デスクワークの人は要注意!体調を崩さないためにはどうすれば?

この記事は約6分で読めます。

デスクワークの人は
どうしても姿勢などの問題から
腰痛などを起こしたり
肩こりや首を痛み、
目を使う仕事の場合は
目の疲労などを引き起こしてしまったり
する可能性が高まります。

私もどちらかと言うと
デスクワークですが
やはり首や肩が、デスクワークでは
無かったころに比べると
結構調子悪い状態になってしまっています。

仕事がデスクワークの人は
なるべく体調を崩さないように
しっかりと対応していくことが大事になります

スポンサーリンク

デスクワークの健康管理!

仕事がデスクワークの人は、
しっかりと健康管理をすることも
大事ですね。
腰痛だとか首の痛みだとか
そういったものを侮っていると
本当に仕事することも困難なぐらいに
苦しい状態になってしまう
可能性も十分にありますし
何らかの病気に繋がってしまう
可能性も十分にあります。

と、言っても自分の仕事が
デスクワークの場合は仕事をしないわけにも
行かないでしょうから
仕事をしつつ、健康も損なわないように
色々と注意していく必要があるのです。

仕事に、体調に、
色々と面倒な部分はあるかとは思うのですが
しっかりとそれぞれ対処していくように
しなくてはいけません。

私が実際に実践している方法も含めて
デスクワークでも体調を崩さないためには
どのようなことに気をつければ良いのかを
ご紹介していきたいと思います。

環境を整える

まず、デスクワークをする環境が
大事になりますね。
自分に合わないイスなどを使うのではなく
自分がラクなイスを使ったり、
パソコン作業などをしている場合は
パソコンとの距離を最適にしたり、
自分の指や腕になるべく負担のかからない
キーボードを使うようにしたり…
仕事に使うものそれぞれを見直してみて
なるべく自分に負担のかからないような
仕事場を作る、ということが大事になります。

どんな環境が良いかは個人によって
変わってきますのでここで断言
してしまうことはできませんが
色々と試行錯誤しながら自分なりに
一番やりやすく、負担のかからないような
環境を作り出すことが大事になってきます。

職場によっては
なかなかイスを変えたりすることは
難しいと思いますので
自分の出来る範囲で、ということにはなりますが
まずは仕事の環境をしっかりと整える、ということが
とても大事なことになってくるのです。

定期的に身体を動かす

デスクワークの最大の敵が
”身体が固まってしまう”ということですね。
どうしても座っていると身体を動かす機会が
減って来てしまい、身体に負担が
かかることになってしまいますから
定期的に身体を動かす、ということを
大事にしなくてはいけません。

私も最低30分に1回は腕や肩を
動かしたり、立ち上がって
少し身体をほぐしたりするように
しています。

ずっと動かないまま、ということは
体調を崩す原因になりますので
どんなに作業に集中している状態でも
定期的に身体を動かすことは
忘れないようにして下さい。
本当に、大きな負担になってしまいますからね…。

自分の姿勢に注意する

環境を整えて定期的に立ち上がったり
するようにしても、普段、座っている自分の
姿勢が悪いと、結局身体に大きな負担に
なってしまいますから、その点は
気をつけなくてはいけません。

猫背で座りつづけていたり、
足を組んだり、足をだらんと伸ばして
作業をしていたり…そういったことがあると
どんどん身体への負担が蓄積されていくことに
なりますので、出来る限り背筋を伸ばして
しっかりとした姿勢で
デスクワークに臨むことが大切になります。

確かに眠くなって来たり
なんとなくもやもやしたりしてきて
姿勢が悪くなってしまう、なんて
気持ちは分かるのですが、
体調不良にも繋がってしまう
重大なポイントになりますから
このあたりはしっかりと意識をしておき、
姿勢が悪くなってしまわないように
気を付けるようにしましょう!

目の健康にも注意する

デスクワークをしている人は
”目の健康”にも注意をしなくてはいけません。
デスクワークということは
大抵の場合、パソコンなどを使った作業も
あると思いますし、人によっては
ほとんどずっと、パソコンの画面を凝視するような
仕事!という人もいるかもしれません。

ずっとパソコンの画面を凝視していると
当然のことながら、今度は目が壊れてしまいますから
そこのところは注意をしなくてはいけません。

そうなってしまわないために、
ブルーライトカットのフィルムなどを
パソコンの画面などに貼りつけるか、
もしくは自分自身がブルーライトカット眼鏡などを
して、対策をしたり、
疲れ目の対策として疲れ目対策の目薬などを
利用したりすることが大事になります。
ブルーライトをカットする眼鏡であれば、
100円ショップなどでも販売されていますし、
疲れ目対策の目薬も安いものなら300円以下で
購入することができます。
そうお金のかかるものではありませんから
デスクワークの場合はしっかりと対策を
しておくことををおすすめします。

また、そういったものを用意しなくても、
「日頃から瞬きを意識する」ことや
「視線を時々ずらす」ということも
対策の一つになります。

パソコンなどを凝視していると
目への負担が強くなってしまいますから
ずっと画面を見続けるのではなく
時々視線を逸らしたりすることも大事になりますし、
瞬きなどを意識的にすることによって
目への負担を少しでも減らすことが可能です。

瞬きや視線を逸らすだけであれば
お金も時間もかかりません。
ただ、自分の中で少し意識をしておくだけで
出来ることですからしっかりと覚えておくと
良いかと思います。

私もパソコンでの作業が多いので
一か所を見つめ続ける状況に
なってしまわないように
いつも視線を時々ずらしたりしています。

運動をしっかりと行う

運動を日頃からしっかりと
行うようにする、というのも
一つの大事なポイントになりますね。

当然、デスクワークをしていると
上のような対策をしたところで、
身体を動かす量は、減ってしまうことは事実です。
そのため、通勤を自転車で行うだとか、なんでもいいので
生活の中に少しでも運動の要素を
取り入れるようにした方が、良いでしょう。

健康のためにもなりますし
運動しないと、体質にもよりますが
やはり体重なども増えてしまう可能性が
ありますから、
そういった部分はしっかりと対応を
行っておくと言うことが
大事になります

体調を崩した場合

上のような点に注意を
していたとしても、
場合によっては体調を崩してしまう
可能性は十分にありますし、
注意していない場合は、より体調を
崩してしまう可能性が高まってしまうのも事実です。

もしも体調を崩してしまった場合に大事なことは
”くれぐれも無理をしない”ということですね。
目にせよ、首や肩の痛みなどにせよ、
無理をして放置していると、その症状はどんどん
悪化していってしまいます。
そうなってしまわないためにも、
早い段階で対応をするようにし、
無理だと感じたら病院などで
しっかりと診察を受けるようにしましょう。

私は目が壊れました(汗)が、
後から後悔しても、本当に遅いので
自分で無理だと判断したら
無理はしないようにしましょう!

まとめ

デスクワークは何も考えずに
続けていれば必ずいずれ
体を壊す原因になってしまいますから
その点はしっかりと理解しておき
注意をしなくてはいけません。

デスクワークの仕事をしている場合
上記のようなポイントをしっかりと
理解しておき、なるべく身体が壊れてしまわないように
健康に気を使っていく必要があります。

人間、一度壊れてしまうと
なかなか回復できませんからね…。

タイトルとURLをコピーしました