休みが無いと人はどうなる?1年間休まなかった人を間近で見た結果!

店員Kです!

人間には「休日」と言うモノが必要です。
中には休みなく働いても大丈夫!などと言う人もまれに居ますが、
やはり、それがずっと続ければ
人間として色々な部分が壊れていきます。

私は、ブラック企業でアルバイトとして勤務している際に、
1年間、1日も休まずに朝から晩まで働いていた
店長のもと、アルバイトをしていました。

何度も何度も休むように伝えても、休もうとしなかった
その店長。

しかしながら、やはり人間としては、色々な部分が
壊れていくものです。
間近で見た”休まない人間が壊れていく様”をお話します。

休まないと壊れていく…

人間、休日と言うものが無いと、次第に壊れていきます。
どんなに真面目でも、優しい人間だったとしても
仕事が好きだったとしても、壊れていくでしょう。
色々な面が、です。
自分で自覚する場合もあれば、自覚すらできないままに
壊れていくパターンもあるかと思います。

私が間近で見た問題の店長は、ちょうど、私がアルバイトとして
採用される1か月前に店長に昇格した方でした。
なので、最初はまだ優しい感じでしたし、良い感じの店長さんでした。

しかしながら、この店長は休む、ということをしませんでした。
最初は1日休んだり(たまにですけど)していたのですが、
そのうち休まなくなり、休まないまま仕事をすることが増えはじめ、
そしてそれが3か月、半年、1年間と続いていき、
次第に店長は人間として壊れていきました。
どこが壊れてしまったのか。
週5勤務のバイトで、間近でその店長を見た私が、
語って行きます。

①激しい気分屋になった

最初はそんなことは無かったのですが
半年経過したあたりから、激しい気分屋に豹変しました。
新人のアルバイトさんが、次々とバックレを始めるぐらいでしたから
相当ひどかったのでしょう。

1時間前にはニコニコしていたのに、
1時間後には不機嫌そうにガムテープを放り投げるようにして
カウンターに叩きつけたりだとか、そういうことを
するようになってしまっていました。

お客様の前でも露骨に不機嫌な態度を示すこともあり、
この豹変は、私も含めて、スタッフ内では困惑の要因になりました。

②仕事中毒状態になってしまった

あまりにも休まなかったせいでしょうか。
最初は休みたがっていた気がするのですが、
次第にそういう言葉も口にしなくなりました。

私が見かねて、休むように進言した際には、
「仕事をしていないとダメになっちゃうような気がする」だとか
そんな発言までしていました。

後に、私が本部に相談して、店長は休むようになったのですが
(1年無休が続いた後の話です)

最後の方には
「休みの日には体調が悪くなる」とまで言いだしてしまい、
ワーカホリックという症状になっているような
行動や発言まで、見受けられました。

これは病的な症状の一つとして実際に
言われていることの一つですから、
休みナシで仕事をしているうちに残念ながら
そういう症状になってしまわれたのだと思います

③情緒不安定

休みをずっと取らなかったことによって、情緒不安定に
なっていくこともあるようです。
実際に私が一緒に働いていた店長はみるみるうちに
情緒不安定になっていきました。
先にも書いたとおり、怒っているかと思えば、
突然ニコニコ状態になっていることもありましたし、
逆に、突然無口になったり、
言っていることが日によって変わったり、
とても大変な状況でした。

また、突然「俺と一緒なんていやだよね」だとか
「どうせ俺なんて」みたいなことを言い出したりと
かなり不安定な様子が見受けられました。

④イライラしていることも多い

気分屋なのももちろんそうなのですが、
イライラしていることも多かったです。
まぁ、常に仕事をしているわけですから
これに関しては無理のないことですよね。

私が一緒に仕事をしていた店長も
毎日のようにイライラしていたり、
ほんの少しのことでイライラを爆発
させてみたりとかなり、普通の考えからすると
おかしな雰囲気が漂っていました。

お客様の前でもイライラしている様子な時も
ありましたし、やってきた業者の前でも
イライラしている様子なときもありました。
身内の人間だけではなく、外の人間に対しても、
そういう態度をとってしまう、ということは、社会人として
大きな問題ですし、
接客業だったわけですから、なおさら深刻な
問題であったのは確かです。

⑤慢性的な睡眠不足

この店長は、毎日朝から晩まで働いていたので
慢性的な睡眠不足になっていたと思われます。

まず、朝の出勤時ですが、大半の日、遅刻していました。
まともに朝来ることは無かったと言っても良いでしょう。
数十分の遅れではありましたが、鍵を持っているのが
店長だったため、雨の日でも、アルバイトスタッフさんが
待ちぼうけを喰らうことも…。

また、仕事中も、ふと、奥の事務机で居眠りしていたりだとか、
作業中に突然寝ているような場面も何度も見かけました。
加えて、「昨日は、晩御飯を食べた状態のまま寝てたよ」などと
言われたこともあり、
慢性的な睡眠不足、
それも、かなり危険なレベルの睡眠不足になっていたものと
思われます

このように、休まずに仕事を続けることで、睡眠不足に
なってしまうことは、当然と言えば当然のことですよね。

⑥体調を崩す

休まずに仕事をしていれば、当然のことながら
体調を崩す要因の一つになってしまいます。
私が間近で見ていた人もみるみるうちに体調を
崩していました。
謎の目眩を訴えていたこともありますし、
虫歯も治療に行く時間が無い!と言いながら
歯のあたりを押えているようなしぐさも
何度か見受けられました。

また、この方とは別の店長は
休みナシで働いていたところ、過労で倒れてしまってますし、
休みナシで働く、ということは確実に人間の身体を
蝕んでいってしまいます。
この点には注意する必要があるかと思います。

自分の命と仕事、どっちが大切なのか、
よく考える必要があるのではないでしょうか。

⑦プライベートはゼロ状態

休みなしで仕事を続けていれば、
当然のことながらプライベートはゼロの状態になります。
私が間近で見ていた人も、朝から晩まで仕事をしていて、
家に帰って、入浴してごはんを食べて、寝る!みたいな
生活を毎日のように繰り返していました。
(実際に見ていたわけではないですが、そう言ってましたし、
他のことをする時間なんてとてもありません)

友達付き合いなども無くなった!と言っていましたし、
本当に仕事一筋の人生になってしまっていました。

⑧会社からも…

それだけやっても、会社からは、単なる駒ぐらいにしか
見られていないような雰囲気でした。
それが、ブラック企業というものですからね。
店長が休まない件に関しても、
この店長の性格上の問題はもちろんあったとは思いますが、
会社の雰囲気がそうさせた、という部分も少なからず
あった、ということは否定できない事実です。

しかしながら、休んでいないことを伝えると、
会社は手のひらを返したかのように、休むように
執拗に電話をかけてきていましたし、
ブラック企業とは恐ろしいところです!

まとめ

休みナシで仕事を続ければ、必ず人間は
壊れてきます。
身も、心も壊れるでしょう。
身体の健康を損なうことはもちろんですし、
精神的にも次第におかしくなってきたり、
怒りっぽくなったり、
イライラしてきたり、
色々な問題が生じてしまいます。

休めない、休まない、
理由は人それぞれだと思いますが
そのような生活を長い間続けて行けば、
最終的に壊れてしまうのは自分です。

そのことはよ~く考える必要が
あるのではないか、と思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする