ブラック企業に店を潰された!黒企業の汚いやり方で閉店に…。

店員Kです!

今回は私の旧勤務先のお店が潰れた…
いえ、潰されたことについて書いていきましょう。

実際に真実がどうだかは分かりません。
ただ、会社が要求しても一切詳細な説明をしなかったので
何らかの黒い動きはあったのでしょう。

とにかく、何の説明もせずに、一歩的に追いつめられて
お店は潰されてしまったのです。

ブラック企業ってやっぱり恐ろしいですね…。

何故、私のお店が潰されなくてはいけなかったのか。
答えは「親会社が潰したかったから」だと思います。

ブラック企業ではこんなこともある!
ということの参考にどうぞ!

スポンサーリンク

お店の環境

まず、私の旧勤務先、お店の環境について書いておきましょう。
私が店長をしていたお店は、
とある会社Bが運営していました。
ただ、この”会社B”には”親会社A”が存在しました。

私がアルバイトとして入る前に
会社Bは親会社Aに回収され子会社となったのです。

その親会社Aの中では、会社Bの展開するお店
(つまり私が店長をやっていたお店もそのうちの一つ)だけが
赤字だったのです。

全体で見ると赤字。

そのため、赤字店舗はどんどん閉鎖されていきました。

そんな中、私の店舗をはじめ、残った店舗は安定して黒字を
出している店舗だったのです。

私も、店長になって1年目。
単月で見ても、ほとんどの月を黒字にして、
1年間を通して黒字にしていました。

2年目も、同じ水準の売上、利益で言えばそれ以上の売上を
記録していました…しかし。

親会社の介入

親会社Aが色々口うるさく介入してくるようになりました。
その一つが、経理作業。

それまで、各店舗ごとの経理作業は、会社B(私のお店の運営会社)の
経理部が行っていました。
しかし、突然、親会社Aが私たちのお店の経理作業を引き継ぐと言いだします。

そして、色々とやり方を強引に変えながら経理作業は親会社Aに移管されました。

まぁ、今思えばこの時点で私の店舗が閉店になる”シナリオ”は
決定していたのでしょう。

上がる”本部管理費”

会社Bが経理をしていたころから「本部管理費」と言う費用が毎月、
経理上から引かれていました。
これは、本部の維持費用、その他もろもろだったと言われています。

本部はお店を営業しているわけではありませんし、
10名近くのスタッフがいたりしたので
その人件費などが各店から回されていたものと思われます
(そんな感じの簡単な説明だけされたので、恐らく間違えないでしょう)

が・・・
赤字店舗は次々と閉鎖されていきました。
当然、本部管理費は上がって行くわけです。

その上がり方は、残るお店の首を絞めるほど。
しかし、それでもなんとか、やっていけていました。
私の店舗もそうです。

が、この後からオカシクなり始めました。。。

謎の上昇…

親会社Aが経理をするようになってから、異変が起き始めました。
その異変とは「本部管理費」が謎の上昇を始めたのです。

店舗も潰れていない、特に本部の人件費も増えていない、
むしろ経理部が親会社側の仕事に回されたので
当然、この「本部管理費」は減るものと思っていましたし、
実際に親会社の上層部の方が

「本部管理費もだんだん下がって行くから」などと言っていました。
口での発言なので、ザンネンながら記録には残っていませんが
確かにこう言っていました。しかし…

各店舗とも月の本部管理費が10万円以上、が上がっていました。
もともと規模の大きいお店はともかく、
私のお店は超小型店で、
利益のムラが少なく、いつも安定して利益を出していたような店舗です。

しかし、この管理費を、他の店舗と同レベルで引き上げられてしまったため、
かなり経理的に厳しい状況になりました。

私は確認しました
「何か間違っているのではないか?」と。

すると
「今までの会社Bのやり方ではなく、親会社Aのやり方でやるとこうなる」と
全く意味不明な返事が返ってきました。

私はこの時点で親会社側の何らかの費用も織り交ぜているのではないか?と
疑いました。
人も増えてない、部署も縮小され、人件費の削減も要求されている。

何故、本部管理費が増えるのか。
サッパリ理解できませんでした

上がりつづける本部管理費

そして、その後も何故か毎月のように本部管理費が上がりつづけました。
まぁ、最終的に1年目と比べると+30万ぐらい上がっていた印象です。
もはや、家賃よりも本部管理費が高いような状態に^^
家賃を2件分払わされるような状態。
流石にこれはきつすぎる…(笑)

しかも、本部の社員は親会社Aの指示で徐々に減らされていきました。
親会社側に引き抜かれるカタチですね。

当然、本部の人数が減ったのですから
本部の費用も減るはずだったのですが、
何故か逆に増えました^^

一体何の費用だよ!と突っ込みたくなるぐらい、
毎月本部管理費が増えていたのです。

私は流石におかしいと言うことで確認しようとしたのですが

「増えちゃってるモノは仕方がない」みたいな感じでした。
会社Bは子会社なので、もう本部も親会社Aの言いなりです。

増えちゃってるモノは仕方がない、じゃなくてちゃんと
確認して欲しかった。
こちらは店の存続がかかっていたのですから。

本部の規模の縮小、建物の移動(親会社内に放り込まれました)、
人員削減。
なのになぜ本部費が増えるのか?

勿論、私は経営者じゃないので何かあるのかもしれませんが、
何の説明もせずに異様な勢いで本部管理費を増やしていく、という行為は
疑われても仕方がないと思います。

私は今でも、数字を操作していた、もしくは
親会社A側の費用をこちらから引いていたのではないかと考えています。

2年目の絶望

しかし、私はそういうのに飲まれるのが嫌いです。
ブラック企業め許さん!ぐらいの感じです。

人に散々サービス残業をさせておいて…。
と、いうことでムキになって利益を伸ばし、
2年目も後半から逆転。
前半で費用を引き上げられ赤字になってしまった分
(6月までで100万近くマイナスでした)を必死に取戻し、
2月時点であと10万までになっていました。

で、単純計算すれば取り戻せるはずだったのですが、
3月の損益表を見て唖然。

他の店舗はほとんど増えていなかったのに、
私の店舗だけ異様に本部管理費が増えていて
結局、その増えた分(30万ぐらい増やされてた)がマイナスとなり、
通期赤字ということにされてしまいました。

理由は不明。
決算的な何かかとも思いましたが私の店舗だけ異様に増えていた他、
理由も教えてもらえませんでした。

この時点で、私は「上は店を閉めたいのだな」と理解しました。
一気に萎えましたし、やる気もなくなりました。

どんなに努力しても、どんなに利益を底上げしても、
本部管理費を上げられて赤字にされる。

これがブラック企業のやり方ですか。そう思いました。。
もう無理です。
どんなに稼いでも稼いでも費用えをあげられてしまうのですから。

そして3年目。

私の店長人生3年目は半分で終わりました。
そうです。閉店が決まったんですね。

その間も本部管理費は上がりつづけ(社員は減ったのに)
説明もなく、在庫処分費だの、家賃が上がるだの、
徹底的に費用を上げられ、店はつぶれました。

利益をあげろあげろ!言ってましたが
無駄遣いを減らす方が先だったのでは?
(何が理由で費用が上がってるのかは知りませんが)

潰された

細かい事情は分かりません。
ですがあの費用の上がり方は異常でしたし、
何の説明も最後までしてもらえなかったので、
私は「潰された」と今でも思っています。

ブラック企業のやり方は本当に汚いですね。
純粋に売上が落ちたとかでの閉店なら納得いったのですが
あのやり方は今でも不満です。

残る店舗も、時間の問題でしょうね。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする