アルバイトから正社員登用を目指す!正社員になるコツを伝授!

店員Kです!

アルバイトから正社員になりたい!
そういう方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、アルバイトから正社員になることは
決して簡単なことではありません。

数年で正社員になれる人も居れば、
永遠に正社員になれない!なんていう人も存在します。

その差は、どこにあるのか。
そして、どのようなことをすれば正社員になることが
できるのか。

今回はアルバイトから正社員を目指すために心がけること、
そして気を付けることについて、書いていきます。

スポンサーリンク

アルバイトから正社員になるためには?

アルバイトから正社員になるためには
一生懸命働くことが大切です。
これは、第1条件。

ただし、当然のことながら、これが全てではありません。
どんなに一生懸命働いていたとしても、他の要素をきちんと
理解して居なければ、アルバイトから正社員になることなど、
夢のまた夢でしょう。

では、どのような要素に気をつければ、
正社員になることができるのか、その点について
見ていきましょう。

バイトを選ぶ際にも注意

まず、アルバイトから正社員になることを目指すのであれば
そもそも、そのスタート地点に気をつけなくてはなりません。
つまりは、どのアルバイトを選ぶか、ここから既に
正社員登用への道は始まっていると言っても過言では
ないでしょう。

まず、業種ですが、これは、あまり関係はありません。
正社員登用があるかないかはバイト先によって異なります。

なので、大事なポイントとしてはまず、バイトの募集要項に
「正社員登用あり」だとか、そういった表記があるかどうかを
確認する、ということでしょうか。

バイト募集しているところの中には
アルバイト⇒正社員への道が用意されているところもあれば
アルバイトは何年やってもアルバイト、というところもあります。

この辺りは、会社にもよるので、なんとも言えません。
なので、事前にバイト募集の情報を見た際に、必ず確認しておきましょう。
もしも調べられるのであれば、バイト⇒正社員登用の実績がその会社に
存在するのかどうか、確認してみることも大切なポイントの一つです。

と、いうのも「正社員登用あり」と書いてあっても
”そういう制度が存在するだけで、実際には登用などしていない”と
いう可能性も十分に考えられるためです。

そのため、正社員登用制度がある場合でも、
果たしてそれがちゃんと機能しているのかどうかは、
しっかりと見極める必要があります。

当然のことですが、
最初から正社員への道が閉ざされているところでは、
いくらアルバイトをしたところで、結果は変わりません。

アルバイトは、アルバイトのままです。

日々の仕事を頑張る

もちろん、これも大事なポイントです。
日々の仕事を、とにかくひたすらに頑張りましょう。
正社員になる、ということを目指すのであれば
アルバイトの一歩先、ぐらいの仕事をやってみせなくてはなりません。
日々まじめに働き、ノルマなど、成績が残る業種であれば、
高い数値を叩きだすことで、正社員への道のりは一歩近づきます。

とにかく、仕事を真面目にやって、ある程度の成果を出す、
ということが求められると思います。
会社側に「この人が欲しい!」と思ってもらえないちお、どうにも
なりませんからね…。
まずは「この人が欲しい」と思ってもらえるように、頑張りましょう。

出勤日数を増やす

正社員になるためには、出来る限りバイトのシフトを増やすことです。
そうすれば、仕事のアピールをする機会も増えますし、
当然、そこのバイト先の責任者と一緒にいる時間も
増えていくでしょうから、印象に残るようになります。

また、職場にとって”なくてはならない存在”になってしまうことも
大事な要素の一つです。
もちろん、それが決定打になることはないですが、
それでも正社員になる道を一つ、縮める方法ではあります。

たくさんシフトに入って、
”この人が居ないとこの職場は回らない”ぐらいの勢いまで
影響力を広げることができれば、チャンスです。

それとなく伝えておく

正社員になれるチャンスがあるのであれば、なりたい、ということを
それとなく伝えておくことは非常に大切なポイントの一つです。

相手も「どのアルバイトが正社員になりたがっているのか、どの
アルバイトはそのままで良いのか」などいちいち把握していません。

なので、最低でも何らかのタイミングで、1回でも
「アルバイトから正社員になれるチャンスがあればなりたい」と
いうことは伝えておいた方が良いと思います。

”意思を明確にする”
ということですね。大事な事なので、覚えておきましょう。

勤続年数を増やす

どんなに上の条件を満たしていたとしても、
勤続年数が少なければアルバイトから正社員に
なることはできません。

とにかくまずは経験を積むことです。
流石に1か月や2か月で、正社員になれる!なんてことは
ありませんから、そういう面は注意しておきましょう。

あまりにも最初から正社員になりたいオーラを出されると、
職場からすれば、重たく感じてしまうものですから、
注意が必要です。

あくまでも最初は、アルバイトとしての仕事を覚える方向に
重点を置くようにしましょう。

で、正社員になるまでにどのぐらい時間がかかるかどうか、という
点ですが、これは会社によってさまざまなので、一概に言うことは
できません。

1年ちょっとでなれるようなところもありますし、
10年近くかかってしまうようなところもありますし、
最初にも書いたように永遠になれないところもあります。

このあたりは何とも言えません。

普段来ない社員がバイト先に来た場合はチャンス

正社員登用のポイントの一つが、社員に覚えてもらうこと。
ある程度の大きさの企業やチェーン店のバイトだったりする場合、
本部の社員などが時々視察に来たりだとか、
そういうこともあるかと思います。

その場合は、アピールチャンスです。
社員がやってくる際には、いつも以上に真剣に仕事に取り組んで、
アピールすることをおすすめします。

社員も、仕事に熱心なアルバイトは覚えます。
私も、それで上にあげてもらったような感じです。

社員が来る機会が無いようなバイト先であれば仕方がないですが
もしも社員がやってくる、という場合は、良いアピールチャンスに
なるので、覚えておきましょう。

チャンスがあったら逃さない

そして、アルバイトから正社員登用を目指す際に大切な
ポイントは、チャンスがあったら逃さない、ということですね。
チャンスは必ず活かしましょう。

例えば、上司などから「紹介する」だとか「正社員にならないか?」と
言われた場合は、ある程度妥協してでも良い返事をした方が
良いかもしれません。

また、社員登用の試験の案内などがある場合は、
それに挑戦してみることも必要だと思います。

とにかく、正社員を目指すのであれば、そのチャンスは
逃さないようにしましょう。
一度、チャンスを逃してしまえば、チャンスはもう2度と
やって来ないかもしれません。
手にしたチャンスがまた訪れるとは限らないのも正社員登用です。

まとめ

アルバイトの正社員登用…なかなか簡単なことではありません。
上で書いたような要素を心がけても、声がかからないことはあります。

容易ではない道なのは確かです。
非常に難しい道のりです。

ですが、可能性は0ではありません。
上のような事を心がけて、時間をかけていれば、
いつかは急に声がかかるかもしれません。

私の場合は約5年かかりました。
長いスパンで考えていく必要はあります。

ただ、アルバイト⇒正社員には”運”の要素が絡んでくるのも事実です。
会社の業績や、自分の上司などなど、色々な要素が絡んでくるんので、
なれる人はすぐになれることもありますし、
運の悪い人は、どんなに頑張っても、なれないこともあります。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする