公務員にもサービス残業はある!理想と異なる現実を語ります。

仕事

店員Kです!

時々、公務員は残業なしで定時に帰れていいな、
などと言う人も居ますが、
それは「幻想」を見ているだけです。

中には残業すらほとんど無いと思っている人も
居るみたいですが、そんなことあり得ません。
残業がほとんど無いどころか、
ブラック企業と同じようなサービス残業まで
存在する、というのが現実です。

私は公務員では無いのですが
近しい人間に公務員の人が居ます。
そして、実際にサービス残業が発生しているのを
目の当たりにしています。

今回は、公務員のサービス残業について書いていきます。

公務員のサービス残業ってあるの?

公務員は安定した仕事、と言われていますし、
そういうイメージを持っている人も多いと思います。
確かに、安定はしています。
特に、雇用の面での安定は。

突然解雇されることは無いでしょうし、
会社の倒産によって路頭に迷うことも無ければ
当然、リストラされることもまずないでしょう。

なので、雇用の面だけを考えれば
安定しているのは事実ではあります。

しかし…あくまでも”雇用”の話。

勤務時間においては安定などしていません。
もちろん、部署にもよりますが、
公務員にもサービス残業は存在します。

公務員にはサービス残業が存在しない、
なんていうのは夢物語です。

公務員も種類による

もちろん、全ての公務員にサービス残業が
存在するわけではありません。
サービス残業が日常的に行われている部署もあれば、
残業もほとんど無いような部署もある。
この辺りは実際に働いてみないと分かりません。

私の、知り合いの公務員は、
サービス残業が(そこまで多くはないですが)
実際に行われていました。

”勤務時間”に含まれておらず、
給料も発生していない出勤日があるので、
これは事実です
(とある市の職員です)

このあたりは、普通の企業と同じですね。

サービス残業が無い企業もあれば、
サービス残業が蔓延している企業もある。

公務員も、
サービス残業が無いところもあれば、
サービス残業が蔓延しているところもある、ということです。

サービス残業が全くない業種なんて
この世の中には存在しないのかもしれませんね。

公務員の数値はアテにならない?

時々”公務員”と幅広い話で、残業時間や色々な数値を
出しているところもありますが、そういう数値は
全くあてになりません。

公務員の仕事、職種って本当に物凄い量あるのです。
国家公務員だったり、地方公務員だったり。
さらにその両方にありとあらゆる現場があるわけです。

教員だって公務員ですし、市役所の職員もそうです。
児童館や図書館にも公務員は配置されています。
市役所の中にもありとあらゆる部署が存在しており、
そのそれぞれ異なる仕事・空気があるわけです。

それぞれが別の仕事、と言っても差し支えが
ないぐらいに、色々な仕事があり、
ひとたび部署を異動すれば、本当に別世界のような
世界なわけです。

そのため、残業時間などに関しても、データでは
なかなかはかり知ることができません。

”部署によって、別の会社”と言えるぐらいに
違いがありますから、その部署限定の話でも
聞けない限り意味がありませんし、
市の職員はそうでしたが、自分で配属される場所など
なかなか選ぶことはできない公務員も多いです。

なので、ブラックな部署に送られてしまうか、
そうならずに済むかも仕事を始めるまで分からない、
というのが現実です。

部署によって大きく異なる明暗

もちろん、公務員の全ての部署にサービス残業があるわけではありません。
サービス残業がある部署もあれば、サービス残業の存在しない部署も
あります。
”地獄のようなところ”もあるみたいですし、
大半が定時で帰れるような(それでもサービス残業はあるときはあるようです)
部署もあるわけです。

一口に同じ公務員!と言っても
絵に書いたような公務員ライフを送っている人も居れば、
「え?これブラック企業?」みたいな公務員生活を送っている人もおり、
本当にピンからキリまであります。

そういう意味では普通の企業と変わらないのかもしれません。
企業も、ホワイトの近い企業もあれば
どす黒いブラック企業もありますからね…

サービス残業は違法じゃないの?

サービス残業、サービス残業言ってるけど違法じゃないのか?
と思う人も多いと思います。
今や一般企業だけじゃなく、公務員の世界にまで
このようにサービス残業が広がっている時代です。

ですが、サービス残業は違法です。
ちゃんと法律にそのような記述があります。

ですが、法律が機能していないのか、サービス残業なんて
そこら中にゴロゴロしています。
サービス残業について、実態をよく把握できていないのではないか、
というぐらいにそこら中にサービス残業は存在していますし
会社側も「みんなやってるから大丈夫」と思ってるのでしょう。

実際に、サービス残業に関して言えば、
労働基準監督所も機能などしていない、
そう思います。

全く持ってサービス残業の取り締まりが出来ていませんし、
公務員ですらサービス残業ですからね。
市役所にも児童館にもサービス残業は存在します。
実際にそれを目の当たりにしているので、
絵空事ではなく、事実です。

予算が決まっている…

公務員は税金が給料ですから、残業の予算も厳しく決まっています。
かな~り細かく残業だけでなく、備品の費用だとか、そういうものも
部署によっては決まっているようですね。
まぁ、税金をしっかり予算立てて使っている、という点に関しては
良い事だとは思います。

ですが、悪いのは「残業代の予算が超えているから」サービス残業に
なってしまう、みたいな空気ですね。
結構な割合でサービス残業は蔓延しており、
これは個人的な予想ですが、全ての市を、骨の髄まで調べつくしたら
恐らく全ての市役所が何らかの違法行為を行っているのは
間違えないと思います。

ですが、予算が決まっているので残業代が出ない。
つまり、サービス残業と呼ばれる状況になってしまっているほか、
公務員の中にも「諦め」に入っている人間がおり、
みんな当たり前のようにサービス残業をやる人も
多いとのことです。

企業でも公務員でも、サービス残業が当たり前になっている世界。
何だか悲しいですね。

実際のところ、どのぐらいあるの?

実際のところ、公務員にどのぐらいサービス残業があるのか。
…まぁ、ザンネンながら「たくさん」あります。
数えきれないぐらいに。

実際にもし自分が公務員になって、残業などが全くない
環境に居られるのであれば、
それはとても幸せな事です。

一般企業であれば、サービス残業はおそらくほぼ避けられません。
自営業の場合は、休日とか言う概念ではなく、自分の頑張り次第になります。
そして、公務員の中でもこれまで紹介してきたように
サービス残業まみれの部署も多く存在しますし、
多少とはいえ、サービス残業が存在する部署はそこら中に
存在するでしょう。

なので、今、現行でサービス残業0の人は
その境遇を大いに喜ぶべきです。
公務員ですらそうなのですから、一般企業がサービス残業を
やめさせるわけがありません。

まとめ

私の知人にも「公務員はサービス残業が無くていい」と言っている人が
居ます。ですが、それは幻想です。
昔はどうだか知りませんが、今現在の公務員には
サービス残業も普通に存在します。

もちろん、全ての公務員が、ではありません。

ただ、公務員の中には一般のブラック企業並みに、
いえ、それ以上に苦しんでいるような人がいるのもまた事実です。

公務員全てに対して「楽そうでいいな~」という人も居ますが
公務員も大変な人は、大変なのです。

コメント