店員ではないのに、他の店でいらっしゃいませを言ってしまう!

店員Kです!

接客業をやっていると怖い事の一つが
「自分が店員ではないのに”いらっしゃいませ”を
 言ってしまう」ということですね。

私は実際に言ってしまったことはないのですが、
雇われ店長時代の休憩中にコンビニに行っていた際に
ちょっと危なかったこと(笑)はあります。

危ない危ない…。

今回は接客業として働いている人が
他のお店で「いらっしゃいませ」を言ってしまいそうになることに
ついて書いていきます!

スポンサーリンク

客なのにいらっしゃいませを言いそうに…

お客の立場としてお店を利用する際に、
自動ドアが開いて、誰かが入ってくると
「いらっしゃいませー」と言ってしまいそうになる、
もしくは言ってしまった人…
意外といるのではないでしょうか。

私も上で書いた通り
”言ってしまいそうになった”ことはあります。
本当にアブナイ(?)ですし、ヒヤッとします。

突然、店員でもない人が「いらっしゃいませー」なんて言ったら
周囲は「なんだあいつ!?」ってなりますからね…。

実際に、「この人店員じゃなくない?」と言う人に
いらっしゃいませ言われたことはあります(笑)

その方が私服店員(?)だったのか、
それとも、ついつい言ってしまった人なのかは
分かりませんが…。

何故言いそうになってしまうの?

これは完全に職業病ってやつですね。
接客業で働いている人に多いやつです。

接客業ってお店の方針にもよると思いますが
大抵のお店では、お客さんが入ってくると
「いらっしゃいませ」を言うことになっていると思います。

これを長く続けていると次第に、
お店のドアが開く=いらっしゃいませという
行動が頭の中に、体に刻み込まれるようになります。

長く接客業をやっていると、
もう、条件反射のようにいらっしゃいませーと言う人も
多いわけです。

で、外でお客さんの立場としてお店を利用しているのに
いらっしゃいませを言ってしまいそうになる、もしくは
言ってしまう理由としてはこの↑です。

店の入り口が開く=いらっしゃいませ

という癖が完全に体に染みついているので
自分が働いているお店では無い、他のお店を利用している場合でも
ついつい「いらっしゃいませ」と言ってしまったり、
言いそうになってしまったりしてしまうのです。

癖って怖いですね。

接客の仕事を長くやっていればやっているほど、
いらっしゃいませを言ってしまう危険は
上がると思います!

勿論、大丈夫な人は大丈夫だと思うのですけど…

本当に言ってしまう人は居るの?

これは居ますね。ネット上でもよくそういう話を見かけますし、
私の知り合いも「言っちゃったよ!」なんて1回言ってました(笑)
実際にそういう人は居るものです。

現に、私も1回言いそうになってしまったぐらいですし、
接客業に従事している人全てにその危険があるのではないでしょうか。

私も、言わないように気をつけなくてはなりませんね。
この前もふいに「???」と一瞬、
アタマの中がわけわからなくなったことはあります(笑)

接客業の職業病…恐ろしい限りです。

言わないように予防するためには?

言わないように予防する…
まぁ、良い方法は無いのですが、自分でしっかり
店員モードとお客モードの切り替えを行うことでしょうか。

そのぐらいしかありません。

とは言え、それが簡単にできれば苦労はしないの
ですけれどね…。なかなか難しいものです。

あとは、接客業から離れればだんだんとそのクセは
無くなっていくと思いますから、
もしも接客の仕事から離れる機会があれば、
自然と治って行くとは思います。
何十年も働いていた場合は体にクセとして
染み付いているでしょうから、なかなかすぐに…!というわけには
行かないとは思いますけれど…!

仕事におけるクセって咄嗟に出てしまうものですから、
有効的な対策がないのも事実です。

周囲からはどう見られる?

自分がお客の立場なのにうっかり「いらっしゃいませ」と
言ってしまったら…
周囲は「店員かな?」と思ったり、少し笑ったり、
「何あの人…」と気味悪そうに見つめたり…
色々な反応をすると思います。

そのお店の店員っぽく見えるのであれば
周りはなんとも思わないでしょうけれど(笑)

もしも言ってしまったら?

もしもうっかり自分がお客の立場なのに
大きな声で「いらっしゃいませ」と言ってしまったら…
特に対策はありません(汗)
そこのお店の店員さんと目があってしまったら
苦笑いしながら会釈でもしておけば良いと思います。

「しまった!」と思った瞬間には
もういらっしゃいませ言い終えているでしょうし、
その瞬間に気づいても、残念ながらもう手遅れです!

もしも誰かと一緒にお店に来ているのであれば
周りに聞こえるように、その一緒に来ている人に
「あ、間違えた!」とでも言っておけば
「あ~あの人間違えたんだな(笑)」と思ってもらえるでしょうから
おすすめです。

あとは…なるべく周囲を見ないようにすることぐらいでしょうか。

恥ずかしければそのままそそくさと退散
してしまいましょう。

まとめ

自分が働いているお店じゃないのに、
「いらっしゃいませ」を言ってしまう…
なんとなく言わなくちゃいけないような気がしてしまったり
条件反射でついつい声が出てしまったり…
私は辛うじて回避しましたが、なかなか恥ずかしいですよね^^

ただ、別に悪いことをしているわけではないので、
その点はあまり気にしすぎずに、恥ずかしいとは思いますが、
「悪いことをした」とか、そういうことまで感じる必要はありません!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする