長生きする方法は?長生きのコツ8つ!少しでも長く生きるために…

店員Kです!

皆様は長生きしたいですか?
したい!と言う人も、ほどほどでいいや、という人も居ると思います。

確かに、いくら長生きしても寝たきり状態じゃ
本人にとっては悲しいことですし、周りにとっても悲しいことだと思います。

ただ、健康な状態で心身ともにしっかりしているのであれば
長生きしたい!という人も多いのではないでしょうか。

今回はできる限り長生きするための秘訣を書いていきます!

もちろん、これらを実践しても、
事故だとか、運悪く病気になってしまったりだとか、
色々な要因がありますから、確実に長生きに結びつくかどうかは
分かりません。

人間、色々な要素が絡んできますから
そのあたりは一概に言えないのも事実です。

が、それでも少しでも”長生きできる確率を増やしたい”ので
あれば、下のようなことを大切にしていきましょう!

スポンサーリンク

長生きする方法は?

長生きするための方法は色々とあります。
ですが、1つ言えることは、今の時点では
人間、必ず最後を迎える時が来る、ということですね。
最後を迎えたあと、どうなってしまうのかはわかりません。
あくまでも生きている人間が考えたことですから、
最後の瞬間を迎えたその先には、想像もつかないようなモノが
待っているかもしれません。

まぁ…そんなことは今回は置いておいて、
長生きするための方法…
諸説ある要素もありますし、運の要素や不確定要素も
ありますから、何とも言えませんが、
一般的に言われていることについて、それぞれ書いていきましょう。

①健康的な食生活

食生活が乱れていると、やはり長生きできる確率は減って行ってしまいます。
毎日インスタント食品だったり、
そもそも何も食べていなかったり…。
野菜を全く食べなかったり…。

食生活が全てでは無いとは思いますが、長生きするためには
ある程度の正しい食生活は必要だと思います。
しっかりと、かつ適度に食事をとること、
そして魚類などもしっかりとることがポイントみたいですね。

栄養については話がそれるので今回は書きませんが、
栄養バランスを保ち、満腹にしすぎないこと、そして
朝食をしっかりと食べることがポイントのようです。

②運動をすること

全く体を動かさない、というのは体の衰えを促進します。
健康な状態で長生きをするためにも、ある程度の運動は
必要です。

確かに長生きしている方たちって、いくつになっても
何らかの体を動かすことを趣味としていたり
ジョギングみたいなことをしていたりする気がします。

まぁ、体も一度衰え始めたらなかなか回復するのは
難しいですから、元気な体で長生きしたい場合は
若いうちから運動しておくのが良いのかもしれませんね。

ただ、高齢者のスポーツには危険も伴いますから、
そのあたりのバランス調整も難しいところですね。

③ストレスを溜めない

ストレスを溜めることは体にとって毒になります。
難しいとは思いますが、なるべくストレスを溜めない生活を
心がけることですね。
とにかく、いつもリラックスしているような状態が
一番長生きという面に関しては望ましいのだと思います。

ストレスが溜まれば溜まるほど、体のどこかしらを
壊してしまう可能性が高まりますし、
心に余裕が無い状態だと、気持ちも後ろ向きになって、と、
良い影響を与えません。

ストレス社会ではありますが
そんな中でも自分の楽しめることをしっかりと見つけて
うまくリラックスしながら日々を生き抜いていくのが
一番でしょうか。

④健康診断などを受ける

長生きするための障害となる要素の一つが「病気」ですよね。
病気で多くの人がその命を落としています。

ですが、幸いにも現代では医療も発展していますから、
早い段階で病気を発見することが出来れば
助かる病気と言うのもたくさんあります。
なので、まずは健康診断を定期的に受けることです。

健康診断を受けなければ早く発見できたかもしれないものを
発見することが出来ず、結果的に手遅れになってしまう
可能性もあります。

「自分は大丈夫!」と思っていても、定期的な健康診断は
絶対に受けた方が良いです。

もしも何らかの大きな病気になってしまっても、
健康診断で早い段階で発見することができれば
その病気から立ち直って長生きすることができるかもしれませんから…。

⑤生きる楽しみを見つける

やはり人間には何らかの「楽しみ」が無いと、いけないと思います。
日々「つまらないなぁ」と思いながら生きていれば、長生きすることも
難しいでしょう。
自分なりの趣味だとか、楽しめること、もしくは自分なりの目標を
見つけて”生きる楽しみ”を見つけましょう。

何の目標も無く漠然と生きているよりも、
何か目標や趣味があった方が人生、楽しめますし、
人生を楽しんでいる、ということは結果的に、
上で書いたストレスを減らすことにもつながっていきます!

⑥体重管理などもしっかりと

太っている方が良い!だとか、太っているのはダメ!だとか
諸説ありますが、基本的にはやはり平均体重にとどめておくのが
一番良いのではないでしょうか。
太りすぎていると、やはり色々なリスクもありますし、
逆に痩せすぎにはやせすぎのリスクがあるでしょう。

何でも”極端すぎる”ことはマイナスになると思います。
平均的な体重を維持できるように心がけておくのが良いのでは
ないでしょうか。

⑦身の回りの危険に対する意識を高める

長生きするためにはこれも大事な要素です。
身の回りの危険に対する意識を高める。
つまりどういうことかと言うと、
人間の命を落とす危険性のあることについて、しっかりと知識を
持っておくことです。

「事故」「事件」「災害」などなど…

例えばどんなに健康に気を付けていても、無謀な運転などを
していて、交通事故を起こしてしまったら最悪の場合、
そこで人生終了になってしまう可能性もありますし、
事件に巻き込まれてしまった場合もそうです。

そして地震や台風、洪水、雷などなど自然に対する
安全知識も身に着けておくべきです。

長生きする方法~みたいな内容をそこそこ読んだことはありますが
「この部分」が抜けてしまっているものが非常に多いです。

いくら自分の体に気を付けていても外部的要因から目を逸らせば、
長生きは難しいでしょう。
しっかりと安全に対する知識を身に着けておくべきでは
ないでしょうか。

⑧運も必要…

酷い話かもしれませんが、長生きするには「運」も必要です。
運が無ければ長生きは出来ません…。
よく「こんな事故に…」だとか「こんなことで…」だとか、
物凄く不運なことで犠牲になっている人もいらっしゃいます。

なので、自分ではどうにもできない要素ですし
こんなことを言われても「どうすればいいんだよ!」ってなるとは
思いますが、長生きするためには”運”も必要です。

どんなに健康に気を付けていても、運悪く病気になる人も居ますし、
どんなに安全に対する知識を身に着けていても、予期せぬ事件などに
巻き込まれてしまう可能性もあります。

運の要素。
これも大事な要素です。

逆に↑のようなことに全て反する人でも
運が良ければ長生きできることもありますし、難しいものです。

まとめ

長生きをするための方法はこのあたりでしょうか。
どうすれば長生きできるのか、という考え方よりも
ひとつひとつ、命を落とす可能性のある要素を
潰していく、という考え方の方が良いのかもしれません。

多くの人は長生きしたいと思っているでしょう。
ですが、色々な要素が絡んできますから、本当にどうなるか
人間って分からないものです。

出来ることと言えば、上で紹介した要素に注意すること、
日々を楽しく生きることぐらいでしょうか。
あまり深く考えすぎるのも逆に良くないです。

長生きってなかなか難しいですね…!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする