私服も可?入社初日に恥をかかないために注意するべきこと!

仕事

店員Kです!

4月からは新社会人として働く!という方も居ると
思います。
以前、新社会人の初日の服装と言う記事を書きましたが、
その中でも特に大事なことがあるので、
今日はそのことについて書いていこうと思います。

どんなことかと言うと
「新社会人」としてデビューする初日のお話。

初日の持ち物や服装について書かれた紙や、
説明などを入社式の前に必ず受けるとは思います。

まぁ、それは別に良いのですが
問題は服装について「私服」と書かれている場合。

この、引っかかってしまいそうな罠について
書いていきます。

入社日の直前に確認…

入社日の前に、基本的には、会社側から入社日の
持ち物や服装などについての連絡があると思います。
その際に、服装についても言及されているかと思います。

この際に「私服でも大丈夫」と書かれている場合も
あるかと思います。
(服装全体の話題はこちら

しかし本当に入社当日に「私服」で良いのかどうかは
分かりません。

それはどういうことかと言うと
「私服で構いません」と書かれていても、
周囲が全員スーツ、なんてこともあるからです。

入社当日に「私服可」になっていた場合の
ポイントと対処方法を見ていきましょう。

私服を着て行ってもいいの?

会社からの連絡や、案内の書類上で、
入社初日の服装の案内があり、そこに「私服でも可」のような
表記があれば、私服で行っても”ルール上は”問題ありません。

ただし、あくまでもルール上の話です。
実際に私も正社員としてとある大手企業に入社したことが
あるのですが、
その入社前の説明で貰った入社当日の案内には

「服装・私服で結構です」と
確かにそう書いてありました。

ですが…私は疑り深い(?)ので
”スーツを着ていけば確実だろう”ということで、
私服可の入社当日にも、あえてスーツを着ていきました。

会社に着くまでは
「一人だけスーツで…なんてことになるかも?」などと
思っていましたが、
実際には、そんなことはありませんでした。

実際に到着し、私と同じ新入社員の面々が待機している
場所で広がっていた光景は…
全員スーツでした(笑)

皆、私と同じ判断だったのでしょうか?
私服で結構です、と書かれていたのにも関わらず、
そこに私服姿の人間はおらず、全員スーツだったのです。

私はスーツを着てきてよかった!と
心から思いましたね…汗

別に「私服で結構です」と書かれていたので、仮にこの時
私服を着ていたとしても、何か言われることはなかったかとは
思いますが、それでも周囲からすれば「浮いた」
存在に見えたことはたしかでしょう。
恐ろしいものですね。

私服OKなら私服を着て行っても…?

別に問題は無いかと思います。
会社側がOKと言っている以上、会社から
怒られたり、注意されたりすることはないでしょう。

ただし、会社側の都合と、先輩方の都合となると
話は別です。

会社上層部は確かに「OK」を出している側ですから
何も言わないとは思います。

ですが、社員個人個人の考えは
会社とは異なる場合もあるでしょう。

例えば
「何だアイツだけ私服で」みたいに感じる先輩社員や
「あいつだけ浮いてるじゃないか笑」みたいな先輩社員も
確実に存在する、そういうお話です。

会社はOKでも、社員一人ひとりが受け入れてくれるか
どうかは分からない、ということですね…。

勿論、私服OKと案内があった以上、
ペナルティが与えられることは考えられないですが、
社員たちからは何か言われたり、ネタにされたりしてしまう
可能性も0ではありません。

また、もしも私服を着ていくのであれば、
私服は別にOKだとしても、
社会人としてはふさわしくない私服を着ていくことはNGです。

あまりにもラフすぎる格好や、
みっともない格好などはしていかないようにし、
節度を守った私服を着ていくように心がけましょう。

無難な選択

入社初日の案内に「私服でも大丈夫です」と書かれている場合、
どうするのが一番安全な方法なのか。

入社初日から浮いてしまったりするのは、やはり誰だって
避けたいはずです。
何事も無ければ、その後も長い年月勤める会社になると
思いますからね…。

こういう場合、一番無難なのは
「スーツを着ていく」ことです。

もちろん、私服と書かれている以上、私服でも
構わないのですが、私のケースのように、周囲の人が
全員スーツだったら…?
やはり、いくらOKになっているとはいえ、
他の人からすれば浮いて見えるのは間違え有りません。

先輩社員からすれば
私服OKということも知らずに
「なんだアイツ?スーツの場に私服かよ」となるかも
しれませんし、同じ新入社員たちのあいだでも
「一人だけ私服だった」という話が広がってしまうかもしれません。

なので、やはりスーツを着ていくのが確実でしょう。

仮に、逆に回りが全員私服だったとしても、
お堅い印象は与えるかもしれませんが、
全員スーツ、自分は私服よりもイメージ的なダメージは
最小限で済むと思います。

なので、やはり一番無難な方法は、スーツを
着ていくことではないでしょうか。

まとめ

世の中のホンネと建前って難しいですよね。
私服でOK、と書かれていても、新入社員たちは気を遣って
スーツを身にまとい、結果、全員がスーツ…なんてことに
なってしまう世の中ですからね…

ですが、そういう世の中である以上、
やはり、流れに合わせておくのは、大切な事なのかも
しれません。
一人だけ浮いてしまう、というのはやはりそのあとの
ことを考えると、良い事ではないですからね…。