初出勤の際の注意点!通勤時に迷わない為の大事なこと8つ!

店員Kです!

初出勤。
誰でも緊張しますよね。

ですが、初出勤の際は通勤の時にも色々と
気をつけなくてはいけないことがあります。



通勤時にトラブルが起きてしまって初日から遅刻!
なんてことになれば、遅刻理由によっては
いきなりのイメージダウン、なんてことも十分
考えられるわけです。

そのため、初出勤の時は、特に注意しておかなくてはなりません!

初出勤時の注意点をそれぞれまとめていきます。

スポンサーリンク

初出勤時の注意点!

初出勤の際に注意するべき点は、多数存在します。

出勤してからもそうですが、初出勤の際は
”出勤するまで”も非常に大事なポイントになってくるのです。

初日からいきなり遅刻をする…なんて
気まずいと思いますから、できるだけ避けたいことだと思います。

初日の通勤に関しての注意点を、それぞれ見ていきましょう。

①経路をよく確認しておく

出勤初日の経路はちゃんと確認しておきましょう。
もちろん、多くの場合、入社の日までに一度や二度は
その就職先を訪れているかと思います。

ですが、それまでとは違う経路や交通手段で、
入社当日は会社に向かう、と言う人も居るでしょう。
そうなってしまうと、雰囲気は大幅に変わってくると思います。

少しでも分経路や交通手段を変えるだけでも
結構印象はガラリと変わってしまうものです。
場合よっては、少し環境が変わっただけでも
迷ってしまう可能性もあります。
特に、初出勤の日は、考えが上手くまとまらない人も
居るかと思います。

なので、必ず事前に経路は確認しておきましょう。
入社前に会社を訪れたことがある場合で、交通経路も同じなら
同じように行けば良いだけですが、
そうでない場合は、春休みなどの初出勤前のタイミングを使って、
事前に一度会社までの道のりを確認してみると良いかもしれませんね。

②時間に余裕を持ってでかける

初出勤の日から、時間ギリギリに…
と言うのは良くありません。
通勤中にも、何が起こるか分かりませんし、
ギリギリの出勤時間だった場合、何か起こってしまえばそれだけで
遅刻してしまう可能性もあります。

迷う可能性もあるわけですから、
なるべく、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。
時間ギリギリだと何かあった場合非常に焦りますし、
対応できなくなってしまう可能性もあります。

毎日早く家を出ろ、というわけではなく、
初日だけでも、早めに家を出るようにしましょう!
ということです!

③忘れ物をしないように注意する!

初出勤の日は、忘れ物をしないように注意しましょう!
忘れ物をしてしまった場合、途中で思い出して
取りに戻れる時間があれば良いですが、
そこまで余裕が無い!という人も多いと思いますし、
仮に時間に余裕があったとしても、一度自宅まで戻れば
さすがに時間も無くなってなってくるでしょうし、
気持ちにも余裕がなくなってきますから、
会社に出発する前に、必ず持ち物の確認を怠らないようにして、
忘れ物をしないようにしましょう!

万一、忘れ物に気づいた場合
”無ければいけないもの”であれば時間を確認し、
戻れそうであれば戻るのも手ですが、
近くで買えそうなもの(たとえば朱肉印とか)であれば、
戻らずに近場で購入してしまうのも一つの方法です。

”必ず必要”なものではない場合は、引き返すことなく
そのまま会社の方に向かう方が良いかと思います。

④時間帯の違いに注意

入社前にも、何度か就職先を訪れたことがあるかもしれません。
ですが、実際に入社して出勤することになると、
時間帯がその時とは違う可能性もあります。

例えば、今までは昼頃からしか会社に行ったことがない!
という場合、いざ入社初日に朝の出勤となると、電車などの
交通事情なども、大きく変わっている可能性があります。

電車も昼のときよりも、大きく違う姿を見せている事だと思います。
通勤ラッシュの人の数は、本当にすごいですからね。

⑤道に迷ったら調べられるように…

もしも道に迷ってしまってもパニックを起こさないようにしましょう。
焦って行動すると、逆に状況をさらに悪化させることに
なってしまいます。
冷静に、会社への経路を確認して、会社に向かうようにしましょう。

事前に地図などを印刷しておくのも良い方法だと思いますし、
スマートフォンなどを持っていれば、その場で調べることも
可能だと思います。
(いざと言う時に電池切れなんてことにはならないように注意!)

最悪の場合は、近くに交番などがあれば、
交番で道を尋ねれば対応してくれると思いますし、
本当にどうにもならない場合は、通行人の方に道を
尋ねてみるのも一つの方法だと思います。

⑥急な体調不良の可能性も否定はできない

初出勤の日って何かと緊張するものです。
場合によっては、急に体調不良になってしまうことも
あるかも知れません。
特に、日ごろから胃腸系が弱い人は要注意です!
胃腸薬なども鞄につめておくと良いかもしれませんね。

もちろん、気にしすぎることは、逆にッ本当に胃腸の
調子を崩してしまう危険もありますから、おすすめは
できませんが、ある程度”そういう可能性もある”という
ことは視野に入れておいた方が良いかもしれません。

急な体調不良、
けれどお手洗いに行っていたら遅刻してしまう、
なんてことになったら、初日から最悪のスタートを切ることに
なってしまいます。
それだけは避けたいですよね?

なので、上でも書いた通りに、”ある程度、時間に余裕を持つ”
ということはとても大切な事なのです。

⑦集合場所や時間をよく確認しておく

初出勤の日に、通勤途中は問題が無くても、
会社についたあと、どこに集合すれば良いのか分からなくなってしまえば
せっかくちゃんと到着しているのに、遅刻になって
しまう可能性もあります。
会社側からすれば、先に会社についていたかどうか、ではなく
時間内に集合場所に辿り着いていたかどうか、が重要になります。

そのため、必ず集合場所と集合時間、
この2つは確認しておく必要があります。
それをしていないと、会社到着後にパニックになることに
なってしまいますから、要注意です!

特に、敷地の広い会社であればあるほど、この辺りは
気をつけなければいけません!広い会社は本当に広い
ですからね…!

⑧もしもやむを得ない場合…

初出勤の日から、遅刻するなんてことは
本当は避けたいところですが、どうしても、どうにもならない
こともあるかと思います。

そんな場合は「間に合わない」と思った時点で
すぐに会社の担当に連絡してください。自分の名前と
現在の状況、そして遅れそうな理由、何時頃に到着できるか、
もしくはいけないのかなどをはっきりと伝えてください。

相手がどんな反応をするかは、正直に言えば分かりませんが、
何らかの指示は与えてもらうと思います。
できる限り、その指示に従いつつ、会社に向かうことのできる
状態であるのであれば、できる限り早く会社に到着できるように
努力はしましょう。

いきなりクビ!と言うことは流石にまずないと思いますが、
やっぱり初日から遅刻はイメージは悪いので、
謝っておきましょう。

まとめ

初出勤の際の、会社に到着するまでの注意点をまとめておきました。
色々と書きましたが、中でも一番大事なことは
「経路の確認」「時間に余裕を持つ」と言う点ですね。

これらを意識して行動すれば、体調不良や事故の場合などを
除いて、問題なく到着できるとは思います。

相手も人間ですから、理由があったとしても、やはり、
初日から遅刻した、というのは大きく心象を下げることに
なってしまいます。

可能であれば、それは避けた方が良いので初日の出勤は
「余裕がありすぎる」ぐらいに準備しておけば良いと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする