酷すぎる!お年寄り・高齢者のマナーの欠如 接客業で思うこと。

店員Kです!

お年寄りのマナー。
接客業をしていて、最近あまりにもひどいと感じたので
申し訳ないですが書かせてもらいます。

先日、店内に小さな子供が居る時のお話。
後から入ってきたおじいさんがズカズカと店内を歩き、
子供にぶつかり、子供を倒していきました。
当然、小さな子ですので、泣きだします。

しかし、おじいさんは一言「邪魔するな」と。

お子様の保護者も唖然。

流石に酷すぎです。

今まで何を学んで生きてきたのでしょう?

もはや現代において、
お年寄りがお手本ーーなんて時代は終わったのかもしれません。

私は長年接客業をやっていますが、
中にはマナーの悪いお客様がいるのも事実です。

時々「よくそんな態度で店を利用できますねぇ」と言うような感じの
酷い方がいらっしゃることもあります。

勿論、非常識的な方はどの年齢層にもいらっしゃるのですが、
最近、接客をしていると、特に思うのです
「ご高齢の方のマナー違反も結構酷い」…と。

勿論、穏やかな方もいらっしゃいますし、
人生の手本となるような、立派なふるまいをされている方も
いらっしゃいます。

…が、とんでもないお年寄りも数多くいます。
しかも、それが年々増えている印象です。

今回は、お年寄りの店舗でのマナーについて話していきます。

スポンサーリンク

お年寄りのマナー違反

正直なところ、昔は「お年寄りの方は尊敬するべき存在」だと思ってましたし、
労わるべき存在だとも思っていました。

が、ザンネンなことに接客業を始めてから次第にその思いが
薄れていってしまってます。。
それだけ、非常識な方を多く目にしてきたというわけです。

横暴な1面や、自分勝手な行動、人を何とも思わないような言動。
そう言ったものを繰り返し見せられていると、人は愛想が尽きていくものです。

勿論、多くの方は平穏な、普通の方ですし、
良い方ばかりなのは分かります。

ただ、学校で一人の生徒が大問題を起こせば、
その学校全体が悪く見られてしまうように、
お年寄りの方のごく一部が横暴な態度をお店などでとっているだけで、
お年寄りの方全体のイメージが損なわれていってしまいます。

正直な所、言いたくはないですが
「こんな人達に年金を払っているのか」とすら
思えてきてしまいます。。

店の利用マナーが悪すぎ

お年寄りの方の店の利用マナー。
これが年々悪くなっているように感じます。
(一部の方の話です)

迷惑行為の中で多いのが
・何でも自分中心になってしまっている

パターンでしょうか。

周囲のお客様の迷惑を考えずに、自分のしたいこと、
自分中心の行動をする方。
そして、周囲に迷惑になっているのでこちらから仕方なく
指摘をすると、物凄く不愉快そうにする方、
自分の思い通りにいかないと唐突に不機嫌になる方。。

5年以上の接客業を通して、こういう方と何度も遭遇しました。
勿論、若者にもマナー違反の方は居ますが、
それ以上にタチの悪い方が多いのです。

私の小さい頃、お年寄りに抱いていたイメージは
”幻想”だったのですね。
とても残念です。

事例①店を封鎖

おばあさん二人組。店の入り口のドアの前に仁王立ちし、
お二人で雑談をは始めました。
入り口は広くないので、当然他のお客様の出入りに
相当な邪魔になっています。

私も少しであれば仕方がないと目をつぶっていました。
しかし、一向に道をあける気配がなく、
お客さんが出入りするたびに嫌そうな顔をする始末。

仕方がないので、大声でゲラゲラ笑うおばあさんたちに
「申し訳ありませんが出入り口になっておりますので」と
お伝えしたところ、
案の定、イヤそうな顔。

そして「やーねー」と捨て台詞を残して立ち去って行きました。
そういうのは私道でやってください。お願いします^^

事例②態度悪すぎ

とあるおじいさん。レジにやってきて、商品をカウンターに叩きつけるように
して置きました。
まぁ、、接客している側からすると気分の良いものではありませんが、
こういう感じの方は結構居るので日常茶飯事です。
天気予報が外れるぐらいの確立で、こういう人は現れますから(笑)

しかし、この方は違いました。
商品を用意している最中に「早くして」と愛想悪くタメ口。
(商品準備に特別時間がかかったわけではありません)

さらにはお金を投げるようにして支払、
アゴでお金を示し(態度最悪です)
更には商品を袋に入れたところ、無言で袋から取り出し、
袋をぐしゃぐしゃにして、レジ横のゴミ箱にポイ!

そのまま無言で立ち去って行きました。

「ありがとうございましたー
(もう来なくて良いです)」

事例③八つ当たり

ある日、店舗とは無関係の郵便局のバイクが店の前に
止まっていたことがありました。
そして、それを見たお年寄りの方が店の中に入ってきました

「外のバイクは何だ!」…と。

聞けばそのバイクが丁度点字ブロックの上にあったとかで…。

確かに、それはいけないとは思いますし、
指摘は良いと思うのですが、
お店は郵便局ではありません。

しかしながらその方は、執拗にお店にクレームをつけ続けました。

そして
「お前らが郵便局に電話しておけ!」と。
何故いきなり”お前ら”呼わばりされたり、郵便局への連絡を”命令”されたり
しないといけないのでしょう?

その方は悪びれる様子もなく、横暴な態度のまま店を出ていきました。

そして、数時間後にわざわざ店に電話をかけてきて
「お前らもう郵便局を利用するな!」と。
(止まってたバイクは店とは無関係でしたが、お店も郵便局を
ネット販売の発送などで、利用していました)

全く意味が分かりません。
この話は流石に理にかなっていないので、
「それはできかねます」とお断りし、
捨て台詞を残してお年寄りは電話を切りました。

後々、郵便局から店側にもお詫びがありましたが、
聞けば、その方は郵便局には直接何も言ってこなかったとのこと。

電話できるなら郵便局に直接電話すれば良いのに…。
きっと、弱い立場の人間
(その時の勤務先は20代アルバイトさんがメインでした)に
捲し立ててストレスでも発散していたのでしょう。

非常に悲しい出来事でした。

事例④心無い言葉

ある日。お店でとある人気商品が品切れの時のこと。
おじいさんが、その商品を購入しに来ました。
人気商品なので、品切れであることをお伝えすると、
「何だ、無いのか。役に立たないねここは」と謎の嫌味。

その当時、その商品は、どこでも売り切れている人気商品。

それが品切れで、お詫びしながらお伝えしたと言うのに
謎の嫌味を言われてしまう始末。

イマドキ、子供でもそんな事言いません。。

その他にも…

書きだすとキリが無いので、省略しますが、
とある商品買取時に「購入した時は1000円だった!」と言って
喚きだしたおばあさんや、
商品の買取価格が気に入らず、その商品をレジに投げつけて立ち去っていた
おじいさん。
商品買取の際に身分証明書の掲示を嫌がり、
挙句の果てに警察の文句を言いだしたおじいさん、、
挙げればキリがありません。

接客業をしていると、お年寄りに対するイメージが
ザンネンながらどんどん悪くなっていきます。。

接客の立場以外でも…

最近は結構、お年寄りのマナー悪化が騒がれているみたいですね。。
バスや電車の座席をめぐる騒ぎなどもよく聞きますし…。

最近、一番驚いたのは歯科での話。
その日は混んでいて、結構待たされました。
が、病院とはそういうものですから仕方がないです。

ですが、おばあさんが受付に顔をだし一言
「16:30の予約なんだけど、まだなの?」と
怒鳴りだしました。。

その時、時刻は16:35。
気が早すぎです。

しかも、同じく待っていた私の予約時間は16:15。
あなたより待ってるんですけど…。

あまりにもそのおばあさんが怒鳴るので、おばあさんは
他の待っている人を差し置いて中に入って行きました。

まぁ、正直 はっ倒してやろうかと思いましたよ(笑)
どれだけ自分中心なんや!と…。

介護で苦しむご家庭も…

勤務先の人に介護でくるしむ人が居ました。
祖父母の横暴な態度に苦しんでいるのだとか。

聞けば、
何かがあればすぐに怒鳴り飛ばし、暴力をふるい、
親切にしても年寄り扱いするなと逆上するのだとか。。

恐ろしいことです。

店員Kには想像できないような過酷な世界が
そのご家庭には広がっているのでしょう。。

最近は介護疲れから疲弊してしまう若い方も多いですよね。
常識を持ったお年寄りであれば、(それでも大変だとは思いますが)
こちらも、敬意をもって接することができると思いますが、
何かしても感謝の気持ちもなく、返ってくるのは暴言、暴力…
これでは参っちゃいますよね。。

お願いします…

接客業の立場からの切実なお願い。
横暴な態度をとっているお年寄りの皆様、
自分中心に物事を考えているお年寄りの皆様、
どうか、もう少し心に余裕を持って、周囲に配慮する心を忘れずに、
お店を利用していただきたいです。

お年寄りの皆様には尊敬できる方もたくさんいらっしゃいます。
ですが、横暴な態度や自分勝手な態度を見せつけられたり、
↑のような歯医者の件や、勤務先の介護の件など、
嫌な部分を見せつけられると、どんどんお年寄りの皆様に対する
イメージが悪くなっていきますし、
嫌いになっていってしまいます。

「最近の若い者は」みたいなことを言う方も居ます。

ですが、「最近のお年寄りの皆様」も酷いです。
年々ひどくなっています。

どうか、これ以上、
嫌なイメージを植えつけないでください。
お願いします。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする