平日のみのアルバイトを探す!注意するべきポイントを解説!

平日のみアルバイトをして
土曜日や日曜日、祝日は
バイトをしたくない、という人もいるかと思います。

もちろん、そういった「平日のみ」で働くことの
できるアルバイトも存在しています。

しかしながら、平日のみのバイトを探したり
する際には注意点もありますので、
その部分はしっかりと覚えておきましょう。

何も知らずに、やっていると
結局平日も働かされてしまったり、
なかなか採用されなかったり、そういったことも考えられますから
その点はしっかりとやるようにしておくことを
おすすめします。

平日だけバイトしたい!注意点は?

平日だけバイトをしたい!
こう思うもは別に悪い事ではありません。
人それぞれ、働き方というものが
ありますからね。

ですが、上でも書いた通り
理解しておくべきポイントはしっかりと理解しておかないと
平日のみにするつもりだったのに、結局
休日にも働かされてしまったり、
何度面接を受けても採用されなかったりと、
そういったことに繋がってしまう可能性も
充分に考えられます。

そうならないよう、
平日だけバイトをしたいと思う場合の
注意点とポイントをまとめていきます

応募するバイト先をよく考える

「平日のみ働きたい」と言う場合は
応募するバイト先をよく考えましょう。

例えば「平日も休日も入ってほしい」だとか
「できれば指定がない人がいい」と思っている
バイト先に応募すれば、
不採用になる確率は当然高くなります。

そのため、応募するバイト先については
よく考える必要があるのは確かですね。

「平日のみOK」だとか
「平日の曜日を指定しているバイト」だとか
そういったところであれば比較的
受かりやすいかもしれませんが、
逆に

「土日祝日入れる人歓迎」だとか「できるだけ多く」だとか
指定のないところに関しては
「平日しか出れません」という言葉は
ハンデとなってしまい、不採用にされてしまう確率も
上がるかと思います。
場合によっては何か所も落とされる可能性もありますから
(確実に落とされるわけではありませんが、採用確率は下がります)
しっかりと注意しておくようにしましょう。

”何も指定していないところ”に関しても
やはり「土日祝日は出れない」人よりも「いつでも大丈夫」な
人の方がいざという時に助かりますから
曜日だけに関して言えば、いつでも出れる方を
採用するのは自然なことです。

難しいところばかり狙っていると
いつまでも採用されない可能性は
充分にありますから、その点には
注意をするようにしましょう。

嘘はいけない

伝えてしまうと「採用確率が下がるかなぁ」だとか
思う可能性もあると思いますし
実際に、平日のみしか出れません、と伝えた場合と
伝えなかった場合では、採用される可能性は
変ってくるでしょう。

しかしながらここで「平日しか出るつもりがない」のに
「土日も大丈夫」と嘘をついてしまわないようにして下さい。
確かに、面接だけで嘘かどうかを見抜くことは
よほど挙動不審な返事をしない限り不可能ですから
採用確率は上がるでしょう。

ですが、採用された後にトラブルになってしまう
可能性は非常に高いです。
バイト先から評価を落とす可能性もありますし、
強引に土日もシフトをいれられることに
なってしまう可能性もあります。
そのようなことになってしまわないためにも
「嘘」はつかないように、注意をする必要があります。

確かに採用される可能性を少しでも上げたい!
という気持ちも分からないでもないですが
そればっかりに注目してしまうことで、
後々、トラブルになる可能性を作ってしまう、
ということは控えた方が良いかと思いますね。

しっかりと断る

面接でちゃんと平日しか出ないことを
伝えていて、採用されても、
いざ、バイトを始めてみると、土曜日・日曜日に
シフトを入ることを頼まれたりする可能性もあります。

面接で平日のみで、と伝えて相手が
わかりました、と言っていたとしても
それは所詮、口約束に過ぎませんから
バイト先の側が、約束を破る可能性は
充分に考えられます。

そのため、平日のみと言う約束で
バイトを始めたのに
土曜日や日曜日のシフトをお願いされたり
もっと強引なバイト先の場合は、
何も言わずに土曜日や日曜日にシフトをねじ込まれている
可能性も考えられます。

そんな場合は「しっかりと断る」ようにして下さい。
バイト面接の際に何も言っていなかったのであれば
こちらも言い難いと思いますが、
ちゃんと伝えていたのであれば、堂々と平日だけの約束
だったはずだと伝えるようにして下さい。
黙っているままでは、そのまま土曜日や日曜日にも
シフトに入ることになってしまいます。

自分がそれでも良いと感じるのであれば
話は別ですが、嫌だと感じるのであれば
しっかりと相手に伝えることが重要です。

また「今回だけ」というお願いの場合も
注意はするようにして下さい。
人間とは”癖”になるものです。

”今回だけ”と言っていても
一度引き受けると、何度も何度も
繰り返しお願いされるようになってしまう可能性も
充分に考えられることです。
そのようなことになってしまわないためにも、
バイト先がクセになってしまわないように、
注意することは必要です。

私自身もだいぶ前にやっていたアルバイトですが、
最初は早番のみと言っていたのですが
一度遅番を引き受けたら、
癖になったのか遅番も普通に入れられてしまうように
なってしまいました。
そんなこともあるので、注意はするようにしておきましょう。

約束を破られた場合…

もしもバイト先に約束を破られてしまった場合。
この場合の対処方法としては下記の通りです。

・バイト先に相談する
まずは、バイト先に相談してみましょう。
平日のみという約束だったはずだと。
この時に相手が応じてくれるか、それとも
なんだかんだ理由をつけられて
土日祝日も仕事に入れられるように
なってしまうのかは、分かりませんが、
とにかくまずは相談してみないと話になります。
泣き寝入りする道を選ぶ以外の場合は、
バイト先に、土日祝日は入らない、ということを
改めてはっきりと告げる必要があります

・我慢する
土日祝日に入れられてしまった場合でも、
自分が「それでもいいか」と思うのであれば
別に我慢をするのも個人の自由です。
このあたりは自分自身でしっかりと判断して
対応していくようにしましょう。
どうしても言いだすと、リスクもありますから、
そのあたりを考えて黙っているのもひとつの方法では
あると思います。
ただ、当たり前のことですが無理して我慢したり
する必要はありません

・バイトの変更を検討する
相手が約束を破り、相手が話し合いにも応じず
あなたもそれでは困ってしまう、という場合に
関しては、そのバイト先でバイトを
続けるのは難しいでしょう。
理不尽ではありますが、バイト先を変更することを
検討するしかないかもしれません。
バイト先から退職し(理由は土日祝日出れないからだとか
そんな感じで良いと思います)
また新しいアルバイトを探し、そこでやっていく、というように
した方が良いかとは思います。

まとめ

平日のみでアルバイトをしたい場合は
しっかりとそのことを相手に伝えるようにし、
採用されたあとも”油断をしないように”
することが大事になりますね。

アルバイト募集中に平日のみと
書かれていても、面接中に口約しても
突然頼まれたりする可能性もあれば
無言で唐突に変更されたりする可能性も
ありますから、その点に関しては
しっかりと注意をしておかなくては
ならないと思います。

本当に、軽い気持ちで変えられて
しまうものですから、そのあたりは
注意しておくようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする