在宅ワークの注意点9つ!一歩間違えれば引き籠りやニートに…?

仕事

店員Kです!

自宅で仕事をする「在宅ワーク」。
憧れを持つ人も居れば、
本当にちゃんと働いているのか?と思う人も居ると思います。

答を言うのであれば、
在宅ワークでちゃんとしっかりと稼いでいる人も居ますし、
在宅ワークとは名ばかりで半分引きこもり、みたいな人が居るのも事実です。

確かに、在宅ワークと言うものは他の人との関わりは
あまりありませんからその点では気は楽でしょう。
ですが、在宅ワークをするのであれば、
自分に厳しくルールを課すことができる人間でなくてはいけません!

そうでなければ、本当に上でも書いたような
在宅ワークとは名ばかりの人間になってしまいます。

今回は、在宅ワークの注意点を書いていきましょう。

在宅ワークとは?

在宅ワークとは、その名の通り、自宅で仕事をすることです。
パソコンを使った作業が多いですね。
内職系統の簡単なモノづくりみたいなものから、法律関係の仕事を
在宅でやっている、なんていうのもありますが、
多くはパソコンなどによるライティングと呼ばれる作業だとか、
そういうものになると思います。

ただ、在宅ワークと言っても作業の種類は膨大です。
共通点は「自宅でやる」と言うだけで、
仕事内容は選んだものによって大きく異なってきます。

在宅ワークの注意点

在宅ワークには色々な注意点があります。
気を付けたいのは「一歩間違えれば無職と同じ」ようなものだと言うことです。
しっかりと仕事をして、成果を出していれば
「憧れの在宅ワーク」として見られますし、
何もしていなかったり、やっているけど結果が出ていない!とういう人は
「引き籠っている」などと思われてしまうこともあります。

在宅ワークは、自分がやるか、やらないかなので、
思っているほどに気楽なものではありません。

注意点を見ていきましょう。

全ては自分次第

在宅ワークと言うのは、当然、目の前に会社の上司がいるわけではないですから
全ては自分次第です。
やるも、やらないも自分次第。

そのため、極端な話をすれば「何もせずにサボる」こともできるのです。
勿論、収入は無くなります。

怒られたりすることないでしょうし、家でやるとなると
気が緩んでしまうかもしれませんが、
それを制して、自分でしっかりとやることをやらなければ
収入が無くなり、在宅ワークとは名ばかりの無職になってしまうのです。

時間をしっかりと決める

在宅ワークをするのであれば「時間」をしっかりと決めなくては
なりません。
何時~何時まで働くか。
それを決めて、その時間のあいだは、ひたすらに仕事に集中するのです。

「やる気になったらやる」だとか
「今日は何時~何時まで」だとか適当な感じではダメです。
自分でしっかりと決めた時間に仕事をはじめ、決めた時間に
仕事を終える、これができなくては、在宅ワークはなかなか
上手くいかないでしょう。

副業レベルならともかく、在宅ワークで本腰を入れるのであれば
時間の取り決めは必要です。

また、ず~っと仕事につきっきりになってしまってもいけません。
人間、プライベートも大切ですから、そこのところも忘れずに!

モードを切り替える

仕事モード、プライベートモード。
ちゃんと自分の切り替えを行いましょう。
在宅ワーク、ということは、少し目を横にやれば
自分の趣味のものなどが並んでいる空間で仕事をする、
ということです。
家族などが居る場合もあるでしょう。

できれば仕事部屋を作り、そこで仕事をするなどの工夫を
した方が良いですが、
それが出来ない場合も、仕事部屋を作った場合も、
仕事中は「一切プライベートのものには触れない」
ことをおすすめします。

そのモードの切り替えができる人か、できない人か。
これは非常に重要です。

ついついテレビをつけてしまうような人は
在宅ワークに向いていないのは確かです。

外出はしましょう!

在宅ワークだと、仕事を家の中で出来てしまいますから
引き籠りがちになる人も居ます。
ですが、何でも良いので必ず外出はするようにしましょう。
買い物でも、意味の無いサイクリングでも、何でも良いです!

外出しないと、体がなまっていきますし、場合によっては
浮世離れしてしまう人も居ると思います。
また、体重的な変化も心配ですから、このあたり、しっかりと
管理することが大切です!

世の中の動きを知っておく

在宅ワークだと浮世離れしてしまう人も居ると思います。
在宅で仕事をする場合、最低限世の中の流れは把握しておきましょう。

新聞を読め、とは私は言いません。
ネットのニュースサイトでもテレビのニュースでもなんでも良いです
(一番早いのはネットのニュースですね)
とにかく、世の中で今、何が起きているのかを知っておくことは
仕事上でも役に立つかもしれませんし、重要なことです。

身だしなみに注意

外に出ない、となると身だしなみが乱れがちです。
数日間入浴しないだとか、そんな人も…。
ですが、それはやめましょう。
毎日、最低限の身だしなみは整えておくべきだと思います!

いつ外出することになるか分かりませんし、
誰が尋ねてくるかもわかりません。
ちゃんと、外での仕事と同じように、身だしなみを整える
ことは大切なことだと思いますよ!

個人事業主…

在宅ワークは個人事業主としての扱いになりますから、
(例外もありますから確認してください)
個人事業主となった場合は、確定申告などもしっかり行わないと
いけません。
投資だろうと、ライティングだろうと、ブログ収入だろうと、
何であろうと、確定申告は必要です。

今回の記事は在宅ワークの注意点なので、確定申告の方法は
省きますが、何の申告もしなくていい!ということは
ありませんから、しっかりと自分がどのように申告すれば
良いのかを調べて、正しい確定申告を行うようにしましょう!

時には諦めも重要

在宅ワークを始めてみて「これはダメだ!」と思ったら
在宅ワークをやめて、また普通の仕事に戻ることも必要です。
いつまでも成果が出ずに、それで在宅ワークに固執しているのであれば
ただ単に「働きたくない!」と言っているのと同じことです。

しばらくは頑張ってみることも重要です。
ですが、成果が出ないのに、無駄に頑張りつづけるのは
文字通り「無駄」です。

自分でしっかりと費用などを判断して、
今後の見通しを立ててやっていきましょう

引け目を感じない

在宅ワークと言うと、中には「何もしていないんだろ?」みたいな
偏見を持つ人も居るのが事実です。

ですが、ちゃんと仕事をしているのであれば
それに引け目を感じる必要は全くありません。

自分の仕事に誇りを持って、業務内容も話せるようにしておきましょう。

会社勤めだから偉い、だとか在宅ワークだから偉い、だとか
そういうのはありません。
あくまでもどのぐらいちゃんと働いて、どのぐらい成果が出ているか。
それが重要です。

少なくとも、在宅ワークだからと言って、
何かに遠慮する必要はありませんし、
しっかりと仕事をやっているのが事実なのであれば
自分の仕事に、ちゃんと自信を持ちましょう!

まとめ

在宅ワーク…一歩間違えると、無職に近いような状態になってしまったり、
引き籠りに近い状態になってしまったりするのは事実です。
ですから、在宅ワークをする場合は↑のような事柄には注意しておくことが
大切です。

上手くやれば、ちゃんと成果は出ます。
稼げる人はちゃんと稼げますし、仕事として一人前にやっていくことが
できるでしょう。

ですが、成功しても失敗しても、誰も責任を取ってくれないのが
在宅ワークです。
天井は高いですが、地の底も奥深い。
そういうモノですから、在宅ワークの世界に足を踏み入れるのであれば
気を引き締める必要があります。

コメント