「この仕事向いてないよ」と言われた場合はどうすればいいの?

仕事

店員Kです!

会社などで勤務していると、
上司などから「この仕事向いてないよ」などと
冷たい言葉を投げかけられることもあるかと思います。

こう言われてしまうと、酷く落ち込んでしまう人も
居ますよね。
確かにショックなのは分かりますし、
全てを否定されたような気持ちになってしまうのも
分かります。

ですが「この仕事向いていない」と言われた場合に
実際にはどうすれば良いのでしょうか?
どのような意図があるのでしょうか?

この仕事向いてないと言われたら…

「この仕事向いていないよ」
そう、言われることもあるでしょう。
実際に、私は言われた経験はないのですが、
後輩が言われているのを見たことがりますし、
私も似たようなニュアンスのことを言われたことはあります。

こんなことを言われてしまうと、仕事に対する
モチベーションが下がってしまう気持ちも分かります。
ですが、このような言葉をもし言われた場合は
どうすれば良いのでしょうか。
そして、どのように考えれば良いのでしょうか。

順番にそれぞれ見ていきます。

この仕事向いていないと言う意図

本気で「辞めろ」という意図で言っている人は
少ないと思います。

もちろん、言葉に込める意味は人によって違いますから
明確な敵意を持って
「この仕事向いていないよ」と言う人も居るでしょう。
ですが、多くの場合はそうではありません。

あくまでも「今のままなら向いていない」という意味であり、
本心から「向いてないから辞めた方がいいよ」という意味では
ないのです。
仮に「辞めた方がいいよ」という部分まで上司が口にしたとしても
それが本心では無いと思います。

「悔しい」という感情を持って、
這い上がってきて欲しい、そういう願いが込められている場合が
多いと思います。

非常に表現下手で、上司が部下にかける言葉として、
あまりふさわしいものではないと思います。
特に、現代を生きた(?)年代の方にとってはつらい言葉
ですよね。
私も言われればやはり、辛いでしょう。

ですが、本当に「こいつはダメだ!辞めろ!」という
相手に対してはそういう「向いていないよ」みたいな言い方は
せずに、もっと別の言い方になります。

ですから、「向いてないよ」と言われた場合、
辞めろという意味である可能性は低いです。

また、上司も人間ですから、何らかの他の要因で、
機嫌が悪かった可能性などもあります。
八つ当たりされてしまうのは面白くありませんが、
「そういう人なんだ」と割り切って我慢することも
時には大切なのかもしれません。

言われたら辞めるべきなの?

そんなことはありません。
むしろ「この仕事向いてないよ」の言葉で
退職していたら、
この先、相当な数の会社を退職することになってしまいます。

正直なところ、嫌な話ですが「この程度の嫌味」は
社会に出ると、大量に耳にすることになります。

メンタル的に弱い人にとっては、かなりつらい世界では
ありますが、これらの心無い言葉に対する耐性も
つけていかなくてはなりません。

「向いていない」と言われても、
食い下がるようなぐらいのメンタルですね。

とにかく、この言葉を言われたからと言って、
会社を辞める必要はありませんし、
会社側も「辞めろ」ということはなかなかできないでしょうから、
そのまま続けていて、問題はありません。

自分は向いていないのか?

これも、そうとは限りません。
前述したように、相手が鼓舞のつもりで言っている
(表現は下手すぎですけれど…)可能性もありますし、
相手の機嫌が悪かっただけの可能性も十分にあります。

なので、上司に向いていないと言われたからと言って、
自分が本当にその仕事に向いていないのかどうかは
なんとも言えません。

上司が仮に心から「こいつは向いていない!」と思ったとしても、
あくまでもその上司個人がそう思っているだけです。

たとえ話ですが、
100人の人が居て、100人が料理を食べた場合、
99人は美味しい!と感じた料理であっても
そのうちの1人は心から「まずい!」と言うかもしれません。

つまり、感じ方はそれぞれと言うことです。
たまたま、その上司が”一人”の側の人間だったのかもしれません。

あまり、深く気にする必要は無いと思いますし、
最終的に「仕事に向いている」「向いていない」を決めるのは
自分自身であり、上司ではありません。

精神的に辛い…

上司からこういう言葉を言われてしまうと、
精神的に辛い…というのはあると思います。
ですが、社会に出ればこの程度の言葉がいくらでも飛び交います。
暖かい世界などでは無いですからね…

なので、ある程度、そういう言葉を気にしないようにする
メンタルの強さは必要だと思います。
人の言葉に一喜一憂するのをやめる…
ある意味では感情を捨てる、とでも表現しましょうか。

そうしないと、とてもじゃないですが、厳しい社会で
生き抜いていくにあたって、心がもたないと思いますから…。

もしもどうしても辛いのであれば、
身近な人にその気持ちを吐きだしてみると、
少しは気が楽になるかもしれません。

入社直後の場合などは…

会社に入社した直後や、アルバイトを始めたばかりの際に
上司から「この仕事向いてないよ」と言われた場合は
気にする必要は全くありません。
「向いていると言わせてやる!」ぐらいの意気込みで良いです。

人の良し悪しなんて、最初の入社直後の状況だけでは
判断できません。
誰だって最初は頼りないものですし、使えないものです。
そこからどのように伸びていくのかが大事なのであって、
新入社員や新人の状態で、
「この仕事向いていない」と判断するのは
あまりにも早計ですし、上司として、少し間違っている考えです。

なので、気にする必要はありません。
入社直後は、誰でもミスをするものです。
例えば、今、お偉いさんになって踏ん反り返っているような
人であったとしても、
最初は必ず、何かしらミスをしているはずですし、
ミスをしない人間なんてこの世には存在しません。

完全無欠な機械などでは無いのですから、
入社直後のミスも、上司からの言葉も、反省点として受け止める
必要はありますが、心に病むほど、気にする必要は
全くありません!

もしも自分でも合わないと感じたら…?

上司などから「この仕事向いていないよ」と言われてしまって
自分でも「ああ、そうだな、向いてないな」と思ってしまった場合…

その場合でもすぐに辞める!というのはやめましょう。
少し頑張ってみて、それでもどうしても、自分が
向いていない、と思うのであれば転職を考えるのも手では
ありますが、最初は誰だって「この仕事は向いていないのかな」みたいな
ことは思うものです。

なので、まずはある程度頑張ってみることをおすすめします。
例え上司から「向いていないんじゃない?」と言われた場合でも、です。

で、頑張ってみて、それでも自分が
「この仕事はやっぱり無理だ…」と思うのであれば
本当に向いていなかった、ということなのでしょう。

その場合は、あまり無理をし過ぎずに、
次の職場を探し始めるのも、一つの方法ではあると思います。

まとめ

「この仕事向いてないよ」
酷い言葉だと思いますし、別の意図が込められているのだとしても、
個人的にはこういう言葉を投げかけることはおすすめできませんし、
私だったらしません。

ですが、世の中にはこういう言葉を投げかける人も
山のように居ます。
ですから、世の中とはそういうものだと割り切って、
必要以上に真に受けて傷つかないようにし、
上手く、上司と付き合っていくことが大切だと思います。

上司一人が「向いてないよ」と言っても、それはあくまで上司の
あなたに対するレビューでしかありません。
たった数人の意見に、惑わされてはいけません!