仕事中にコーヒーを飲む際の注意点!気を付けるべき点を理解する!

仕事中にコーヒーを飲む。

そんな人も多いかと思います。
眠気覚ましに飲んでいたり、
特に意味もなくなんとなく飲んでいたり、
人によって色々だと思います。

もちろん、コーヒーを飲むこと自体は
別に悪い事ではありません。

が、コーヒーの飲む量を間違えたり、
体質によっては、逆にマイナスに
なったりすることもありますから、
仕事中にコーヒーを飲む際には、
下記のようなポイントに注意しておくように
すると良いかと思います。

仕事中のコーヒー!注意点は?

仕事中にコーヒーを飲む際には、色々な部分に
気をつけなくてはいけません。
飲んでいる飲み物が珈琲だからこそ注意しないと
いけない部分もありますし、
珈琲以外の飲み物であっても注意しなくてはいけない部分もありますが、
日常的に職場でコーヒーを飲んでいるような場合は
しっかりと注意するようにして下さい。

例え、周囲が全員コーヒーを飲んでいたとしても
別にそれに合わせる必要はないわけですし、
可能ならジュースでもお茶でも、
飲むものは何だって良いのです

では、注意するべきポイントを見ていきましょう。

飲み過ぎに注意

まず、大前提として「飲みすぎ」には注意しましょう。
これは、コーヒーに限らず、どんな飲み物を飲んでいる場合でも
おなじことが言えますが飲みすぎてしまえば、
体調を崩す可能性は十分にあります。

特にコーヒーにはカフェインなども含まれていますから
お茶だとかそういったものと比べても、飲み過ぎによる
リスクは高くなります。
あまり飲みすぎないようにし、ほどほどにしておくのが
コーヒーを飲む際のポイントになります。

とは言え、仕事中だとがぶがぶと飲んでしまう!
という気持ちも分からないでもないです。

そういった場合はコーヒーだけを飲むのではなく、
コーヒー以外の飲み物(お茶など)と上手く
組み合わせながら飲むことにすると良いかと思います。

お腹をこわす可能性

仕事中にコーヒーを飲む際に気を付けたいのがこれですね。
お腹を壊す可能性がある、ということです。
コーヒーに含まれるカフェインなどが原因となり、
個人差はありますが、人によっては
結構お腹に来ます。

場合によっては下痢などを引き起こしてしまう可能性も
充分にあるかと思います。

これは個人差にもよりますが、
自分がお腹を壊しやすいタイプである場合に関しては
より、お腹を壊しやすいですから注意するようにして下さい。

なお、お腹が強いタイプの人でも、
コーヒーをガブ飲みすれば、お腹を壊したりする
可能性は高くなりますから、その点に関しても注意です。

対処法としては、コーヒーを飲む量を減らすしかありません。
自分自身がお腹を壊しやすい場合は特に注意が必要ですし、
トイレにいつでも行くことができるような職場であればともかく、
そうでない場合に関してはより一層の注意が必要になります。

コーヒーを飲んでいればだんだんと自分がお腹を壊すタイプなのか、
それとも大丈夫なタイプなのか、だんだんと判断も
ついてくると思いますから、しっかりと自分自身で判断を
していくことをおすすめします。

トイレが近くなる可能性

これはコーヒーに限った話ではありませんが
大量に飲み物を飲めば、当然のことながら
トイレはだんだんと近くなっていきます。
当たり前のことですね。

お腹を壊さなかったとしても、これは避けられないことですし、
仕事中に気軽にトイレに行けるような環境ではない場合は
困ってしまうと思いますから
ついつい仕事の片手間でごくごく飲んでしまう気持ちも
分からないでもないですが、
飲みすぎには注意するようにしましょう。

カフェイン中毒に注意

仕事中だとついつい片手で少しずつ、
1日するとかなりの量の飲み物を飲んでしまう、
なんてこともあるかと思います。

そんな方が注意したいのが「カフェイン中毒」ですね。

カフェインには依存性があり、人によって
程度は異なりますが、依存を生じてしまう可能性があります。

また、カフェインの過剰摂取によって
思わぬ悪影響を及ぼすことがあるために
その点に関しては注意が必要です。

1日に3~4杯などとも言われていますが
どの程度まで平気かどうかは人によっても異なりますし
過剰摂取になってしまわないように自分自身でうまく
調整をしていく必要があるのです。

ニオイに注意

コーヒーを大量に飲むと、
ニオイが少し残ることがあります。
「この人コーヒー飲んでたな」というのは
分かってしまうようなこともあるでしょう。

納豆だとか、ニンニクだとか、そういったものとは違い、
基本的にコーヒーのニオイを不快だ~と感じる人は
少ないとは思いますが、
重要な話し合いの前や、人と顔を見合わせて話をするような
タイミングの前には、もしも気になるのであれば
コーヒーの摂取は控えた方が
良いかもしれません。

全員飲めるわけではない

コーヒーを飲める人が時々、勘違いしてしまうのは
コーヒーは誰でも飲める、みたいな考えですね。
例えば、後輩や同僚などに飲み物を買っていく際に
何も考えずに、コーヒーを買っておけば良いだろう、
みたいな考えの人もいますが、
コーヒーが苦手な人もいるので、そのことは
覚えておきましょう。

同僚や部下、上司などに飲み物を買っていく場合
コーヒーではなく、お茶にしておいた方が
無難であるかとは思います。
もちろん、お茶もニガテな人はいるかとは思いますが、
それでも、お茶にしておいた方が無難な選択では
あるかと思います。

自分がコーヒーを飲めるからと言って
全員がコーヒーを飲めるわけではない、ということは
覚えておいた方が良いでしょう。

飲み過ぎにはデメリットも…?

コーヒーを飲みすぎると、
デメリットもあります。
メリットも報告されていますが、
コーヒーに限らず、何事もほどほどに、
ということが大切になります。
上でも挙げたような「カフェイン中毒」の懸念もありますし、
「飲みすぎ」は良くないのです。

コーヒーは健康面でプラスになる部分もありますが
薬などと同じように助けになるものも
摂取しすぎれば毒となってしまう…と、そういうことになりますね。
くれぐれも過剰摂取してしまわないように注意して下さい。

どうしても量を飲んでしまう、という場合は
コーヒーの量を決めて、コーヒー以外の飲み物も
飲むようにしつつ、対応していくのが良いでしょう。

コーヒーを飲みすぎることによるデメリットとしては

・心臓への負担
・胃腸への負担
・睡眠障害
・うつ症状の悪化
・めまい
・頭痛
・倦怠感
・ふらつき
・自律神経の乱れ
・イライラ
・肌への影響
・病気リスクの上昇

などが言われています。
医学的な根拠のないものもあるようなので
鵜呑みにはできませんが、
こういったことになっている人もいるのは
事実ですし、コーヒーに限らず、何に関しても
”過剰な摂取”というものはマイナスでしかありません。

こういったことになってしまわないためにも
飲む分量にはしっかりと注意をし
過剰摂取になってしまわないように
気を付けていく必要はあるかと思います。
自分自身でしっかりと注意しながら、
コーヒーを有効活用しましょう。

まとめ

仕事中にコーヒーを飲むのは
悪い事ではありませんし、
適量であれば、健康への悪影響も気にする
必要はないかと思います
(むしろ、メリットも挙げられています)

が、上でも書いた通り
飲み過ぎたりすれば、それは毒になりますし、
お腹を壊すなど、体質的にコーヒーと
相性の合わないような人もいるでしょう。

自分自身でしっかりと考えて
コーヒーの飲み方を工夫していきましょう。

飲む、飲まないは自由です。
あとは、加減を自分でしっかりと行う、
ということだけ大切にして下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする