職場でいじめられる人の特徴は?ターゲットにされないためには?

この記事は約6分で読めます。

職場でのいじめ…

そういったもののターゲットに
されてしまうと
本当に辛いものですし
仕事が苦痛になってしまいます。

場合によっては怪我をさせられたり
モノを壊されたりと言った
「実害」が出てきてしまうようなことも
あるかと思いますし、
さらに酷い場合、
自分が精神的に壊されてしまって
再起不能のような状態に追いやられてしまう
可能性も十分にありますから
注意をしなくてはいけません。

では、どのような人が職場いじめの
ターゲットにされやすいのでしょうか。
その点をしっかりと理解し、
職場いじめに巻き込まれないようにしていく、
ということも一つの大事な防衛策になります。

スポンサーリンク

職場いじめの標的になりやすいのは…?

もちろん、人間には色々な人がいますから
これから書いていくような部分がない人でも
職場いじめのターゲットになってしまう可能性は
充分にありますし、
どんな人であったとしても
職場いじめのターゲットに100パーセント
ならないようにする、という方法はありません。
運など、色々な要素が積み重なって
職場いじめのターゲットにされてしまう可能性は
充分にあることなのです。

ですが、そういうターゲットになってしまう可能性を
”少しでも”下げることは充分に可能です。
どのような特徴があるとターゲットになって
しまいやすいのかを、見ていきましょう。

容姿によるもの

悲しいことですし、本来あっては
ならないことですが
ザンネンなことに”容姿を理由としたいじめ”は
子供でも大人になってもあることです。
容姿の問題でいじめを受けてしまうと
本当にどうにもならないのですが、
人間とはそういうものですから、
容姿が原因でいじめを受けることになってしまう
可能性は十分にあるのです。

こればっかりは本当に
どうすることもできません。

対処するとすれば、後述する他のポイントに
気を付けることぐらいしかありません。

ただ、”容姿”と言っても
”身だしなみ”の部分の場合もあります。
この場合は自分である程度改善できると思いますから
身だしなみが原因になっている場合は改善しましょう。
例えば髪がボサボサだとか髭をそってないだとか
メイクが濃すぎるだとか、服装がだらしないだとか
そういう”改善できる部分”が原因の場合もあります。
自分自身の見た目自体はどうにもなりませんが
身だしなみの部分はしっかりしておきましょう

病気なども理由の一つに

これもとても悲しいことですが
持病などがあったりして
人と違う部分があったりすると
ザンネンながらいじめの原因に
なってしまうこともあります。
大人になってもそういうことがあるのです。

隠せすのに支障がない持病であれば
ともかく、隠すことができないような持病を
持っている場合、職場にいる人間の
性格次第でそれが原因でいじめに
発展する可能性は十分にあるのです。

これも、本人にとってはどうしようもないこと
なのですが、人間は、そういう部分もある、
ということは覚えておきましょう。

仕事ができない

仕事ができないと、それが原因で
イジメに発展する可能性もあります。
最初は「もうちょっとちゃんとやってほしい」だとか
「迷惑だなぁ」だとかそういった感情だったものが
徐々にいじめの方向にシフトしてしまう、
ということになりますね。

仕事を不真面目にやっている場合でも
本当に、自分とは相性が合っていないような場合でも
仕事ができないとそれがいじめに繋がる
可能性はありますので、注意をしなくてはいけません。

真面目すぎる

真面目すぎる人間は
周囲からすると「うっとうしい」と感じることも
あるものです。
もちろん、真面目に仕事をやるのは良いことですし
上司受けも良いかもしれませんが
同僚などから嫌われる恐れがあり、
イジメに発展するケースもあります。

真面目にやる場合、上手く周囲との関係も
維持できるような工夫をすることも大事になりますし、
あまりにも真面目すぎると周囲から反感を
買ってしまう恐れもありますので、
上手くバランスを取って行くことが大事になります。
非常に難しい部分ではあるのですが
”真面目すぎること”も時にいじめの原因となるのです

優秀すぎる

上で「仕事ができないといじめの原因になる可能性がある」と
書きましたが、その逆もあります。
”優秀すぎる”ことで、いじめの原因になってしまうパターンですね。

これは、周囲から嫉妬されてしまったりだとか
そういったことが原因になるのですが
優秀すぎると、周囲の人間や、場合によっては上司までもが
嫉妬などの感情を抱いて、いじめまがいの行為(あるいはいじめそのもの)を
し始める可能性があります。

「優秀でも、仕事できなくてもいじめの原因に!?」と
思うかもしれませんが
これは本当に周囲の環境次第で
運の要素も関係してくる部分になります。
周囲の人がちゃんとした人なら優秀でもちゃんと
認めてくれるでしょうし、周囲に嫉妬深い人が
多ければいじめの原因になってしまう
可能性があります。

いじめを受けないようにする、という点だけで
考えるのであれば「ほどほどに仕事をする」と
いうのが、一番ベストな立ち位置になります。
何でそんな面倒臭い加減をしなければいけないんだ!
という気持ちになってしまいますが
仕事ができなくてもいじめられるかもしれませんし
出来過ぎてもいじめられるかもしれない…

この世は、そういう面倒臭い世の中なのです

上司に反抗する

上司に反抗することも、決して悪いことでは
ありません。
上司も人間ですから間違ったことを言う可能性は
充分にあるからです。
しかしながら、上司に反抗することによって
上司に目をつけられてしまい、
結果的に上司からいじめられてしまったり、
上司がいじめているから、自分も、みたいな感じで
周囲にもいじめが拡散する可能性もあります。

こうなってしまった場合は状況が悪化する前に
すぐに会社の然るべき部署に相談するようにしましょう。

上司から目をつけられると
いじめの対象になりやすいのは事実です。
もちろん、だからと言って、上司のやり方に
なんでもはいはい従うのはこれもまた
おかしな話ですが、なかなか加減が難しい点で
あるのが現実ですね。

性格上の問題

性格上の問題で、いじめを受けやすく
なってしまう可能性もあります。
まず、大人しいタイプやコミュニケーションが
苦手なタイプだったりすると、いじめに
繋がる可能性は高まりますし、
いじられキャラの場合も注意が必要です、
いじられキャラは一見すると、人気者のような
感じもするかもしれませんが
”いじる”が”いじめる”に変わることがあるのです。
だんだんエスカレートしていってしまうケースですね。
自分がいじられキャラの場合、
いじられがいじめられるに変わってしまわないように
注意が必要です。

他にも、そもそも人間的に問題があるような
性格だったり、我がままだったり、周囲との協調性が
ゼロだったりと、人間的に問題があるような
ケースの場合も、当然、いじめにつながってしまう
可能性があります。

後者の場合はともかく、前者の場合は
自分が悪いわけではありませんし
なかなかどうすることもできない場合も
あると思いますが
いじめられてしまうリスクが高まる可能性がある、
ということは理解しておいた方が良いでしょう。

まとめ

いじめが始まるきっかけと言うのは
本当に些細なことだったりしますし、
酷い場合だと、いじめをしている本人ですら、
何故いじめているのか分かっていないような
ケースが存在するのも事実です。

上で紹介したものも、ほんの一握りであり
細かい理由を含めると、本当に厖大な数の
”原因”が眠っています。
できる限り、そういったことのターゲットに
ならないようにする、ということも
大事なことになってきます。

タイトルとURLをコピーしました