店長に意見したり、逆らったりするとどうなる?クビになるの?

店員Kです!

アルバイト先の店長の中には
間違ったことを推し進めようとする人も居ると思います。

また、アルバイトとして働く皆様からすれば
「そうじゃないと思うんだけどなぁ…」と思うことを
店長がやったり、言ったりすることもあるでしょう

そんな時に
「店長に意見したい」
「店長に逆らいたい」
そう思うこともあるのではないでしょうか。

今回は元店長の店員Kが、
店長に意見した場合、どうなるのかを書いていきます。

スポンサーリンク

店長に意見する・逆らう

もちろん、店長だって人間ですし、案外(私もそうだと思いますが)
精神的に未熟な人間もいるものです。
間違った判断を下す店長も少なくはないでしょう。

私も間違った判断を下したこともありますし、
アルバイト時代には店長からの指示に
「それは違うのではないですか?」と思ったことも
あります。

意見したり、店長の指示に逆らったりしたくなることもあるでしょう。

しかし…
実際に意見したり、逆らったりしたらどうなるのでしょうか?
それを店長側の視点からお教えします!

意見を言うのは大丈夫?

店長の決めたことに対して、意見をいう分には、”基本”大丈夫です。

なぜ「基本」という文章をつけたか。
それは、普段の店長との間柄によるからです。
普通、もしくは信頼されているような立場であれば、
あなたの意見に耳をかたむけてくれるとは思います。

それで店長の考えが変わるかどうかは別ですが、
意見したからと言って、あなたにペナルティが及ぶことはないでしょう。

ただし、例外のパターンもあります。
一つは、あなたが「元々店長とあまり良い間柄ではない・嫌われている」場合。
その場合は、意見することによって、店長の機嫌を損ねる恐れがあります。
あなたのことを「嫌い」だと思っている店長からすれば
軽い意見を言われるだけでも腹が立つものです。

私はそういう経験はありませんでしたが、
私のバイト時代の先輩が、店長と非常に仲が悪く、
店長に少し意見しただけで怒鳴られていたことがあります。

そしてもう一つ。
店長が「他人の意見を一切聞き入れない性格」の場合。
この場合は、意見を言うことで機嫌を損ねる可能性があります。

態度で逆らう場合

店長の決めたことに対して、反論ではなく、
指示に対して「態度で逆らう」場合。

つまり、店長の決めたことを守らず、自分の思ったとおりに行動する。

これはやめた方が良いですし、
社会人として、バイトとしても微妙な行為です。

店長の決めたことに「違うと思う」のであれば、
ちゃんと口で話してください。

口で何も言わずに、いきなり指示を守らない、という行動は、
意見される以上に、店長にとっては不愉快なことですし
機嫌を損ねる場合があります。

また、いきなり態度で示されると
業務にも支障が出る可能性があります。

理由はどうあれ、店長からの評価は落ちますし、
店長や周囲から怒られる可能性も。

なので、これはやめましょう。
店長に意見・逆らう場合は、
まず「言葉」から。

いきなり行動で示すことは絶対におすすめしません。
話しても分かってもらえなかった場合の最終手段としてはありですが…。

逆らうとどうなる?

「逆らう」とは「意見する」よりも一歩先の状態だと思います。

最初に店長に意見して、
それでも意見を聞き入れてもらえなかった場合。
どうしても店長の決めたことに対して納得がいかない場合。

そんな場合は店長に「逆らう」人も居るでしょう。

もちろん、あなたが「店長は間違っている!」と思う場合、
それも一つの手段です。

店長の決めたことに対して逆らうのも仕方がないでしょう。

自分勝手な意見で逆らっていたり、
ただ単に店長が気に入らない!という理由で逆らっている場合は
やめた方が良いですが、
あなたなりに「自分が正しい」と思うのであれば、
逆らって店長と対立する道もありかとお思います

ですが、心配なのは
”逆らうとどうなるか”と言うことですよね。

結論から言えば…
残念ながら「クビ」になることもあります…。

それは、何故か。

どうなるかは店長次第

逆らった場合、どうなるかは店長次第です。
店長が、逆らったあなたに対して、自分の考えが間違えていた、と
折れる可能性もあります。

先ほど書いたように、元々険悪な関係の場合は、
その可能性は薄いですが、
あなたが普段から店長に信頼されているタイプのアルバイトさんであれば
店長側が折れたり、
あなたを丁寧に説得してくれる可能性は十分にあります。

私は対立することはほぼありませんでしたが、
もしも対立していたら、話し合いの道を選んだと思います。

ですが・・・店長の判断によっては
「クビ」にされる可能性もありますし、
実際に「クビ」になった例も知っています。

クビは違法ではないの?

自分の意見に逆らったからバイトをクビにする。
これはアウトです。
ですから、店長もクビだ!とは言わないでしょう。
「自分から退職するように仕向ける」という汚い手段を
使うのです。

それも厳密に言えばアウトではありますが、
多くのアルバイトスタッフさんはそのまま退職してしまい、
実質上の”クビ”にされてしまうことも多いのです。

店長の判断次第では”逆らえばクビ”になるということです。

店長と仲が元々悪かったり、
店長がワンマンタイプの場合、
そのアルバイト先に残りたければ「逆らわない」ことを
おすすめします。

別に驚かせるつもりはないのですが
「クビ(もどき)にされることはあります」

シフトをチマチマと削り出したり、
店長からの態度が冷たくなって、バイト先に居にくくされたり、
何かにつけて怒られたりけちをつけられたりして、
居にくくなったり。

悪い言い方をすれば、
私はそういうことは絶対にしませんが
”アルバイトスタッフさん一人の居場所を無くすこと”は
簡単なことです。

店長をやってみればわかります。
私も、やろうと思えば、アルバイトスタッフさん一人の居場所を
なくし”自主退職”に追い込むことはできたでしょう。
(いけないことなのでしませんが)

なので、店長に逆らう場合、
相手の性格次第では↑のようなことになることも
覚悟しておかなくてはなりません。

店長が間違っていることはあります。
それに逆らいたい気持ちも分かります。
ですが、店長が”そういうことをしそうなタイプ”である場合、
”そのバイト先に残りたい”のであれば、
逆らわないことをおすすめします。

単刀直入にクビにされることはまずないでしょう。
ですが、追い詰められて辞めさせられる、擬似的なクビ、
もしくは「明日から来なくていいよ」みたいな言葉をかけられて
「自分から辞めさせられる」こともあります。

要は実質上の”クビ”になることもあるということです。

実際に私のバイト時代の先輩は、
店長に意見して、店長に嫌われて↑のような陰険な対応をされ
バックレに追い込まれました。
(その時の事例はこちらでご紹介しています)

そういうことも実際にあるのです。
店長も人間ですから、
陰険なことをし始めて、嫌がらせをしてバイトを
辞めさせようとすることもあります。

悪いことですし、そういうことをする人間は
店長にふさわしくない、とは思うのですが
残念ながら多くのそういうことは明るみにでないまま、
色々な場所で行われていると思います

まとめ

と、いうことで、バイトが店長に逆らうとどうなるのか。

答えは「クビになる場合もあります」
ということです。

本当の意味でのクビではありませんが、
居場所をなくされて、退職に追い込まれる、みたいな感じですね。

こういうことをする店長かどうかは
日ごろ、店長と接していればある程度は
わかるかと思います。

自分が店に残りたいか、それとも立場を賭けても良いか。
相手の店長はどんな人間か。
それで逆らうかどうか判断すると良いと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする