スマホ老眼とは?原因と対策!スマホ見てるとぼやける人は注意!

店員Kです!

スマホ老眼、という言葉があります。

普通の老眼と言えば、基本的には加齢とともに
陥って行くもので、若いうちは、基本的に無縁のものです。

よく、加齢と共に老眼鏡などが手放せなくなる方を
見た事があるのではないでしょうか。

これは、仕方の無い事です。
人間誰でも老いるものですから、
差はあれど、必ず目も老化していくものです。

しかし…今は若くても注意しなくてはなりません。
それが”スマホ老眼”と呼ばれるものです。
スマホを操作しているうちに、次第に視界が悪くなってきて
何だか目の調子が悪い、と感じたことはないですか?

そういう方はスマホ老眼と呼ばれる症状になっているかも
しれません。

スポンサーリンク

スマホ老眼とは…?

スマホ老眼とは、その名の通り、
スマートフォンやタブレットなどを近距離で見続けることに
より引き起こされる可能性のある症状です。
また、スマートフォンでなくとも、パソコンで症状が
発症することもあります。

つまりは、文字の類などを、画面越しで見続けるものであれば、
陥る可能性のある症状、ということですね。

長時間スマートフォンやPCの画面を見続けることによって、
一時的に目の調節機能が上手く働かなくなり、
ぼけやけたり、目の調子が悪いような感じがしてしまう、という
症状が出る、というものです。
この症状が老眼の症状に似ていることから、スマホ老眼と
呼ばれているようです。

原因や対策、症状などを詳しく説明していきます。

スマホ老眼の原因

スマホ老眼の原因は、
スマートフォンやタブレット、PCなどの画面を
主に近距離で見続けることになっています。
長時間ずっと画面を見ていれば見ているほど、
症状が出てきてしまう可能性は上がります。

スマホ老眼、と言う名前で呼ばれてはいるものの
PCでもこの症状は出てくることがあります。
実際に私は仕事上、パソコンをよく使うのですが
パソコンでこの「スマホ老眼」と呼ばれる症状が
出てしまったことがあります。

そのため、名前としてはスマホ老眼ですが、
スマートフォンだけではなく、タブレットだとか、
場合によっては携帯ゲーム機だとか、
そういったものでも、スマホ老眼が引き起こされる
可能性は十分に存在します。

スマホ老眼の症状は?

スマホ老眼と呼ばれる状態の症状としては、
老眼と似たような症状、
一時的な老眼の症状になります。

視界がぼやけるような感じがして、
遠くのものが見づらくなったり、
近くのものにピントが合わずに、上手く文字が
見えなくなってしまったり、
目の疲労感に襲われたり…という感じの
症状が出てきます。

実際に私もパソコンの画面がぼやけてしまい、
遠くの視界も悪くなって、視力が一時的に
落ちたような感じになってしまいました。

スマホ老眼の治療法は?

スマホ老眼の治療方法…
これは、特に何もする必要はありません。
スマホ老眼の症状(上のような症状)が出てきたら、
スマートフォンやPCなどの使用を停止して、
しばらく時間を空ければ、勝手に回復します。

実際に私も何度かスマホ老眼の症状に
陥ったことがありますが、時間経過と共に回復しました。

とにかく、目を休ませてあげることですね。
基本的に、一時的なもので自動的に回復する
症状ですから、
その他の症状が出て来たりさえしなければ、
特に医療機関を受診したり、目薬を使ったり
する必要はありません。

早く治したい場合は、目をとにかく休ませることです。
一旦睡眠をとるのも、私の経験上は良かったです。

スマホ老眼を繰り返していると?

スマホ老眼は一時的なもので、基本的に回復しますが、
再びスマートフォンを長時間いじり続けていれば、
またスマホ老眼になる可能性もあります。

勿論、その場合もまた一定時間が経過すれば
スマホ老眼状態から回復することができます。

ですが、これを繰り返していると、
やはり眼への負担は大きくなります。

考えられる症状としては
老眼になる年齢が早まること、
つまりは目の老化を早めてしまう可能性がある、ということ、
そして、首や肩の痛みや、自律神経の乱れなどの症状を
伴う可能性も出てきます。

最悪の場合はピントが固定されてしまって、
結果的に視力の低下を招いてしまうこともあるようです。

数回程度のスマホ老眼であれば全然問題ありませんが
何度も何度も繰り返しているうちに
「これはいつもと違うな」と感じたら医療機関を
早めに受診することをおすすめします。

ちなみに、私も肩と首の痛みが出たことはあります。
結構な痛みでした。
この時、医師の方に見てもらったわけではないので、断言
することはできませんが、目の回復と共に痛みも
引いていったので、因果関係はあったのかもしれません。

スマホ老眼を予防する方法!

スマホ老眼に対する一番の予防は、やはりスマホ老眼に
ならないように気を付けることです。
原因が分かっているのであれば、対策も比較的容易です。

・スマホを長期間見ない
スマートフォンやタブレット、パソコンなどを長期間
見続けないようにする、これが最大の対策ですね。
長時間見たい場合は、自分の目の限界を知り、
スマホ老眼の症状が出る前に、休憩をはさむなどして、
なるべく目への負担を抑えることをおすすめします。

・スマホをいじる環境
環境を改善させることでも症状は出にくくなります。
スマホとの距離を離したり、部屋を明るくしたり。
こういった小さな配慮も大事な点のひとつです。

・トレーニングなどを行う
スマホ老眼対策トレーニングというものもあるようです。
ここに直接そのトレーニングを貼りつけしてしまうことは
できませんが、調べてみるとすぐに見つかると思います。
これは長期的な予防策なので、短期的に予防したい場合には
あまり向いていませんが試してみるのも良いと思います。

・まばたきを意識する
画面を凝視するあまり、目の瞬きの回数が減ってしまっていると
スマホ老眼になるタイミングを早めてしまうこともあります。
そこまで必要以上に意識する必要はないとは思いますが、
まばたきが無くなってしまっていると感じたら、
少し、意識的に瞬きをするようにしてみた方が良いかと思います。

・目薬を使う
疲れ目などにも効果のある目薬があります。
パソコンやスマホなどをどうしても長期間使う必要がある場合は、
自分に合った目薬を探して、使いつつ作業をするのが良いかと思います。

・メガネを使う
スマホ老眼にもおすすめの眼鏡などもいくつかあるようです。
眼科や、眼鏡店などに相談してみるのも良いと思います。
また、目に有害な光と言われるブルーライトをカットするメガネなども
存在します。長期間画面を見続ける人はそういうものを導入して
みるのも良いのではないでしょうか。
私も、ブルーライトカットの眼鏡は作業時には利用しています。
長期間、PCの画面を見ることになるので、少しでも負担を
和らげたい、という理由で、私の場合は購入に至りました。

こんなところでしょうか。
簡単にできる予防策もたくさんありますので、
「大丈夫」と自分の目を過信したりせず、
しっかりと予防しておくことが大切になると思いますよ!

まとめ

スマートフォンやPCをいじっていて、視界がぼやけるように
なってしまった…!という経験がある方は
このスマホ老眼という症状かもしれません。

もちろん、他の何かである可能性も0ではないですから
確実なことは言えません。
なので、心配なことがあれば、眼科を受診するのが
一番ですが、明らかにスマホやPCがきっかけの場合は
↑で書いたような対策をすることで、大分良くなるかと思います。

目は人間にはたった2個しかない、
大事なモノですから、大切にしましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする