元ブラック企業社員が語る、ブラック企業の腹立つところ。

店員Kです!

私は自営業を始める前、ブラック企業に勤務していました。

ブラック企業で働いていると、
あまりの理不尽さに、とても腹立たしいことも結構あります。

私も何度も腹が立ちました。
しかし、社会人ですから、表面上は我慢しないといけません。

結局、私は自営業の道を選び、ブラック企業を退社しました。
自営業もとても大変ですが、それでもあそこに居続けるよりは
良かったと思います。

今回はブラック企業人生(?)の中で
腹が立ったことをご紹介していきます。

スポンサーリンク

ブラック企業で腹立つこと…

ブラック企業で腹立つこと…
まぁ、ブラック企業に勤めていれば毎日腹立つことだらけです。
私は、ブラック企業が運営する店舗の店長でしたから、
普段は上層部と関わることのないだけマシでしたが、
それでもやはり色々と嫌なことはあったものです。

それを一つ一つ紹介していきます。。

①残業代を払わない

残業代をちゃんと払わない。まぁ、これはブラック企業では
よくあること、ですよね。
「残業は月30時間」という謎ルールがあるのにも関わらず、
その残業量をはるかに超える仕事量を押し付け、出勤を強要する。

払うものを払っていないのに、上層部は言うことだけはご立派。
腹が立ちます。

休日がどうこうの話のときに
「ノルマをやらないで権利ばかり主張する
何様だお前は」みたいなことを他の店長に言ってましたが
その言葉をそのままそっくりお返しします。

「払うものを払わないで、仕事ばかり強要する。
 何様だお前は」と言いたいです。
(もちろん、言いませんでしたけど…)

ちなみに、前に別の記事でも書きましたが、
残業代をちゃっかり申請すると
「何かの間違えですよね?」と遠回しに修正を要求されます。

払えよ給料…

②暴言の数々…

社員に対して、平気で暴言ばかり吐きます。
本当に信じられないです。
何の権利があって、そこまでいえるのか。
本当にそう思ってしまいます。

ここでは書けないようなことも平気で言っていましたし
店長の人格を否定するような発言も数々ありました。

店長に対してねぎらう言葉はほとんど無く、
発せられる言葉は人間否定レベルの言葉ばかり。
これではやる気がなくなってしまうのも当然です。

③親会社からの押し付け

私の勤務している会社は「子会社」でした。
しかし、親会社から「業務の押し付け」が度々行われていたのです。
どういうことかと言うと、
私の所属する会社側はカードやゲームソフトなど、子供向け商品を
販売するような会社でした。

しかし、親会社はパソコン会社。
その親会社が言いました。
パソコンの修理の受付を開始しろ!
ウイルスセキュリティソフトを売れ!と…。

当然のことながら、全くニーズに合わないので売れるわけがありません。
努力する、しない以前の問題です。

そして、余計な口出しばかりをし、時間をとられた挙句、
現場は疲弊。時間もとられて、親会社の指示通りの展開、それを
上回る展開をしても成果は出ず。

「やる気がない」「お前らは居る意味がない」
みたいな発言を繰り返し、
いざ、ニーズが合わないことを自覚すれば「無かったこと」にして
上層部はお詫びの一言すら言わない。

親会社が子会社を導くのはイイのです。
ですがこちら側の意見をなんら聞くこともせず、
情報伝達も行わず、一方的に中途半端に意見を押し付けるのは
正直に言えば、現場破壊でしかありません。

ゲーム屋にPC修理なんて、誰が持っていくのですか(汗)

やるならやるで、パソコン屋に鞍替えするぐらいしないと
無意味でしょうし、
中途半端親会社による、中途半端口出しによって
お店はどんどん痛めつけられていきました。

④態度が悪すぎ

会社上層部の態度が悪すぎです。
人を呼ぶときは「おまえ」「テメェ」。
本当に真っ当な人間なのですか!?

話をするときは、えらそうな口調、暴言のオンパレード。

会議に出ているときは足を組み、頬杖をして、
人の話も興味の無いときは聞いていない。

途中で電話を始める。

会社の上に立つもののあるべき姿ではないのではないでしょうか。

もちろん、リーダーシップを発揮するのは良いことでしょう。
でも、↑のような態度は決してリーダーシップなどでは
ありませんし、ただのえばり腐ったおじさんです。

人はそれではついてきません。
一部の(言葉は悪いですが)社蓄と化した社員が
妄信的にそれについていっているだけで、
影では皆、文句を言ってましたよ。

⑤約束を守らない

会議の日程など、鶴の一声で変わります。
私が店長をしていた場所は社員は私一人。
アルバイトさんの日程は、当然事前に組んでいますから、
前日になって急に「明日会議だ」なんていわれても対応できません。

何度も改善を要求しましたが、聞き入れられず。
絶対出ろ、の一点張り。

そんなこと言われたら毎日「店長が居なくても店が回る人数」の
アルバイトさんを配置しなくてはいけなくなります。

ですが、「人件費を削減しろ」

アルバイトさんのお願いするにしても、前日じゃ急に
対応できないことも多いです。
私もアルバイト出身ですから、その気持ちは分かります
急に言われても困るのです!

が、お偉いさんの都合一つでコロコロ日程を変更。
しかも、お詫びの言葉もなし。
それが会社の常識なのかもしれませんが、
私は怒りを感じましたね。

⑥無意味な呼び出し

お店の朝の開店時間は11時でした。
なので、10時30分に出勤すればよかったのですが、
あるときから、本部が親会社に言われて、
朝のネットミーティングというものを開催するようになりました。

そのせいで出勤は9時に、
しかもサービス出勤です。

さらに腹が立つのは1時間以上も早くお店に
入っているのに
いざ、朝出勤すると突然「今日の会議は中止」だとか(お詫びはない)
「今日話すことないから、適当に発表して」だとか(これもお詫びなし)
本当に腹が立ちます。

時間を返しなさい!

⑦説明してくれない…

あるときから私の所属会社(子会社)していた経理作業が
親会社のほうに移管になりました。
しかし、不思議なことに、親会社が経理をし始めてから
謎の「管理費」がどんどん増やされていき、
お店は赤字に転落。

私は「わざと閉店させようとしているのではないか?」と
疑問に感じ、何度も不満の意を表明したり、理由を確認しましたが
最後までその理由に答えることはなく、
結局、それでお店は潰れてしまいました。。

費用が上がっている理由を説明してくれれば
私も納得したのですが、説明すらせず。
なので不満ばかりが募っていきました。

その時の話は以前に別の記事で書きました。
詳しくはこちらで!

⑧アルバイトへの八つ当たり

本部社員がアルバイトさんに八つ当たりの電話をしてくる、という
とんでもない事例もありました。
このとき、私は休みだったのですが、本当に腹が立ちました。

本部に、会社連絡用スカイプ(スカイプでのやり取りが推奨されてました)に
長文の抗議文を送ったぐらいです。

何の罪もないアルバイトさんに八つ当たりするなんて
人間性を疑います。

⑨上から目線な経理部

「やってやっている」そう言っていた親会社の経理部は
給料明細も送ってこず、数週間後に送ってきたりと酷いものでした。
何度も何度も抗議しましたが、
改善までに1年ぐらいかかりました。
遅れてもお詫びもなし。
本当にこの経理部には腹が立ちましたね。

まとめ

まだまだたくさんあるのですが、ヒートアップしてしまうので
このぐらいにしておきましょう…。
とにかく、ブラック企業は日々、腹立たしいことの連続です。
ストレスはフルチャージ状態^^

ですが、私も社会人ですから、言うべきところは言って
それ以上は言わないようにしていました。

今思い出しても腹が立ちます!
みなさまもブラック企業で勤務する際には
ストレスがたまると思いますから、無理しすぎないようにしてください!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする