台風25号の注意点!連続台風の気をつけるべき点は?

ニュース

店員Kです!

週明けに台風24号が猛威を振るったばかりですが、
台風25号が続いて、日本列島に接近、影響を
与える予報が出ています。
困ったものですが、台風の進路を人間がどうこうすることはできませんし、
台風25号がやってくる、ということを
受け入れて、対策を行うしか方法はありません。

では、台風25号の注意点はどのような部分に
なるのでしょうか。
台風25号の注意点について、書いて行きます

台風25号について

台風25号(コンレイ)は残念ながら日本列島に
影響を与える台風ということになりました。
だいぶ進路も絞られてきています。
台風24号とは若干異なり北側の方を通過していくのですが、
それでも、沖縄や本州、北日本に影響を及ぼすことは
ほぼ確実になっています。

勢力に関しては、台風24号と比べれば、
若干規模は落ちるものの、それでも非常に強い・強い勢力で
日本列島に影響を及ぼすことに変わりはありません

現時点の予報では沖縄に4日夜~5日に再接近
その後、6日に西日本、7日にはさらに広範囲に影響を
及ぼす予報となっています。

台風の進路や情報は今後も随時変化していくと思いますので、
最新の情報をしっかりと確認するようにして下さい。

以下では、台風25号に関する注意点を
書いて行きます。

前回のダメージが残っているため注意

台風の勢力が前回よりも弱い状態での接近と
なった場合でも、注意しなくてはなりません。
それは”続けての台風”だからです。

建物などへのダメージも当然考えられますし、
”前回は大丈夫だったから、今回も大丈夫”とは
限らないのです。

前回の台風で何の影響もないように”見える”
建物であってもダメージを受けていて、
今度の台風がトドメになる、なんて可能性も
否定はできません。
そのため”前回の台風が大丈夫だったから
今回も平気だろう”という考えは危険なので
注意するようにして下さい。

また、土砂災害だとか、そういうものを引き起こす
可能性もありますから、油断しないようにして下さい。
前回のダメージが残っている可能性がある、
このことを忘れないようにしましょう。

停電にも注意

台風25号に関しても、やはり停電に注意
しなくてはいけません。
前回の台風24号の際もそうでしたが、
停電した地域はかなり多く存在していました。
地域によっては、数日間、停電が続いた地域も
ありました。

今回も、停電する地域があるかもしれませんし、
前回の台風によって、ダメージが残っている可能性もあります。
台風に対する備えはしっかりと行っておきましょう。
停電に対する備えの記事のほうに
停電に対する備えについてもまとめておきましたので、
こちらも参考にしてみてください!

停電になってから後悔したのでは遅いので、
その点に関してはしっかりと準備を
しておきましょう!

不要不急の外出を控える

どの台風でも同じことですが、不要不急の外出は
控えるようにして下さい。
仕事などで、会社側が休みにしないような場合でも
決して無理をせず、安全第一で行動することが大切になります。
くれぐれも、無理をしないようにして下さい。

台風接近の予定は、休日ではありますが、
土日や祝日仕事の人もいるかと思います。
再び交通機関の乱れが起きる可能性もありますので、
こちらの情報に関しても、しっかりと確認しておくことが大切です。

帰宅できる状況なのであれば、
まず、帰宅することが第1です。
室内に居る場合でも、窓ガラスの側は避けるようにして、
過ごすようにするのがベストとのことです。

また、川だとか、そういう危険な場所を
見にいかないようにすることも大切です。
台風の際に、河川などの流れに巻き込まれて
犠牲になってしまう人も居ます。
興味本位で見にいくのはもちろん、
安全確認のため見にいくような行為も、
できる限り控えるようにして下さい。

最新情報の確認

台風の状況は随時変化します。
最新情報はしっかりと確認するようにしましょう。
テレビやネット、ラジオなどでしっかりと情報収集を行い、
台風が現在どの場所にいるのかをしっかりと把握しておくことが
大切です。

上でも少し書きましたが、
交通機関に乱れなども生じる可能性がありますから、
こちらに関してもしっかりと確認して、注意しておきましょう。
土日祝日といえど、仕事の人もいるでしょうから、
帰れないなんてことにならないように注意しましょう。

停電した際に関しては、
充電式のラジオや、スマートフォンなどを活用して、
情報を収集しましょう。
上の停電したときの対処についての記事にも
書きましたが、停電した際にも対応できるように
準備しておくと安心かと思います。

まとめ

連続での台風・・・
できれば来ないでほしいものですが、
台風の進路を変えることはできません。
台風が来てしまうと決まった以上は、
それに備えて対策するしかないのも事実です。

前回の台風よりも勢力は落ちる可能性が
高そうですが、
それでも、連続した台風の場合、
前回の台風で建物にダメージが与えられていたり、
地盤も緩んでいる可能性があります。

決して油断することなく、
安全第一で台風から身を守ることを
最優先に考えましょう。
今からでも出来ることは備えておくことをおすすめします。
台風の際は決して油断しないようにしましょう。