劣等感を感じてしまうフリーターの皆様へ!劣等感を無くすには?

アルバイト

店員Kです!

フリーターの皆様の中には
「劣等感」をどうしても感じてしまう!という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

ちゃんと働いていて、生活できているのであれば、
カタチはどうあれ、別に悪い事をしているわけではありません。
将来性だとか、色々な部分を心配してしまう気持ちも
分かりますが、劣等感を感じる必要などないのです。

羨ましいだとかそういう感情を持つのは良いですが、
必要以上に自分を蔑んだりだとか、
そういうことをする必要など全くありません。
別に法律に触れているわけでもなく、悪い事を
しているわけでもありませんからね…。

が、そんなことを言われても、どうにもならない!
どうしても気になってしまうんだ!という人も
居ると思います。
そんな方のための、アドバイスを今回は書いていきたいと思います。

フリーターの劣等感を払しょくするためには?

私も、フリーターとして何年間か働いている時期が
ありました。ですので、どうしても気になってしまうという
気持ちも分からないでもないです。
同級生は正社員になって出世して…なんてことも
年齢を重ねればあるかと思いますからね。

フリーターでいる自分に対して劣等感を抱いてしまう。
これは、仕方のないことです。
上でも書いた通り本来、そこまで自分を低く見る必要の
ないことではあるのですが、
気になってしまうものは気になってしまう!というのも
充分に分かります。

フリーターでいることに対して
劣等感を感じてしまう場合、対処法は4つしかありません。

①就職活動を行い、正社員として就職する
②自分で何かを始める(独立)し、個人事業主としてある程度成功する
③フリーターでも、正社員と同程度の収入を得る方法を模索する
④気にしないようにする

劣等感を払しょくする方法は、この4つしかありません。
しかし、見て分かると思いますがどれもそう簡単にできることじゃありません。
劣等感を消し去ることは、そう簡単なことではない、ということですね。
正直な話をすれば、④が出来るのであれば、それが一番
手っ取り早いですし、良いのですが
”気にしないようにする”なんてこができるのであれば
たぶん、最初からこのサイトを読んだりしませんよね…

と、いうことでそれぞれの方法について、
見ていきましょう。

①正社員として就職する

フリーターでいることに劣等感を感じてしまうのであれば
正社員として就職してしまうのが、一つの方法です。
自分の立場に劣等感を感じている、ということは
少なからず、自分の現状に満足できていない、ということでもあります。

ただし、いきなりフリーターから正社員になる、というのは
なかなか難しいとは思いますが、
ハローワークや求人情報サイトなどをフル活用して
就職を目指していくしかありません。

フリーターから正社員になるための方法は
自分で求人情報などを見つけて、応募し、
就職活動をしていくか、
もしくは、知り合いに正社員として雇ってくれる人が
いるのであれば、それを活用するか、
アルバイトからの正社員登用を目指すか、になります。

場合によっては複数の方法をあわせて、就職を
目指していくのも良いかもしれません。

ただ、これは当たり前のことですが
正社員として採用されるためには、年齢も一つの鍵と
なってきます。
来年から頑張ればいいや、みたいな感じだと
どんどんどんどん先送りになってしまい、やがて年老いて
しまうカタチになりますし、
一旦大学に行くか!みたいな人も居ますが
よほど大学で何かをしない限り、あまりプラスに
なることはありません。
何故なら、大学にいっている間に、年齢だけを重ねてしまうからです。

もしも、フリーターをやめて正社員になりたい!と
考えるのであればとにかく行動しなくてはなりません。
いつか行動すればいいや、という考えではなく、
とにかく”今”から行動しなくてはなりません。
簡単な道のりではありませんが、時間が経てば経つほど
不利になっていく、ということは忘れてはならないことなのです。

②自分で何かを始める

自分で何かを始めるのは一つの方法です。
つまりは独立して、個人事業主として仕事を始める、ということですね。
自分でお店をやるのも良いですし、何かネットなどでビジネスをしてみたり、
自分の得意分野で独立してみるのも良いかもしれません。

ただし、独立するためにはある程度お金が必要だということは
覚悟しておかなくてはいけません。
独立する前に、フリーターとして働きながら
お金を貯める必要が出てきます。
一刻も早くフリーターから抜け出したからと言って
見切り発進しないように注意してください。
準備も、資金も十分すぎるほどに用意しておいて、
やっと丁度良いぐらいの感覚です。

また、独立するだけなら、早々難しいことではないのですが、
独立したあとが大変だということは絶対に忘れないように
してください。
独立したあとに、多くの個人事業主が廃業しています。
そのことは忘れてはなりませんし、
正直に言えば、フリーターから正社員就職するよりも
難しいです。

”独立”するだけなら、簡単です。
少し学べば、すぐに出来るでしょう。
何故なら、簡単な書類を提出するだけで、独立することは出来るからです。
お店などでなければ、準備もほとんどいらないです。

ですが、独立しただけでは収入は0です。
もしくは赤字です。

独立して収入0でも、個人事業主としては扱われますから、
たしかにフリーターではなくなりますが、
そのあと、”成功させること”がとても難しいのです。
そういう意味で、普通のサラリーマンになるよりも、
遥かに難しいと思いますから、そのあたりは注意しておきましょう。

軽い気持ちで独立したり、
フリーターやめたいやめたい!という一心だけで独立すれば
必ず痛い目を見ることになります。

入念に準備して、勉強してから独立しても
失敗することがあるのが、個人事業主の世界です。
目指すことは構いませんが、甘い世界ではない、ということは
覚えておきましょう。

③同程度の収入を得られるようにする

フリーターでも、同程度の収入をえられれば
劣等感は消えるはずです。
ただ、アルバイトだけで、正社員と同程度の収入を得る、
ということは現実問題、難しいのは事実です。
では、どうすれば良いか。
ここは、副業しかないでしょう。
オークションやネットなどで副業を始めてみて、
それで収入が挙げられるようであれば、正社員と同等の
収入を手にすることも夢ではありません。

ただし、やはり、そう簡単なことではないということは
覚えておきましょう。
が、副業であれば失敗しても、そんなにコストもかけてないでしょうし、
アルバイトは残るわけですから、リスクとしては低いですね。

④我慢する

最後の方法は、我慢するしかありません。
最初にも書いた通り、本来、フリーターでも
別に自分が生活できているのであれば、劣等感を感じる必要はありませんし、
ちゃんと同じように働いているのですから、
そこに優劣など、本来はつかないのです。
ですから、我慢できるのであれば、我慢するのも一つの方法です。

焦りは、失敗を招きます。
劣等感を我慢して打消し、その上でじっくりとやっていくのが、
一番良いのではないでしょうか。

まとめ

確かに、このままで良いのだろうか、という気持ちになるのは
よく分かります。
ですが、漠然とした不安に支配され続けるのはよくありません。

もしも正社員を目指すのであれば「すぐ」行動するべきですし、
自営業などを目指すなら、逆にしばらく我慢して
入念に準備を進めるべきです。

ただ、一つだけ言えることは、必要以上に劣等感を感じる必要はない、
ということです。
くれぐれも、焦って大きな失敗をしないようにしましょう!