自転車へのイタズラ!自転車パンク被害の対処方法と冷たい現実

店員Kです!

皆様は自転車に悪戯されたことはありますか?
イタズラ…まぁ、悪質なもので言えば、自転車を
パンクさせられたり、そういう感じのものです。

私は以前、パンク被害にあったことがあります。

家の前に自転車を置くスペースがあったので、
自転車を置いてあったのですが、
それをパンクさせられてしまいました…(汗)

近所の住宅も何軒かやられていたので、
完全なイタズラだと思います。

今回の記事では、自転車へのイタズラはどうやって
対処したら良いのか、
そして、私が実際にそういう被害にあって感じた冷たい現実に
ついて書いていきます。

スポンサーリンク

自転車へのイタズラ…

自転車へイタズラする人…。
それほど多くないですが、居ます。

家の前に置いてあってもそうですし、
お店の駐輪場などに置いてあってもイタズラされる可能性があります。
バイト先の前に自転車を置いてあった時も、私と、他の
アルバイトスタッフさんが何人かパンクさせられています。

本当に迷惑ですよね^^

私の隣近所なんて、パンクさせられて修理しに行った
翌日にまたパンクさせられました^^
かなり悪質です。

では、これらはどうすれば良いのでしょうか。

誰がパンクさせてるの?

これは分かりません。子供かもしれませんし、若者かもしれません。
ただ、大人でもやる人は居ますし、高齢者だって自転車をパンク
させる可能性もあります。

誰がやってるかなんて分かりません。
その時、その時によるでしょう。

そんなことをする理由ですが、
一人が集中的に狙われている場合は恨みの可能性や
特定の人物による嫌がらせの可能性が高いです。

逆に、私の時のケースのように、無差別にやられている感じなので
あれば、何かイライラしていて腹いせだったり、
ただの愉快犯の可能性も。
理由も人それぞれですから、一概には言えませんし、
実際にパンクさせている人間を捕まえない限り、分からないでしょう。

被害届は出せる?

出せます。パンク被害が出ていることを警察に提出する、
もしくは最寄りの交番などを訪ねても良いかもしれません。
対応は、近くの警察署や担当者によって結構違うので、
まずは警察に連絡して、指示に従ってください
(自宅とバイト先の時でだいぶ違いました)

恐らく、書類を書かされると思います。
出来れば、パンクした状態のまま置いておいた方が良いかもしれません
(自宅の際は実物を見たがっていました。
まぁ、このあたりも担当の方にどうしたらいいか確認してみてください)

ただ、イタズラとしてしか扱わず取り合ってくれないところも存在します
(知り合いが言ってました…)
その場合、交番がダメなら警察、警察がダメなら交番、というように
場所を変えましょう。
それでもダメなら粘り強く交渉するしかありません。
警察にもいろいろな人がいます。
「パンク程度」と取り合ってくれない人も実際に存在します…

で、被害届を提出すれば、あとは警察が対応してくれます。
…どのような対応かと言うと・・・

警察はどう対応してくれるの?

基本的に、現行犯で確保した時以外、わざわざ警察は
犯人を捜そう、などとはしてくれません。
では、何をしてくれるかと言うと、
周辺地域のパトロールだけですね。

被害届を提出後、警察の方が週に1回程度、
パトロールを夜間に行い、
その結果がポストに入っている、それだけでした。

で、だんだんとこのパトロールの頻度が少なくなっていき、
自然消滅、という感じです。

もちろんこれも担当によって違うかもしれませんが
積極的に「犯人は誰だ!?」とか、
自転車に指紋はついていないか!?だとか
そういうことは絶対にしてくれません。

そこまでは期待しないようにしましょう。

修理費用などはどうなるの?

悲しいことに自費なのです…。
パンクさせられたら、修理する手間も、費用も
全部パンクさせられた側。
ふざけるな!と思ってしまいたいですが、
そうするしかないのです…。

警察が修理費を出してくれる!なんてことはありません。
そして犯人も、見つけ出すことが出来れば
弁償を迫ることもできるかと思いますが、
大抵の場合、見つかりません。

そのため、パンクさせられたり、その他の場所を壊されたりした場合でも
修理の費用は自分持ちになってしまうのです。

私も2回ほど、パンク修理を自費でさせられました…

自転車のパンク修理にかかる費用ですが、
自転車屋に持っていくと、
自転車の種類、お店によって前後はしますが、
だいたい1000円~2000円程度と言われています
(私は1280円でした)

そこまで大きな金額ではないかもしれませんが、
「誰かに壊された」のに自分が払う、となると
物凄く高く感じますよね…

どうにか捕まえる方法は?

現実問題、自転車をパンクさせている人も
見つけ出すのはかなり難しいです。
一般人じゃ指紋うんぬんまで調べることはできませんし、
警察の方もそこまでは動いてくれません。

と、なると方法は一つです
「現行犯で捕まえること」

現行犯で捕まえれば、
罪に問われるかどうかは分かりませんが、
とりあえず、相手になんらかのダメージを与えることはできます
(物理的な意味ではなく)

捕まえるには
「相手が繰り返しパンクをさせている」ことが前提です。

いつもどのぐらいの時間にパンクさせられているかを
突き止めたら、その時間帯に、自転車周辺を見張る、、
これしかありません。
(ものすごく、原始的な方法ですが…)

近所一帯が被害を受けている場合は、
協力して調査するのも良いかもしれません。

で、怪しい人物が来たら
「すぐ」に声をかけてしまってはダメです。
パンクさせる前なら何とでも言い訳できます。

嫌だとは思いますが
相手が「パンク」させた直後に声をかけて捕まえるのがベストです。
それが、動かぬ証拠になりますからね…。

ただ、声をかけた際に相手が逃走する可能性、
逆上して反撃してくる可能性もありますから、
できれば複数人数で待ち構えるようにしましょう。

また、防犯カメラ
(設置費用がかかりますが)による、監視も良いかと思います。
映像に写ればそれが証拠となります。

ただ、カメラ映像があっても、警察が動くかどうかは
何とも言えないですね…

繰り返しさせないために…

恐らく、パンクの犯人を捕まえることはできません。
弁償させることも。
悔しいですがそれが現実です。
被害届を出しても、対して意味がない(パトロールはありがたいですが)
というのが現実です。

では、どうするのか。

現実的に考えてできる対策は
「同じことを繰り返しさせない」と言うことですね。

自転車の置き場所を、入りにくい場所に変更するだとか、
費用的に余裕があるのであれば防犯カメラの設置も効果的です。

また、ダミーカメラでも十分効果はあると思います。

結構、安くダミーカメラは売ってる(1000円前後のものもある)ので、
それを自転車がよく見える場所に設置すれば、
犯人に対しての威嚇になります。

他にも、近づくと点灯するライトを設置したりだとか、
音が立つ砂利に変えてみたりだとか、方法は色々とあります。

少しでも「ここはやばい」と思わせるような
環境づくりをして再発防止することが、被害者側に唯一できる
有用な手段だと思います。

悲しいですが、本当にこれぐらいしかできることがありません。

まとめ

自転車をパンクさせられてしまう…
本当に困りますよね。
しかも、一度やった人は癖になって同じ場所で繰り返すことも
多いように思えます。

捕まえて、弁償させて、警察に突き出したい!いう気持ちは分かります。
私もどうにかしたい、と思いましたから…

けれども、どうにもならない。
悔しいと思いますが、そういう世の中です。。

せめてできることは、もう1回パンクさせられないように
することぐらいです。。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする