会社人間の注意点!会社が全ての人が気を付けるべき7つの注意点!

店員Kです!

世の中には、会社人間と呼ばれる人達が居ます。
会社が人生の中心点になってしまい、他のことに対する
興味などを失ってしまっている人たちのことです。

会社人間が悪い事かどうかは分かりません。
人間の生き方は自由ですし、他人に迷惑を
かけさえしなければ、別にどのように生きたって構わないと
私は思います。

ですが、会社人間には注意点もあります。

今回の記事では会社人間の注意点を
まとめていきたいと思います。

会社人間の注意点!

その名の通り、会社が全て!というような状態の人の事を
示す会社人間。
家族持ちで会社人間だったりするのであれば問題だとは
思いますが、同居家族がおらず、誰にも迷惑を
かけていないのであれば、会社人間であっても
別に悪い事ではありません。

が、会社人間として生きるのであれば注意するべきことも
色々とあります。
それをちゃんと把握せずに、会社人間をやっていれば
いずれ壁にぶち当たったり、トラブルになってしまったり
することも十分に考えられますから、注意が必要です!

では、その注意するべき点とは何なのか。
順番に見ていきましょう。

①家族が居る場合…

家族が居る場合、会社人間は非常に悪い印象を持たれます。
家族からすれば「どうして会社のことばっかり考えるんだ」と
感じるのも仕方のないことです。
家族持ちの方の場合は、会社人間になってしまうのは
良くありません。

場合によっては家族関係の破綻を招き、
修復不能な状態に陥ってしまう、なんてことも十分に
考えられるのです。
家族が居る場合は、会社のことを考えるのも良いですが、
少しは家族のことを考えてあげる必要もあります。

また、休日や仕事終了後など、
オン・オフの切り替えもしっかりと行う必要があります。
ずっと仕事モードではいけないのです。

②人間関係にも注意

プライベートで人付き合いがある場合は、
例え会社人間であっても、それを隠そうとしたり、
多少の時間を取ろうとする努力は必要です。
常に会社の方しか向いていなければ、いずれその関係は
破綻します。

友人を失う可能性も大きいですし、
恋人などを失う可能性も高いでしょう。
会社人間として生きるということは、
こういうプライベート上の人間関係を犠牲にしてしまう
可能性もあるのです。

人間関係なんて…!という場合は別に仕方がないとは
思いますが、人とのつながりを残しておきたい場合は
自分の立ち回りについても考える必要があります。

③休みの日はしっかり休む

会社人間であっても、休みの日はしっかりと休むように
してください。
これができないと一種の病的状態です。

どんな会社でも(一部ブラック企業は除き)
休日はしっかりと与えられているはずです。
会社から指定された休日に、会社に行ったりせずに
しっかりと休むようにしてください。

何か趣味ややるべきことを休日に見つけることが
できるのが一番良いですが、
どうしても、やることが無い場合でも家で大人しく
していてください。

会社のことを考えるのは自由ですが、
間違っても、会社に足を運んだりだとか
家で会社の仕事をやったりはしないようにしましょう。

これ、会社側からすると
”休みを与えたのに休んでくれない社員”というのは
非常に面倒くさく、厄介な存在です。

”自分が行けば会社も助かるだろう”という考えを
持っているのだとしたら改めて下さい。
会社からは逆に迷惑に思われている可能性もありますし、
勘違いを続ければ、逆に会社の内部評価などを落としてしまう
ことにもつながりかねません。
休みはしっかりと、休む。これは大事な事です。

④自分の生き方を強要しない

会社人間が出世したりして、上の立場に行くと、
時に”おかしな考え”を抱き始める可能性があります。
それが”自分がこんなに働いてるんだから、みんなも
もっと働けるはずだ”という考え。

それは、間違えです。

会社人間であれば、確かに残業なども多くこなし、
仕事時間としては、長くなる傾向にあるかもしれません。

ですが、それは自分が好きで勝手にやっていることです。
間違っても、それを部下や後輩などに強要することが
あってはなりません。

私も、ブラック企業に勤務していた際に、
会社人間の本部の人間から
「自分のときは2か月休みなしで働いた」などと、
あたかも”それが普通”かのように言われたことが
あります。

普通じゃありません、それは異常です。

会社人間で居ること自体は別に構わないとは思います。
ですが、その”会社人間”を強要するようなことだけは
絶対にあってはなりません。
自分は自分、人は人、なのですから。

それに、会社人間と言う生き方は
やはり”一般的”でないのは事実です。

⑤退職時のことも考えておく

会社と言うのは、いつかは、退職することになります。
自分が社長にでもなれば、生涯会社に関わることに
なるかもしれませんが、
雇われの立場であれば、退職すればそれでおしまいです。
もう、それ以上のことはありません。

ですが、会社人間の人たちにとっては
この退職時が問題。

人生の全てを失ったような喪失感に襲われて
おかしくなってしまうような人が実際に存在するのです。

そうはなってはいけません。
なのでやはり、常日頃から自分の趣味の一つや二つは
見つけておくことをおすすめします!

会社人間になっても
”100パーセント会社”という
過ごし方はやめた方が良いです。
何らかの理由で退職することになったとき、
壊れてしまう可能性も高いですから…。

定年退職、リストラ、会社自体の倒産、
などなど、退職になる要因はたくさんあります。
会社は人生そのものになることはない、
雇われの場合は簡単に捨てられる可能性もある、
ということは覚えておきましょう。

⑥会社から重宝されるとは限らない

会社人間が会社から重宝されるかどうか、
これは、分かりません。
会社からすれば、案外、会社への依存度が高い人間は
鬱陶しい存在となってしまうことも。

また、会社へのイエスマン的な行動にも注意が
必要です。

以前、イエスマンで、休みナシで働くような
典型的な会社人間が居ましたが、
その人の上司は「あいつはあんまり良くないからなぁ」などと
言っていました。

このように、会社人間は”表面上”重宝されることも多いですが、
裏ではどう思われているかなんて分からないものです。

⑦体調管理に注意

会社に尽くすあまり、自分の健康方面に目が
向かなくなってしまってはお話になりません。
本当に大事なのは自分自身か、それとも会社か。

まずは、自分の体の健康状態だけでもしっかりと
把握するようにしましょう。
治療を受けるべきものはしっかりと治療を受けること、
これを徹底して下さい。

仮に体調不良を起こして倒れでもすれば
”大好きな会社”からしても迷惑な存在になってしまいます。

会社人間で居ることは構いませんが、
体調管理をしっかりできない人は、社会人として失格です。
調子悪そうにしていれば、周囲からしてみても、
気になるものですし、目障りな存在になります。

自分の体調管理だけは、せめてしっかりと
やる必要がありますよ!

まとめ

会社人間で居ること自体は自由です。
ですが、他人に迷惑をかけたり、度を超した会社人間に
ならないようには注意が必要です。

そして、やはり人間であるのですから
少しは会社以外の部分に目を向ける必要もあるかと思います。
退職時や休日などの過ごし方が分からない、というのは
危険信号であると考えます。

会社以外の部分にも目を向けて、一つでも良いですから
趣味となるものや、朝鮮するべきものなどを
発見することは、とても大切なことですからm
忘れないようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする