意味なし!成功者のビジネス本を読んでマネしても無意味!

店員Kです!

世の中には、事業に成功した
俗に言う「成功者」たちの本が多数発売されています。

中にはビジネスの参考にしようと、そう言った本を読んで
「真似してみよう」と考える人も居るみたいですね。

ですが…
それは無意味です^^

成功している人のビジネス本みたいのは、
それを真似しても全く意味がありません。

そっくりそのまま真似をするだけならお金と時間、
努力を惜しまなければ誰でもできます。
成功した人のビジネス本を読むのであれば
それを参考にしつつ「自分だったらどうしていくべきか」など、
マネするのではなく、成功体験談を読んだ上で
「何をするべきか」が大事なのだと思います

では、なぜ、成功した人の本を真似しても成功できないのか。

それを書いていきましょう。

スポンサーリンク

成功した人のビジネス本は読み物

「成功した人」が書いている本…
ただ単にビジネスのルールについて書いてある本は
参考になると思いますが、
その成功者本人が「どのようにして成功したか」みたいな
ビジネス本は人によっては、役に立たないと、私は考えます。
もちろん、読み物として、読んだり
「自分で考える」ためのきっかけとして読むならアリです。

ですが「真似」をするだけなら何の意味もありません。

それは何故か。

確かに「こうして、私は〇〇になりました」みたいな本を
読んで、それを真似してみれば成功…するかも!?と
考えてしまう気持ちは分からないでもないです。

しかし・・・実際は、そう簡単には行きません。
何故か、一つ一つ書いていきましょう。

その人が成功したのは…

まず、その人が成功したのは何故か。
それをよく考えてみましょう。

成功者が成功したのは、
”その人だから”です。

その人が、
その瞬間、その環境で、それをしたから成功したのです。

本に書かれていることを”後からなぞった”だけでは
ほぼ100パーセント失敗するでしょう。

あなたはその「本を書いた人」ではありません。
所詮、本を見て”真似事”をしているだけです。
これではほぼ100パーセント成功しない。

本を書いている成功者は、
そのタイミングに、その発想を持ち出して、
その場所で、
それをやったから成功したのです。

物事には運も付きまといます。

本に書かれているような成功談を同じように
実践してみたとしても、上でも書いたとおり
ほぼ100パーセント上手いきません。

あなたは、その”成功者”ではありません。
別の人間です。

なので、ビジネス成功者の本を読んで、
そのまま方法を真似したとしても、
あなたは成功することはできないでしょう。。

”全部”は書かない

成功者は、ビジネス本に”全て”を書いているとは限りません。
自分と同じ手法を全て教える、ということはライバルを
増やすことにもつながります。

なので、その本にその人の全てが書いてあるとは限らないのです。

確かに、大方は書いてあるとは思います。
ですが、一番大事な部分は書いていなかったり、
ちょっと着色されていたり、
あくまでも「文章」だけの世界で、
その人が本当にそういう考え、そういう行動で
”成功”したのかまでははかり知ることはできません。

なので、やはり”参考”にするための本であって
そっくりそのまま模倣しても意味はありません

そもそもマネできない

ビジネス系の参考書って、そもそも読んでみても
次元が違いすぎてマネできないことも多いです。
かける時間はなんとかなっても
資金力が無いと無理だな~というものがあったり、
色々理由はあると思いますが、
そもそもそっくりそのままマネできないものも多いです。

そして、上でも書いたようにそっくりそのままマネ
したところで上手く行くことはまずありません。

何度も書いているように、その本を書いている人間が
そのとき、その場所でそれをやったから成功したのです。

一つでも要素がずれていれば、
成功しませんし、ただ模倣しただけになってしまいます。

もしもビジネス本を読んだだけで成功するのなら…

もしも成功した人のビジネス本を読んだだけで成功
するのであれば、この世の中には成功者が溢れているはずです。
ですが、現実を見れば、企業した人、開業した人の大半は
失敗に終わっています。

理想と現実の違いですね…。

ビジネス本は、毎年、色々な種類が出ています。
成功談を語るもの、ビジネスとは何ぞやについて語るもの。
そのジャンルは色々。

そして、多数のビジネス本が毎日のように売れています。

しかし、世の中の成功する人の割合はかなり少ないまま。

もちろん、ビジネス本を手にして、そこから何らかの
着想を得て、成功する人も中には居ます。

が、大半の方はビジネス本を読んで、読むだけで終わってしまったり、
ビジネス本の内容をそっくりそのまま模倣しようとして、
結局のところ何も得られない…なんてこともあります。

失敗談のほうが為になる?

個人的には成功者の本も、読み方によっては為になると思いますが、
失敗談について書かれた本の方が、より為になる印象です。

それは何故かというと、
成功した人は、まだ事業を行っているはずですから、
全てを語っているとは限りませんし、
恐らく何かを隠しているでしょう。

しかし、失敗した人は、もう失うモノも無い状態ですから
本音で語っていることが多いと思いますし、
「~~~~したら、だめだった」みたいな部分から
自分もそうならないようにしよう、と失敗から教訓を
読む側も得ることができると思います。

また、成功者の本に比べ、それほど難しいこと、
次元の違うことが書かれていないことも多く、
あくまでも身近に感じられる内容が書かれていることが
多いように私は感じました。

もちろん、私個人の感想なので、成功した人の本の方が
参考になる!という人も居るとは思いますが、
個人的には失敗談の本を読んでいたほうがためになると思います。

会社から読むように指示は無意味

時々、ブラック企業などを中心に、
その会社の経営者が書いたビジネス本を読むように指示
されることもあります(私もありました)

しかし、これは全く意味がないように思えます。
会社が、会社勤めの社員たちにビジネス本を読ませる目的は
一つだと私は思います。

それは「会社の思想に染めること」
つまり、会社に従順な社員を作ることにあると。

経営者の本を読ませて感想文の提出などを求めるところも
あるみたいですし、
実際に私の勤めていたブラック企業では、経営者のインタビューが
掲載された雑誌が配布されて、各店舗に家宝の如く
保管されていたり
(私はリサイクルに出しました…狭い店でスペースがアレだったので)
ビジネス本を実費で購入して読むように言われたりもしました。

その会社の経営者の本を読まされることになった場合、
読むのは良いですが、
それに染まり過ぎないように、注意が必要です!

成功者の本が役に立つかは…

成功した人間のビジネス本を読んで、それが役に立つかは
読み方次第ですね。
ただ漠然と読むだけでは何の役にも立たないと思いますし、
読んだ内容を鵜呑みにして、それをマネしようとするだけでは
恐らくカンペキにマネすることはできないでしょうし、
マネしたとしても、きっと、上手くいかないでしょう。

大事なのは成功者の本を読んで、そこから自分の力で
考えて自分なりに応用して、その本を
生かしていくことなのだと思います。

…とは言いますが、それがなかなか難しいんですよね。
ビジネス本を読んで、それを応用して、自分に生かすことの
できるような人は、結局のところ、最初から経営力(?)を
ある程度持っている人だと思いますから、
やはり多くの人は成功者の本を読んでもそれを上手く
生かすことができない、というのが現実的なところだと思います。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする