生活できない自営業者は手遅れになる前に早めに決断するべき!

自営業

店員Kです!

自営業をやっている方の中には
日々の生活さえも苦しい!という方もたくさんいらっしゃるかと
思います。

確かに、自営業は成功すれば魅力的な側面を持つものでは
ありますが、失敗すると地獄のような側面を持つものです。

何故なら、サラリーマンとは違い、最低限の生活すら
保障されないからです。
極端な話、ブラック企業以下の生活を送ることになる
可能性だってあるのです。

寝る間も惜しんで働いたとしても、手元に
利益すら残らず、
ブラック企業勤務並の労働時間働いた場合でも、
給料に当たるお金すら存在しない、なんて可能性もあると
いうことです…。

生活できないぐらいの収入しかない…
いえ、むしろ赤字の場合、どうすれば良いのかを
書いていきます。

生活できない自営業…!

生活できる水準の収入を稼ぐことができない自営業の人も
かなりの数存在します。

成功している!という話と失敗した!という話の
割合は同じぐらいに感じる人も居るかもしれませんが、
それには理由があります。

成功した人はその話を堂々とする人も多いですが、
失敗した人にとっては、その過去は語りたくないもの。
わざわざ失敗しました~!なんて言っている余裕がない
状況に陥る人も多いですからね…。

実際には、上手く行かなかったり、失敗している人の方が
多い、というのも事実です。

もしも自分が自営業を始めて、
思うように収入を得られなかった場合、どうすれば良いのか。
そのポイントを見ていきましょう。

ズルズル引きずらない…

生活できない水準での事業が続いているのであれば
早めに決断することが大事です。
ズルズルとそのまま引きずっても、そこから巻き返すことは
難しいでしょう。

たとえば、事業の始めたてならばともかく、
1年も、2年もやっているのに、赤字経営だったりする場合は、
その状況を打破するのは難しいでしょう。
長い間、そういう状況だということは、今後もそれが続く
可能性が非常に高いのです。

なので、ズルズルと引きずらずに、
決断するならば早めをおすすめします。

決断が遅れれば遅れるほど、
その後の生活が、非常に苦しいものになります。

撤退の決断は早めにする!

廃業の決断は早めに下すべきです。
「まだ逆転の可能性があるかも…」だとか
「あとちょっとだけ粘ってみる!」だとか
そういうことをしていると取り返しのつかない事態を招いてしまう
可能性も高いです。
どのような点が、不利になっていくのかを書いておきます。

・再就職が難しくなる
ズルズルと引きずることで、自分自身が年齢を重ねれば
再就職するのが、どんどん難しくなってなっていって
しまいます。
なので、今後のことを考えるのであれば、早めに自営業の
道を諦めて、再就職の道を模索することをおすすめします。
「簡単に諦めたら」という思いもあるかもしれませんが、
未来が見えないのに、それにしがみつくのは
「諦めない」ではなく「ただの無謀」です。
時には撤退も大事なのです。

・貯金がどんどん減っていく
撤退の決断が遅くなればなるほど、貯金がどんどん減っていきます。
生活できないレベルの収入しか稼ぐことが出来ていない、ということは
恐らくは貯金を切り崩しているのだと思います。
なので、粘れば粘るほど、その貯金は少なくなっていってしまいます。
自営業を廃業する際にも、費用はかかります。
それに対する貯金は必ず残しておかなければなりませんし、
廃業後のことも考えて、貯金は残しておかなくてはなりません。

こんなところでしょうか。
なるべく早く、決断を下すことが重要です。

借金してまで事業を存続するのは危険

できれば、自営業は借金なしで始めて借金なしで終えることを
私は推奨しています。
借金をしてまで、事業を継続する、というのは非常に危険なことです。

確実に巻き返せる「現実的なプラン」があるのでしたら良いですが
ヤケになって借金したり、時間稼ぎのために借金したり、
そういうことをするのは絶対にやめてください。
その後、地獄を見ることになります。

なので「借金せずに廃業し、その後にある程度余裕がある」時点が
撤退の、最終開始地点です。
それ以上、粘ることはおすすめしません。
廃業時にかかる費用は、自分が何の事業をやってるかによりますから
ここではなんとも言えませんが、
自分である程度計算できるはずです。

計算してみて、自分の残りの資金と照らし合わせ、
少し余裕を持った状態で、借金なしのレベルでの撤退を
するようにしましょう。

生活を確保するために選ぶ道

自営業が上手く軌道に乗らず、残念ながら生活できない!
という場合は、別の道に進むことをおすすめします。
…と、いうより進まなくては破滅してしまいます。

どのような道があるのか…

・再就職
やはり一番良いのは再就職です。
変なプライドがあったりして、なかなか踏み切れないかも
しれませんが、今後、長い間生きていくのですから
そうするしかありません。
ただ、今のご時勢就職も厳しいでしょうから、
なかなか見つからない、もしくは就職できない可能性もあります。

・バイトやパート
再就職が難しいのであれば、アルバイトやパートを
しながら就職先を探す手もあります。
バイトやパートでも10~20万程度、
フルタイムでやれば稼ぐことも可能です。
赤字自営業よりは絶対に稼げるので、とりあえず、この道を
選ぶのも良いかもしれません。
ただ、年齢によってはバイトやパートも厳しい場合があります。

・自営業と併用して…
自営業で今現在やっている事業はそのまま規模を縮小して
継続し、アルバイトやパートなどと掛け持ちしながら
続ける手段もあります。
無理をしすぎない程度に、というのは大事なことですが、
生活費も稼げないのであれば、致し方ありません。

恥ずかしがることではない…

自営業に失敗する、ということは別に恥ずかしがることでは
ありません。
誰にだって失敗はありますし、むしろ、言いだせずに
ずっと引きずって行くことの方がずっと恥ずかしいことです。

世の中には失敗している人も多いのですし、
成功する方が珍しい事例なのですから、
変なプライドや見栄は捨てて、
「これ以上は無理だ」と言う場合は、早めに決断して、
素直に現状を周囲に打ち明けるべきだと思います。
確実に言えることは「恥ずかしいから…」なんて隠しておいても、
いつかは打ち明けることになります。

隠していたって「苦しい」と言う事実から逃れることなんて
できないのですから…。

家族が居る場合は…

家族が居る場合はさらに要注意です。
自営業の苦しい状況を隠しながら自営業を続けることは
家族持ちの場合、自分だけの問題ではありません。
家族全体の問題です。

最悪の場合、家族全員揃って路頭に迷い込むことに
なってしまいますから、家族が居る場合は、なるべく早めに
決断を行い、家族ともしっかりと話し合って、
廃業の道を選ぶことをおすすめします。

自営業という職業に無理してしがみついていると、
相手から愛想を尽かされてしまい、離婚なんてことに
なってしまう可能性もあります。

まとめ

自営業は引き際が大切です。
何か月も、何年も苦しい状況だったものが、
突然何かが起こって楽になる!なんてことはこの世では
あり得ない出来事です。

もしも、自分の始めた事業が苦しいのであれば
それはそれで、現実として受け止めなくてはなりません。
いつまでもしがみついていては、
より多くのものを失うことになってしまいます。

気付いたときには遅すぎた!なんてことにならないように、
月々の収入がかなり厳しい!という方は損害が大きくなってくる前に、
全てを失う前に余裕を持って撤退することをおすすめします。