終身雇用が破綻した時代!生き抜くために大事な心構えは?

終身雇用…
採用されてから定年まで、その会社での雇用が
行われることで、
昔はこれが当たり前のような世の中でした。

新卒で会社に入社したら
その会社でずっと定年まで働いていく…
という時代ですね。

ですが、今はそうではありません。
終身雇用、などという言葉はいずれ無くなるかもしれませんし
そもそも既に破綻していると言っても良いでしょう。

会社が倒産することもあります。
リストラが行われることもあります。
大手の会社でさえも「終身雇用は難しい」などとトップが
発言しています。

もし、終身雇用の保障されない時代が到来しているのです。

そんな時代になってしまった以上は、働く側も
考えを変えなくてはいけません。
では、どんな部分に気をつければ良いのか
大切な心構えをまとめていきたいと思います。

終身雇用は終わった!そんな時代の心構え

もちろん、終身雇用が行われている会社もあります。
ですが、そういった会社も業績が悪くなれば
倒産する可能性は十分にありますし、
リストラに踏み切る可能性だってあるのです。

また、社員を使い捨てにするような会社も
増えているのが事実ですし、
非正規雇用も増えています。

安定した終身雇用が行われる時代は、
もはや完全に終わったと断言しても
良いでしょう。

では、そんな時代に生き抜くためには。
その心構えを見ていきましょう。

会社に尽くす必要はない

まず、会社側も社員を切り捨てる時代ですから
働く側も必要以上に会社に入れ込んだり
しないようにすることが大切であると思います。

会社に人生を捧げたり、
プライベートまでに犠牲にしたり、
そこまでする必要はない、と言うことです。

必要以上に会社に愛着を抱いたり、
情を抱いたりすることは、今の時代では
マイナスに働きます。
あくまでもビジネスライクに会社と
付き合っていくことが、これからの時代、
大切になってくると思います。

会社は社員を利用する。
で、あれば社員も会社を体よく利用する。
そういうことです。

本当に、そのぐらいの考え方でやっていかないと
一方的に会社に酷使されて
切り捨てられてしまう人生になってしまうますから
注意するようにして下さい。

貯金をしておく

今の世の中、突然のリストラや倒産も
あり得る話です。
正社員になったからと言って、安定した人生を
歩むことができるとは限らない世の中になっており、
突然、収入源が途絶える可能性も十分にあります。

もし、突然自分の収入源が絶たれてしまうと、
途方に暮れることになってしまいますし、
生活もできなくなってしまいます。
次の仕事を探すにしても、年齢によっては非常に厳しい
就職活動を強いられることになってしまい
すぐに仕事が見つかるとも限りません

失業手当などがあるとは言っても
それも、限りがありますし、
一度職を失ったら次に安定するのはいつかは
分かりません。
そのため、余裕があるときに、
貯金できるのであれば貯金しておく、
ということも大切になります。

今の世の中、貯金できるほどの余裕が
ない人も多いですが、もしも貯金に回せる
余力があるのであれば、
貯金に回すようにしておき、
いざという時に備えることも大切です。

例え、安定した年収がある仕事についていても
終身雇用が崩壊している現代において、
それがずっと続くとは限りません。
今年、年収400万円だったとしても
来年は限りなく0に近づく可能性も
充分にある、ということです。
よほど安定した職業でもない限り、
未来のことなんて、誰にも分からないのです。

別の収入源を確保しておく

これも大事なポイントになります。
先ほどから書いている通り、
終身雇用の時代はとうに終わりました。
そのため、一つの収入源に頼っていると、
いざという時にどうにもならなくなってしまい、
生活ができなくなってしまう可能性も
十分にあるのです。

可能であれば自分の身を守るために
別の収入源を確保しておく、
ということも大事になるでしょう。

つまりは「副業」です。
会社によっては副業禁止の会社などもありますから
注意が必要ですが、
今の時代はネットでもある程度であれば稼ぐことができます。
ブログもそうですし、商品を紹介して収入を得たり、
クラウドソーシングと呼ばれる方法もあります。

そういった手段を利用して、
例え少しであっても”サブの収入”を確保しておくということは
とても大切なことになります。
本業の収入以外にも収入があれば、万が一、上で書いたような
リストラなどによって職を失うようなことが
あったとしても、その収入がある程度の助けに
なってくれる可能性もあります。

また、これは、そう簡単にはいきませんが、
そのうち、副業が成功して、それが本業になるような
ケースも人によっては存在します。
そうなれば、もはや、終身雇用云々には
怯える必要も無くなります。

本当に、今の世の中は
自分の身は自分で守る、
つまり”自己防衛”が大切になる時代でもあるのです。

大きな買い物は避けた方がいい?

ローンを組んで購入したりする
”大きな買い物”は避けた方が良い場合もあります。
終身雇用が崩れた今、
車や住宅を購入した際に組んだローンも、
そのまま払い続けられる保証はありません。

住宅ローンも車のローンもそのまま
支払いつづけられる保証はどこにもない、
ということですね。
ですので、よっぽど安定している場合を除いては
安易に車や住宅を買うこともできないのが
今の世の中ですし、
大きな買い物をする場合の決断は
本当に慎重にしなくてはいけません。

軽い気持ちで決断してしまって
どうにもならなくなってしまった!などということになれば
本当に大変なことになってしまいます。
そのようなことになってしまわないためにも、
家や車などなど、大きな買い物をする際には
本当に慎重に考える必要があるかと思います。

若者のクルマ離れ、などという言葉もありますが
その原因のひとつとなっているのが”コレ”だと思います。
終身雇用は保証されず、この先自分がどうなってしまうのかも
分からない…

そのような時代では、やはり不安は付き纏いますし、
なかなか購入に踏み切ることができないのも事実でしょう。
車から若者が離れた、ということもあるかと思いますが
お金や安定が若者から離れた、ということも
事実であると思いますし、
今の世の中の状態では、さらに車離れは加速することに
なるのは間違いないでしょう。

安定した職業に就く

仕事を選ぶ、ということも難しい時代ではありますが
安定した職業につく、ということも一つの
対策にはなりますね。

ただ、大企業であっても今の時代は
安定など得ることはできません。
大企業でもリストラなどは定期的に行われていることですし、
もはや終身雇用は大企業であってもとっくの昔に
崩れ去っていると言っても、過言ではないでしょう。

一番安定しているのはやはり「公務員」でしょうか。
なるまでが非常に大変ですが
公務員であれば、よほどのことが無ければ
首になったり解雇になったりすることはないでしょう
(人間関係が難しいことには変わりありませんが…)

そのため、公務員を目指す、という人も
増えているのは今の時代の流れにはなりますね。

まとめ

終身雇用が崩壊した現代。
なかなか厳しい時代であり
自分の将来を非常に予測しにくい世の中に
なっているのは確かです。

ただし、この流れは今後も
さらに拡大していくでしょうから、
自分で自分の身をしっかりと守る、ということは
今以上に必要になってくるかと思いますし、
そうしないと、いざという時に
途方に暮れてしまうことになりますから、
しっかりと出来る範囲内での備えをしておく、
ということは大切になるかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする