社員証を無くしてしまったらどうする?するべきことは?

この記事は約6分で読めます。

職場によっては
「社員証」が存在する職場も
あるかと思います。

しかし、社員証を無くしてしまう!
なんてことも場合によっては
あるでしょう。

もしも社員証を無くしてしまった場合は
どのように行動すれば良いのでしょうか。
もしもの時に慌てないためにも
しっかりと社員証を無くしてしまったときの
行動について、
頭の中に入れておくようにしましょう。

紛失したのを隠したりしていれば、
当然大きなトラブルになったりする
可能性もありますし、
取り返しのつかないような事態に
なってしまうことも考えられます。
そのようなことになってしまわないためにも
しっかりと、無くしてしまった場合の
するべきこと、確認するべきことを
しっかりと覚えておきましょう。

スポンサーリンク

紛失してしまったらどうすれば?

社員証をもしも紛失してしまったら…
考えただけでぞっとしてしまいますよね。

まずは、慌てる前に
”本当に紛失したのか”どうかは確認
しておくようにしましょう。
誰かに伝えたあとに
”あ、やっぱりありました”じゃ、
余計な騒ぎを招いただけに
なってしまいますからね。

まずは、自分自身の鞄だとか
ロッカーだとか、あるいは自宅に
置いたままにしていないかどうかだとか
そういった部分から
確認をするようにしてみてください。

案外、うっかりしているようなことも
あるものです。

また、社内に落し物が届くような場所が
あるのであれば、そういったものを
利用してみる、というのも一つの方法になります。

ただし、あまり時間をかけすぎないようにして下さい。
いつまでも諦めずに探し続けたり
”いつか出てくるだろう”みたいな判断を
してしまってはいけません。
上記のようなことを素早く確認し、
”ない”と判断したらただちに報告を行うように
して下さい。

最初に確認を行うことは大事ですが、
あまりに粘りすぎているとその間に
問題が進んでしまったりする可能性も
ありますから、あまり粘りすぎないようにする、
ということは大切なことになります。
ダメだと判断したらすぐに諦めるようにしましょう。

会社に報告する

社員証の紛失を会社に報告して
必要な手続きをすぐに行うようにして下さい。
この際に、怒られたり何か言われたり
する可能性もありますが、
それでも黙っているとどんどん
問題が大きくなってしまいますから
素直に社員証を紛失したことを
会社に報告するようにして下さい。

誰に報告すれば良いのか、
という点に関してですが
これは、会社によって異なりますから
ここで答えを教えることはできません。
もしも、会社内でもしも社員証を
紛失してしまった場合に伝える相手が
決められているのであれば、
その相手に伝えるようにしましょう。

特に決まりが無かったり
分からない場合に関しては
上司に相談し、どうすれば良いのかどうか指示を仰ぐように
してみてください。

その後は会社の指示に従って
社員証の再発行手続きなどを行い、
前の社員証の効力停止、新規発行などを
することになります。
早めに会社に伝えないと
社員証を悪用されてしまい
大問題になってしまう可能性も
ありますから、上でも書いた通り
最初に再確認してみることは大事ですが
再確認してもみつからなければ
紛失と判断して早めに会社に
伝えるようにして下さい。

警察などへの届け出は?

これは、会社の指示に
従うのが一番確実です。
必要であれば遺失届出をしておくのが
良いですが、会社によって方針が
異なると思いますからどうすれば
良いのかは会社に確認を
しておくようにしましょう。

ただ、いずれの場合でも
まず最初に報告するべきは
会社の方になります。
会社を飛ばしていきなり警察に
報告したりするのではなく、
会社の社員証なわけですから
まずは会社に連絡をし、
適切な対処を取って行くようにする、
ということが大事になります。

隠してもばれる!トラブルの原因に!

社員証を無くしてしまった場合、
上司から怒られたり、面倒な手続きが
あったりで、できれば社員証を無くしたことを
隠してしまいたい、と思う人もいるかもしれません。
社員証を日常的に使うような会社であれば
それもできないとは思いますが
あまり社員証を使わないような会社の場合は、
それが出来てしまうかと思います。

ただ、それは後々大変な問題になる可能性のある
非常に危険な行為なので
絶対にしないようにしてください。
普段、社員証を使わないような会社であっても
必ずいつか、社員証を使うような場面が
やってきます。

そんな時に「実は無くしていて」なんて言えば
余計に怒られてしまうことになりますし
場合によっては本当に大問題になってしまう
可能性も十分に考えられます。

また、社員証を外で落としている場合
見知らぬ誰かに悪用されてしまい、
気付いたときには取り返しのつかないような
事態になってしまっている可能性も
充分にありますから、そのようなことに
なってしまわないためにも、絶対に
隠すことのないようにして下さい。

社員証を無くしてしまった場合、
言いたくない!という気持ちは分かりますが
そこはぐっとこらえて
素直に上司や、報告するべき場所に
報告を行うようにして下さい。

隠していれば隠しているほど、
後々大変なことになってしまいますからね。

後から見つかった場合は?

社員証を無くしてしまい、
再発行の手続きなどを行った後に
自宅や自分の荷物の中から
社員証が見つかった!なんてことも
あるかと思います。

この場合に関しては、
既に前の社員証の効力は停止していると
思いますから新しいものを
使っていくことになるとは思いますが、
前のものを手元に残しておくと
混乱の原因になります。

会社に見つかったことを伝えて返却するか
「やっぱりありました」と伝えると
なんだかねちねち言われそうな場合は
そのまま処分してしまうのも一つの方法です。

ただ、万が一前の社員証を処分する場合は、
そのまま捨てたりはしないようにして下さい。
そのまま捨てると悪用される可能性も0では
ありませんから、もしも処分するのであれば
シュレッダーなどで粉々にするなど、
万が一拾われても利用できないように
ちゃんと対処をしておく必要があります。

無くさないのが一番

当然のことですが、上のようなことは
そもそも社員証を無くしたりしなければ
考える必要もないことです。
一番大事なことは、
「社員証を無くさないようにすること」

この一言に尽きるかと思います。
社員証を無くしさえしなければ
上のようなことをする必要も
ありませんからね。

ただ、人間は、ミスをするものです。
カンペキな人間など存在しません。
ですから、私だって何かを紛失
するようなことはありますし
今まで一度も何も紛失したことが
ない人だって、これから社員証を
紛失する可能性は
決して0ではありません。

いざと言う時の為に
紛失してしまった場合
どうすればいいのか、ぐらいは
簡単にでも頭の中で
考えておくと
いざという時に慌てなくて
済むかもしれませんし、
手続きなどもスムーズに
進むかと思います。

ただ、繰り返しにはなりますが
当然、一番良い事は
”社員証を無くさないこと”ですから
注意だけはしっかりとしておくようにしましょう。

まとめ

社員証を無くしてしまった場合、
ちゃんと会社に報告はするようにしましょう。
言いにくいから、と紛失したことを
隠していると、本当に大変なことに
なってしまいますから、
その点には、注意をするように
しなくてはいけません。

隠したくなってしまう気持ちは
分からないでもないですが
本当に大変なことになりますから
早い段階で素直に無くしたことを
伝えて、必要な手続きを
行ったほうが、身のためです。

タイトルとURLをコピーしました