職場で疎外感を感じたら?原因と対処法を解説します!

仕事

店員Kです!

職場では、必要以上に慣れ合う必要はありませんが、
共に働く以上、ある程度のチームワークだとか、そういうものは
必要になるかと思います。

しかしながら、場合によっては、職場で疎外感を感じてしまうような
こともあるのではないでしょうか。

もしも、職場で疎外感を感じてしまった場合、
その原因はなんなのか、
そして疎外感に対して、どのように対処していけば良いのか。
その点について、まとめていきたいと思います。

職場での疎外感!

普通に働けているのであれば
それほど深く気にしなくても良い部分だとは思いますが、
疎外感を感じてしまう!という人もいるかとは思います。
そんな場合はどのように対応していけば良いのか
悩んでしまう人も居るでしょう。

職場での疎外感で悩まない為には
原因と対策を知ることが大切です。
仕事以外の部分で悩みが多くなると、
それだけ精神的な疲労などにも影響してくるはずですから
できることであれば、そういった不安を取り除くことが
できるのが一番です。

では「原因」と「対処法」について、
順番にそれぞれ見ていきましょう。

疎外感を感じる原因は?

職場での疎外感を感じる原因は何か。
原因は色々とあるかと思います。
大きく分けて「周囲に理由がある場合」と「自分自身に理由がある場合」があります。
どれが原因で自分が疎外感を感じているのかどうかを
把握することも、問題解決の第1歩になります。

・本当に孤立している
周囲から嫌われてしまっていたり、いじめられていたり、
そう言う状況であれば、疎外感を感じるのも無理はありません。
ただ、本当に孤立してしまっているケースでも二通りの理由があります。
1つは「自己責任」。これは単純に自分の性格が悪かったり人間性に
問題があるケース。
冷たく言えば、自業自得です。
もう一つは「周囲に原因がある場合」これは、いじめや、上司からの嫌がらせで
意図的に仲間の輪から外されているケースですね。
このどちらかによっても対処法は異なります。

・気にし過ぎ
周囲の人間関係を気にしすぎているケースもあります。
別に周囲から疎外されたりしていないのにも関わらず、
そういう風に感じてしまう場合ですね。
必要以上に周囲の顔色を窺ったり、自分に自信がなかったりすると、
これが原因で疎外感を感じることもあるかと思います。
阻害されている、という思い込みが疎外感を生んでしまうことも
あるかと思います。

・仕事の関係
部署を異動になったばかり、だとか、まだ入社して日が浅い、
だとか自分と同じ仕事を共有している人が社内に居ない、だとか
そういう理由ですね。
これは時間が解決してくれるとは思いますが
職場になじむまでは疎外感を感じることもあるかと思います。

・自分から避けている
人付き合いを自分から避けている場合、
周囲が仲間はずれにしているつもりがなくても
疎外感を感じることもあるかと思います。
ただ、この場合は、自分から距離を取っているので
「輪には入れていない」ではなく、
「輪に入ろうとしていない」というのが正しい表現ですね。

こんなところでしょうか。
大体の場合、原因はこの中にはあるかと思います。

疎外感への対処法は?

では続いて、職場で疎外感を感じてしまう場合は
どのように対応していけば良いのか。
その点についてまとめていこうと思います。
疎外感に対応するためには、↑のどの理由であるか、
または他の理由なのかを自分で考えてみて、
理由をしっかりと把握した上で行動していくことが
大切になるかと思います。

・自分が悪いのなら直す
まず、自分の性格に問題が合って孤立してしまっている場合、
疎外感を無くすためには、自分の性格そのものを
直さなくてはいけません。
自分の性格に問題がある、と理解できているのであれば
どこが問題かどうかもうすうす分かってくるかとは思います。
で、あれば自分の性格を直さなくてはなりません。
そのままだと、さらに嫌われてさらに強い疎外感を
味わうことになってしまいます。

・相談する
上司や同僚などから嫌がらせ目的などで
仲間はずれにされている場合は、相談するのがベストです。
信頼できる同僚が居れば、その方でも良いですし、
無理であれば会社の相談窓口などに相談してみるのも良いです。
相談窓口に相談しても、必ずしも動いてくれるとは限らなかったり、
”表向き”だけ修正されて、裏では嫌がらせ、なんて可能性もありますから
解決するとは限りませんが、とにかく何か行動を起こしてみないと
何も始まりません。

・気にしないようにする
特に、仕事に支障が出ておらず、また、周囲からのけ者に
されているわけでもない場合、
これは、上でも述べたように「気にし過ぎ」である可能性があります。
そういった場合は、とにかく気にしないようにすることが
一番でしょう。
「疎外感を感じる…」なんて、気にすれば気にするほど余計に
気になってしまうものですから、
特に実害がないのであれば、何も気にしないようにする、というのもまた、
1つのポイントになるでしょう。

・時間が解決してくれる場合も
もしも今の職場にやってきてから、まだ時間がそれほど経過していないので
あれば、疎外感は「職場に慣れていないこと」が原因で
ある可能性もあります。
そういった場合は、まずは職場に慣れること、です。
時間が解決してくれると思いますから
入社直後、転勤直後、転職直後、
こういった場合、既に人間関係が出来上がっているところに
入って行くわけですから、ある程度のことは仕方がありません。
しばらく、耐えていれば次第に疎外感も無くなっていくはずです。

・接点を持つようにする
自分から他社とのかかわりを避けてしまっている場合は
疎外感を感じてしまうのも当たり前のことです。
自分自身がそのままでも構わないのであれば
そのままでも良いですが、もしも疎外感があることを
気にしているのであれば、少し意識的に接点を
持つようにすることも一つのポイントになるます。
自分から関わりを拒絶していたのであれば、
周囲が近寄りにくくなってしまうのは、
当たり前のことですからね。

・最悪の場合は
会社から意図的に疎外されていたり、
いじめまがいのことをされている場合、
まずは会社に相談してみるのが良いですが
それでも解決せず、かつ自分が耐えられないのであれば
最後の手段に出るしかありません。
最後の手段とは「労働基準監督署への相談」
もしくは「転職」です。
ただ、”疎外されている気がする”だとかその程度ではダメです
「仕事に実害が出ている」「精神的負担で体調を崩している」
など実害が無ければ労基が動くことは絶対にあり得ません。
また、そういった場合でも動かぬ証拠が無ければ相談だけで
終わってしまう場合がほとんどでしょう。
どうしようもない場合は、そのままの環境で働いていると
本当に身体を壊してしまいますから退職するしかありません。

対処法としてはこんなところでしょうか。
自分がどうして疎外を感じているのかをしっかりと考えつつ
対処していくようにしましょう。

まとめ

思い込みか、本当に疎外されているのか、
自分が疎外感を感じている原因をしっかりと自分で分析して
それに見合った対策をしていくことが大切になります。

本当にどうにもならない場合は転職も視野に入れるしか
ないのが現実ですが、
転職もそう簡単なことではありませんから、
できることであれば、その職場内でちゃんと解決
させたいものです。

しっかりと原因を自分で判断して、
それに見合った対処法で、疎外感が無くなるように
工夫をしていくようにしましょう!