単純作業に向いていない人!やらない方がいい人の7つの特徴!

仕事
スポンサーリンク

単純作業…
これも、大事な仕事のひとつです。

機械化されている仕事も
多くなって来てはいますが、
まだまだ人間の手による仕事も
大事なことですし、誰かが単純作業を
やらなければ世の中が回らない、
というのもまた事実でしょう。

単純作業を甘く見ている人もいますが
決してそうではなく
単純作業もまた、とても
大事なモノなのです。

ですが、人間には誰にでも
得意・不得意があります。
シンプルな仕事に向いていない人に
とっては、本当に拷問のように
感じてしまう部分も
あるかと思いますし、
とてもつらいと感じるかと思います。

もしも、仕事を選ぶ際に、
”向いていない”人がそういった仕事を
選んでしまえば、長続きはしないでしょう。

では、どのような人が単純作業に
向いていないのか。
それをご紹介していきたいと思います。

こんな人は要注意!

単純作業に向いている人、向いていない人。
世の中には色々な人がいますから
どちらの人も存在します。

向いている人にとっては
単純作業は楽園にもなりうるものですが
逆に、向いていない人がそれをやる、となると
地獄のような苦しみを味わうことに
なってしまう、というのもまた事実なのです。

そのため、自分自身の性格面などをしっかりと
考えてみて、判断していく、ということもまた
大事なことになるのです。

では、どのような人が向いていないのか。
それを見て行きましょう。

①同じ日常の繰り返しが耐えられない人

まず、同じ日常の繰り返しが耐えられない人には
単純作業の仕事は向いていません。
もちろん、毎日全く同じことを
するわけではありませんが、
それでも「似たようなこと」を繰り返すのは事実です。
それが耐えられないのであれば、
こういった仕事は向いていませんし、
おそらく1年と持たずに堪えられなくなります。

場合によっては何年、何十年と
同じ作業を続けることになるかもしれません。
それに耐えられるのかどうか。
それをじっくり考えてみて下さい。

②変化を求める人

同じことの繰り返しに耐えられない、と被る部分でも
ありますが、仮に耐えられたとしても
何らかの変化を求める人には
単純作業の仕事は向いていないでしょう。

基本的に単純作業の仕事には「変化」はありません。
もちろん小さな変化はありますが
大きな変化はないので、
何か新しいことを常にやっていたい人、
新しい人間関係などを欲する人、
出世していきたい、転勤したい、など
色々な意味での「変化」を求める人には
こういった仕事が向いていない、というのは
紛れもない事実でしょうし、
そのうち耐えられなくなるでしょう

③寂しがり屋

寂しがり屋の人には
単純作業は耐えられない作業に
なってしまう可能性もあります。

基本的にこういった仕事は
他人と関わりながら、というよりかは
黙々と一人で仕事をこなすような
作業になることが多いです。
接客業のように、お客様が存在するような
仕事でもありませんから、
人との関わりを求めるような人に
とっては非常に辛い仕事となってしまうことは
事実でしょう。

同僚との関わりに関しても、
コミニュケーションがまったく0、というわけでは
ありませんが、比較的少なくなる、
というのは事実だと思いますし、
他人と話をしながらやる、というよりかは
ひたすら没頭するような、そんな感じの
仕事になることが多いです
(単純作業にも色々ありますから、一概には言えませんが)

そのため、
人と話をしていないと
寂しくなってしまう人だとか
そういった人には
向いていないのは事実です

④考え事・空想・妄想ができない

単純作業において
時間を潰すための大事なことが
「何かを考えること」です。
考え事や空想などをいつでもどこでも
できる人、というのは単純作業にも
なかなかの強さを発揮するかと思いますが、
逆に「それができない人」にとっては
かなりきつい仕事になってしまうというのも
事実です。

単純作業と言えども仕事ですから
基本的に仕事中に小説を読んだり
テレビを見たり、漫画を読んだり、
そういったことはできません。
しかしながら、作業自体は単純な作業なので
大事なことではありますが、同時に「ヒマ」であるのも
また事実なのです。

そんな場合に重宝するのが「空想」
つまり、自分の頭の中で色々なことを
考えて時間を潰す、ということです。
これが出来るのか、出来ないのかでは
大きく変わってきます。

何かを想像したりすることが苦手な人に
とっては、単純作業による仕事は
なかなか厳しいものがあると思います。
時間が経過するのも遅いでしょう。
ただ、自分の世界に没頭できる人にとっては、
単純作業はむしろやりやすい仕事と言えるかもしれません。

例えるならば、
病院の待合室でスマホなどを何もいじらずに
何か考え事をして、ストレスを溜めずに
待てるのかどうか。
自分でそれを想像してみると良いかと思います。
それが出来るのであれば単純作業にも
向いているかもしれませんし、
それが出来ないのであれば、逆に
単純作業への適性はあまりないと
言えるかと思います。

⑤飽きっぽい性格の人

単純作業による仕事は毎日同じことの
繰り返しになる、というのも事実です。

どんな仕事も
長年続けていれば飽きてくる、というのは
確かなことだとは思いますが
単純作業の仕事の場合は
より飽きるのが早いでしょう。

飽きっぽい人にとっては
上でも書いた通り、同じ作業の
繰り返しを毎日毎日していくわけですから
非常に辛い部分もあるかと思います。

自分が飽きっぽいと感じるのであれば
単純作業を繰り返し行う仕事を
やるのは、なかなか難しい部分もあると思いますし
仮に仕事を始めたとしても
そう長くは続かないと思います。
何か別の仕事の選択肢があるのであれば
そちらを選んだ方が絶対に良いでしょう。

⑥眠くなりやすい人

単純作業と言っても、
ちゃんと作業をしなくてはなりません。
慣れてくると何か想像しながら
作業をするようなことは安易に出来るように
なるとは思いますが、
流石に寝たまま作業をしたりだとか
そういったことは無理がありますし
厳しいかと思います。

しかしながら、中には
同じような作業をしていると
すぐに眠くなってしまう!というような
人もいるのではないかと思います。
そういった人にとっては、単純作業は
少し厳しい部分があるのも事実ですね。

どうしても、同じようなことを
繰り返していると、
人によって個人差はありますが
眠気に襲われるものです。

すぐにウトウトしてしまうような
感じの人には
単純作業は向いていない、と言えます。

⑦精神的な問題

単純作業は、人によっては
精神的に悪影響を与える可能性があります。
これは、どういうことかと言うと、
人と接する場面があまりないことや
毎日同じ作業を繰り返す、ということによって
人によっては精神的に
参ってしまうようなこともあります。

精神的に強い・弱いの問題ではなく
このあたりは相性の問題ですから
自分に合わないと感じるのであれば
無理をせずに、別の業種などを見つけた方が
自分のためにも、精神的な部分のためにも
なりますから、
しっかりと自分と単純作業の愛称が
合うのか、冷静に見つめなおしてみることも
大事になって来るかと思います。

まとめ

単純作業は良くも悪くも
同じことの繰り返しです。
毎日毎日同じようなことが
繰り返されるのです。

ですが、人によっては、
そういった環境が適していると感じる人もいますし、
逆に地獄のような苦しみになってしまう人もいると思います。

人によって、何事にも合う・合わないということは
ありますから、しっかりと事前に考えて
やっていく、ということが大事になります。
自分の性格を良く考えて、判断するようにしていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました