どうしてそんなに急いでるの?急ぐ客!その理由と実例!

店員Kです!

接客業をしていると、時々
「どうしてそんなに急いでいるの?」と言いたく
なってしまうような人も居ます。

何故そんなに急いでいるのかは分かりませんが、
本当に驚くぐらい急いでいる人も居ますし、
「そんなに急いでいるなら、お店に入ってこなければ良いのに…」と
思ってしまうような人も居ます。

確かに、急ぎたくなる気持ちも分からなくもないのですが、
やはり、お店を利用する以上、ある程度の礼儀は持つべきだと
思います。

今回の記事では、何故そんなに急ぐのか、
店員にはどう思われているのか、
そして、実際にあったせっかちな客について書いていきましょう!

スポンサーリンク

何故そんなに急ぐのか?

私は接客業を始める前から、そんなに急いだことはありませんし、
急いでいる態度を表に表す人の気持ちは分かりません。

確かに、急いでいるときもありますが、
店員さんが分裂することなどできませんし、
急かしたところで何にもなりませんし、
そもそもそんなに時間が無いときに、自分がお店を利用していることの
方が問題と言えば問題なので、
私は急いでいても絶対に態度には出しません。
それが普通なのではないかと私は思います。

ですが、中にはそれが出来ない人も。
そんなに急ぐのであれば、
時間のあるときに出直すべきだと私は思うのですが、
結構凄い人は世の中には居ます。

では、急ぐ態度を表に出す人はなんなのか。

忙しいタイミングがあるのは、
誰でも同じことだと思います。
どんな人でも、忙しいタイミングはあります。

それを「表に出すか」「表に出さないか」の差でしょう。

結局のところ、
急いでいるオーラを全開にして、お店に注文をつけたり、
イライラした態度を見せたりする人は、
「自分勝手」な人か、「短気」な人、のどちらかでしょう。

もちろん、色々な人が居ますが、
接客してみている限り、私の働いていたお店の場合は、
全体的に「年配の男性の方」にそういう人が多かった印象です
(もちろんおばさんにも居ましたし、学生にも居ましたが)

基本的に、どの方も、自分勝手でせっかちな方なのだと、
私は個人的には思います。

店員にはどう思われる?

イライラしている人、
猛ダッシュで店から出て行く人、
お店に注文をつける人。

それぞれ店員にどう思われやすいかを書いていきます。

まず、猛ダッシュで店から出て行く人。
時々、お会計終了時に、狂ったようにダッシュして出て行く人が居ます。
信号の都合かも知れませんし、
何かは分かりませんが、
店員からするとあまりに焦って出て行かれると
「何か悪いことをしているのではないか」だとか
「大丈夫かなぁ?」だとか、変な心配をしてしまいます。

「何あれ?」という感じですね。
急に慌てた様子で走っていかれると”唖然”としてしまうのが
本音でしょうか。

次に、イライラしている人。
これは鬱陶しいです。
会計中にイライラした様子でコツコツ物音を立ててみたり、
舌打ちをしてみたり。

店員もできる限り早くお会計を済まそうとは思っているのですが
そういう変な行動を取られると、
人によっては焦ったりして、作業が雑になりますし
逆に遅くなります。
店員を遠まわしに威圧するような効果は何のプラスにも
なりませんから、やめましょう。
店員にイライラしてしまうのであれば、早い話、ネットで
買い物をすれば良いと思います。
そうすればイライラすることもなくなるでしょうから。

あまりにも酷い人に対しては
「お店に来なければいいじゃん」と思ってしまうのが本音です。

そして最後にお店に注文をつける人。
「急いでいるので」みたいなことを会計時や
買取(私の前の勤務先は買取業務もしていました)に
言う人が居るのですが、
これは正直に言ってしまえば「じゃあ時間のあるときにきてください」と
言うのが本音です。

こういうことを言う人って、基本自分勝手な人ですから、
人を急かしておいて、何かミスをするとキレます。
クレームをつけてきます。

「あなたが急かしたのでしょう?」と言いたくなってしまいますが、
そういう人たちは自分勝手なので、
「自分のために急げ。でもミスはするな」というのが
そういう人たちの言い分です。

まぁ、本音を言ってしまえば
こういう人はお店を利用する資格すらないと思います。

一度接客業を経験してみれば、
お店側の都合で待たせていたり、迷惑をかけている場合を除いて、
普通に接客しているのに、こういう注文をつける人たちが、
どんなに鬱陶しいものか、分かるかと思います。

実際にあった急ぐ客たち

実際に私が見た「急いでいるお客さんたち」をご紹介していきます。
私の働いているお店に来た人たちも居れば、
私が客として利用しているときに見た、迷惑客も居ます。
あわせて主なものを紹介していきます。

買取時に急かした人

買取査定時に急かしてくる人。当然居ます。ですが、買取査定は
お店側にとっても、正しくやらないといけない人です。

一人は、カードを大量に持ってきた子連れが
「急いでいるんで」の一言と共にカウンターにカードを。
しかし、カードは袋の中にぐっちゃぐちゃ。
急いでいるなら整理ぐらいして持ってきて欲しいものです。
結局、ぐちゃぐちゃなので相当時間がかかりました。

もう一つ印象に残っているのは、ゲーム機を売りに来た
海外の方。
「時間ないんで」と片言で言って、ゲーム機の買取を依頼。
「動くから」と言っていましたが、怪しいので確認したところ、
壊れていました。
”急いでいる”という理由で、お金を騙し取ろうとした悪しき例ですね。

購入時にダッシュした人

商品を購入したお客様がお会計終了後に
突然狂ったように猛ダッシュ。
自動ドアに激突した挙句、そのまま外に走っていきました。

もしも自動ドアが割れたらどうするつもりなのでしょう?

それに、そこまで急いで一体その先に何が待っているのか?
一緒に居た、店長と(当時アルバイトでした)
「なんですかアレ?」みたいな話を苦笑いしながらしました。

少しの時間も待てないおじさん

これは、私がとある寿司屋(持ち帰り寿司)で
注文して待っているときのこと。
昼時だったので混んでいました。

そして私のあとに入ってきたおじさんも寿司を注文。

しかし・・・3分後(ぐらいだったと思います)
そのおじさんは言いました。
「まだ?」と。(しかもタメ口笑)

店員が「もう少々お待ち下さい」というと、
怒った様子で「じゃあもういいや」と言って
そのまま帰っていきました^^

流石に短気すぎてこれは笑いましたね。
自分で寿司握ればいいじゃないですか。
そんなに急ぐなら!

こういう人はお店を利用しないほうが良いと思います。

歯医者で待てないおばさん

これは歯医者に行っていたときのこと。

私の予約は16:00。
そのおばさんは16:30のようでした。
時間は16:40。

歯医者って混んでいると、そのぐらい待たされるものです。

しかしそのおばさんがその時点で受付に行き、
「わたし、16:30なんだけど」と一言。

しかもそのまま文句を弾丸トークの如く言い放ち、
歯医者の方も困っていました。

私は言いたかったです。
「こっちは16:00ですけど?」とそのおばさんに。。

まぁ、自己中心的な塊のおばさんに
そんなこと言っても何にもならないでしょうから、
何も言いませんでしたけどね…。

まとめ

お店を利用する際に、急いでいるのは良いのですが
それを表に出すのはどうかと思います。

私が接客業だから言っているのではなく、
人としてどうかと、そう思います。

もう少し心に余裕を持ったり、
どうしても急いでいる時間は避けて、時間に余裕のあるときに
お店を利用したりするほうが良いです。

店員は、顔は笑っているかもしれませんが
内心では「非常識なやつ」だとか
「そんなに急いでいるなら今、来るなよ」とか、
そういう風に思っていますよ。

急いでいる、という態度をあらわにしてイライラするのは
「自己中」です。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする