万引き犯に逃げられてしまった場合どうすれば…?後日逮捕は可能?

店員Kです!

接客業を悩ませる問題の一つが「万引き」。
万引きで閉店に追い込まれてしまうお店まであると言われるぐらいですから
恐ろしいものです。

で、お店でもしも万引きを見かけた場合、当然お店側も
捕まえようと努力することになると思いますが、
万引き犯だけに全ての神経を集中させることは難しいでしょうから
場合によっては逃げられてしまう可能性もあります。

今回の記事では、もしも万引き犯に逃げられてしまった場合に
どう対応すれば良いか、
そして万引き犯を後日逮捕することは可能なのか、ということに
ついてまとめていきます

万引きを店内で見かけた場合の対処は
こちらの記事にまとめてありますので
こちらでご覧ください。

スポンサーリンク

万引きに逃げられる…

万引き犯もつかまらないように必死です。声をかけた瞬間に逃走する
可能性もありますし、他のお客さんの接客に追われている間に
隙をついて逃亡したりする可能性も否定はできません。

逃亡されても、店のスタッフの人数が少ない時は深追いできませんし、
あまり執拗に追いかけすぎて事故でも起こされたら大変です。

声をかける注意点として

・店が少人数の場合
特に一人の場合は、追跡は諦めましょう。
店に誰も居ない状態にするのは非常に危険です。
別の問題を起こす可能性もあります。

・逃走が長引く場合
長引けば長引くほど、今度は事故の危険性が上がりますから
”追いつかない”と判断した時点で、追跡は中断することを
おすすめします。
上でも書いた通り事故を起こされてしまっては大変です。

・反撃される危険性
声をかけた際に、逆上した万引き犯に、反撃される可能性もあります。
殴られたりだとか、そういいう事例も聞いたことがあるので、
気を付けましょう。
逃げられる危険性はありますが、少し距離をとって声掛けすることをおすすめします。

しかし、時には万引きに逃げられてしまうこともあります。
そんな時にどうすれば良いのか…。

万引きに逃走されたら…

残念ながら万引きに逃げられてしまった場合は、
下記のように対処していきましょう。
焦ることなく、淡々とそれぞれのやるべきことをやれば大丈夫です。
高額商品が盗られた場合、動揺すると思いますが
パニックになっても何も始まらないので、まずは落ち着いて行動することが
大切なことです。

では、万引きに逃げられたあとにするべきことは…。

・盗まれたものを確認
まずは、現状把握をしておきましょう。
「何を盗まれたのか」これを確認することが大切です。
もしも「商品名」まで具体的に分からない場合は
”どのようなものが盗まれたか”をしっかりと控えておきます。
後に、各所に連絡する際に、必ず必要な情報ですから、
この点はしっかりとしておきたいものです。

・どんな人だったかを把握
とりあえず、何も出来なかったとしても、その万引きした
相手の特徴は覚えて、情報整理しておきましょう。
もしも忘れてしまいそうならメモしておくことです。
また、顔を見た場合は、顔の特徴なども一緒に覚えておくことが
できると良いと思います。
似顔絵描ければ描いておいても良いかもしれません。

・本部に連絡
自営業の場合は必要ありませんが、会社勤めの場合は、本部に
必ず連絡しましょう。
この際に、出来る限りの分かっていることを伝えられるように
事前に情報整理をすることをおすすめします。
また「本部に怒られるかもしれない」と、盗難があったことを隠蔽するのは
NGです。どんな理由であれ、必ず本部・本社には伝えてください。
伝えるべき部署や人物は、会社によって違うでしょうから、ここでは
書けませんが、いつもやり取りしている上司が必ず何人かは居るでしょうから、
そういう方に伝えれば良いかと思います。
そのあとのことは、本部の指示に従うと良いですね。

・警察に連絡
そして、もう一つ。警察にも盗難があったことを連絡しましょう。
その際に、本部の時と同じように、できるだけ分かっている情報を伝えましょう。
その後、どうするかは警察の方次第なので
(恐らく逃げられている以上すぐには何もできませんが…)
警察の方から何か指示があれば、それに従うようにしましょう。
ちなみに、本部が「警察沙汰にしたくないから警察には連絡するな」という
指示を出すケースもあるそうです。
ですが、それは本来間違えです。
基本的には警察に連絡するべきですから、そこを間違えないようにしましょう。

・カメラを確認
防犯カメラなどを確認できるお店であれば、
映像を確認してみましょう。
映像内に、証拠として盗難の瞬間が映っていた場合は、証拠の一つに
なりますので、その映像をいつでも確認できるように
しておくと良いと思います。

とりあえず逃走された場合にすることとしては、
こんなところでしょうか。

万引きの後日逮捕は可能?

一度、万引きを逃がしてしまった場合は
”現行犯逮捕”はできません。
後日の逮捕というカタチになると思います。

しかし、現実的には”逃げられてしまった”場合、
逃げ得になってしまうことの方が多いです。

警察も、相手がどこの誰かも分からず、
店員の口頭だけの場合、動きようがありません。

そのため、あくまでも話を聞く程度にとどまり、
警察が実際に動く!という部分まで行かないことも多いです。
手がかりなども少なすぎますし、
”盗った”という確実な証拠も示せない場合は
万引き犯を後日逮捕することは非常に困難です。

防犯カメラに映っていた場合でも、映像が不鮮明だったり、
盗った瞬間が上手く識別できない場合、これも決め手には
ならないですね。

ただ、店内に万引き犯と思われる人物の身分証明書が
たまたま落ちていたりだとか、防犯カメラに鮮明に
映っていたりする場合は、また話が変わってきます。

後日逮捕が可能なケース

万引き犯に一度逃げられてしまうと、実際には
ほとんどの場合、逮捕できずに、そのまま泣き寝入り、という
ケースが多いです。
ですから、万が一モノを盗られてしまった場合は、可能であれば
逃がさずにその場で「現行犯」がベストです。

現実的には「取り逃がしてしまう」とほとんどの場合
捕まえることができません。

後日逮捕で一番可能性が高いのは、
明確な証拠(防犯カメラの映像など)が残っていて、
その上で万引きした張本人が再度ご来店、
その際に証拠を元に問いただして認めた場合、、
などでしょうか。

ただ、このように上手く後日逮捕まで結びつけることが
できるケースは非常に珍しいですし、ザンネンながら稀なことです。

逃げられてしまうとどうなる?

万引き犯に逃げられてしまうと、残念ながら
「泣き寝入り」になる場合がほとんどです。
なので、上でも書いた通りなるべくその場で捕まえた方が良いです。
(危険だと判断した場合は追跡を打ち切った方が良いですが)

で、後日逮捕できる可能性も現実的には少なく
「その場で現行犯逮捕しないと逮捕できない」とまで言われている
ぐらいです。

警察は、断片的な情報だけでは動くこともできません。

なので、商品は盗られたまま、犯人は捕まえられない、という
泣き寝入り状態になることも多いのです。

まとめ

万引き犯に逃げられてしまうと、基本的にはお店が泣き寝入り
するはめになることがほとんど。
実際に私のお店でもそういうことはありました。

加えて、上はあくまでも”気づいた”ときの話ですからね。
時には全く気付かずにそのまま盗まれてしまっていることも
あります。

万引きは接客業にとっての敵です。
なるべく阻止したいところですが、
どうしても逃げられてしまうこともあると思いますから、
そんな場合は上のような対応を忘れずに行いましょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする