、
雷の日によくあることとして、
「避難してくる人が増える」ということでしょうか。

急な雨から逃れるためにやってくる人たちが居る、
ということですね。
普段お店にやってこない人たちがお店にやってくる
チャンスでもあるので、そのチャンスは逃さないようにしましょう。

また、雷が鳴っているときには、
床がビタビタになります。
外からやってくるお客さんはズブ濡れであることも多いですし、
自分たちがズブ濡れであることも多いので、
店内の床の状況には注意しましょう!

まとめ

大抵の雷の場合、お店が停電したり、
お店のものが壊されたりすることはないのですが、
この時の雷だけは、別格でした。

お店は合計3回ほど停電しましたし、
お店のレジとテレビは破壊され、
お店のワゴンの商品は壊滅状態になりました。

そういうこともあるのだなぁ、という感じでしたね。
予防するにも、自然現象が相手の場合は、
限界がありますが、こういうこともあるということは
覚えておくと良いかもしれません!