店長が嫌い!悪質店長を退職に追い込む!店長を排除する方法4つ!

店員Kです!

バイト先や勤め先の店長。

どんな人ですか?

中には「何でコイツが店長に・・・」と思いたくなるぐらい
酷い人も居ますよね?

平均で人に暴言は吐く、仕事はできない、高圧的…など。

良い店長も居れば、
悪い店長も居るのです。

しかし、バイトなどでは、実際に採用されてみないと、
そこの店長がどんな人か、なんて分りませんよね?

そこで、今回は”ハズレ”の店長と巡り合ってしまった場合の
対処法と異動・退職の可能性を上げる方法を伝授します。

スポンサーリンク

逃げる!

まず、異動・退職に追い込む方法を伝授する前に・・・

悪い店長と巡り合ってしまったときの一番の対処法は
”逃げる”ことです。

つまり、バイトを辞めてしまおう、ということですね。

せっかく採用されたアルバイト、
せっかく仲間が出来たアルバイト、
辞めたくない理由は色々あるかとは思います。

しかしながら、悪い店長とかぶってしまった場合、
貴方は毎日のように辛い思いをすることになります。

なので、一番早いのは辞めてしまうことです。

バイトは世の中に星の数ほどあります。
わざわざ辛い職場で働く必要は無いと思いますよ

この後に書く「戦う」方法は自分の危険も0ではありません
店長から恨まれる可能性も否定できませんし、
失敗すれば自分の立場を危うくします。

よく「そんな簡単に辞めたら社会でやっていけないよ」などと
言う人も居ますが、
それは”悪い店長”にあたったことがない人の言い分です。

悪い店長は異常者です。
「それが社会」だなどと間違った考えを持たず、
異常者からはサッサと逃げることをおすすめします。

辞めさせてもらえない?

よく辞めさせてもらえない、という言葉を耳にします。

辞めると言えば、さらに暴言を吐かれたり、
家まで乗り込んで来たり…
そんな話まで聞くことも…。

これは、辞めてしまえば良いのです。
事前に書面でもなんでも、職場に行きたくなければ
配達記録が残る郵便で、職場に退職願を送りつければ良いです。

大抵の店長は、どんなにオカシイ人でも、
それ以上の深追いはしてこないハズです。

それでも、家に乗り込んでくるようであれば、
「通報」しましょう。
家に勝手に乗り込めばそれは「犯罪」なので、
警察の力を借りれば良いのです。

逃げる場合のポイント!

「辞める」と告げて、辞めてしまいましょう。

店長サイドからの「脅し」を恐れる必要はありません。

店長側の立場を知る店員Kが言います。
「どうせ店長は口だけで何もできやしません」

万一、
殴られたら通報すれば良いですし、
家に乗り込んできても通報すれば良いのです。
そのための警察ですから・・・。

戦う!

悪い店長と巡り合ってしまった!
でも、辞めたくない!
・・・そんな場合もありますよね?

せっかくやりたいバイトを始めることができた!
辞めてしまうと生活が!
バイト仲間の関係は良好だから!

色々あると思います。

そんな場合は悪い店長と戦うしかありません。
戦うとは、
店長を何とかして排除(異動などに追い込む)すること。

まぁ戦う以外にも、店長と仲良くなる、友好的な道を進む、、
という道もありますが…

最初は嫌なヤツだな~と思っていても、
上手く打ち解けることができれば、
貴方も店長もやりやすいとは思います。

ですが”嫌な店長”と感じるような人と、
仲良くなるのはなかなか難しいはずです。

逃げることも出来ず、
店長と打ち解けることもできない場合は、
”耐える”か”排除する”しかありません。

ただ、耐えるのも大変です。

そこで、ここからは嫌い・苦手な店長を
排除する(異動に追い込む方法)方法を伝授していきます。

…個人経営の場合は異動も何もないので、
どうにもなりませんが・・・。

ただし、排除するのはとても難しい事です。
・逆に自分が会社や店長からクビにされる可能性もある
・店長の恨みを買う可能性がある
・排除するということは、店長の人生を壊すことでもある

以上の覚悟はしておいてくださいね。

店長を排除する!

店長を排除する、とは異動・退職に追い込むという意味です。

決して暴力的な行為を使ってはいけません。
貴方が罪に問われることになりますし、
その職場にも居られなくなりますからー。

ここから先に書いてある方法を使えば、
店長を不利な立場に追い込むことが出来、
会社による「異動」が命じられる可能性がUPします

ただ、異動の条件などは会社によってなので、
あくまでも「可能性を上げる」だけだと思ってください。

場合によっては減給などで済まされ、店長は
職場に残る可能性もありますし、
逆に貴方が職場から追い出される可能性も0ではありません。

あと、個人的な好き嫌いで、下のような行為を
しちゃいけませんよ?
あくまでも”悪い店長”に対しての手段です。

では、書いていきましょう。

①暴言・暴力などを記録する

暴言・暴力などを受けている場合、記録して
しかるべき場所に提出しましょう。

暴言・暴力を受けても、記録が無ければ
何の意味もありません

例えば「店長から暴力を振るわれた」と
本社や労働基準監督所に申し出ても、
事実はもみ消されます。

証拠が無ければ、店長が
「やっていない」「言っていない」と言えばそれで終わりです。

そんな馬鹿な!と思うかもしれませんが、
それがこの世の中です。

会社は「アルバイト」より「店長」を守るものです。
例え、店長が悪党であったとしても。

そすれ労働基準監督所などは面倒がって動きません。

なので、証拠を残しましょう。

一番手っ取り早いのはボイスレコーダー。
「暴言」も「暴力」も音声として残すことができますし、
見つかる心配も少ないです。

決定的証拠を手に入れたら、本社or労働基準監督所に
訴え出ましょう。

証拠がある場合は、どちらにせよ、無視することはできません。
嫌々ながら、動き出してくれるはずです。

それで店長が異動になるとは限りませんが、
その可能性を上げることはできます

おすすめのレコーダーは↓

嫌な店長を排除するためにお金を賭けるっていうのも…
何か屈辱的ではありますが、
平和なバイトを取り戻すためには仕方がないことかもしれません。

②仲間を作る

本当に悪い店長であれば、あなただけでなく、同じ職場で働く他の
アルバイトスタッフさんも、その店長の事を嫌っているハズです。

で、あればアルバイトスタッフさん同士で結託するのも
アリです。

そういう悪質な店長は、大抵の場合、アルバイトスタッフさんのことを
下に見ていて、内心見下しています。

アルバイトスタッフさんから思わぬ反撃を受けることで、
動揺し、態度が改まる可能性もありますよ。

大抵のお店などは社員は少ないです。
アルバイト全員を敵に回す、ということはその店の終わりです。

なので、店長はアルバイト全員から嫌われることをとても恐れます。

店長の態度があまりにも悪い場合は
結託して、ストライキのような事をしてみるのも良いかもしれないです

ただ、↑をやることにより、そのバイトを失う可能性も0ではない、というだけは
覚悟しておいてくださいね。。

③クレームを入れる

さらに強引な方法ですが、お客さんを装ってお店の本部や本社などに
クレームを入れる方法。
悪評が積み重なっていければ、異動の時期が早まる可能性もあります。

流石に自分で電話したりするのはあまり良くないので、
知り合いや友人などに、力を借りるのが良いでしょう。

「○○店の○○ってスタッフ 態度が悪い」などというクレームを
お客さんを装い、本部に入れるのです。

クレーム1回で相手の身辺を調べたりはゼッタイにしません。
お客さんの身辺を調べでもしたら大問題ですからね。

なので、安心してお客さんを装ってクレームを入れましょう。

この時、
あからさまな嘘や、内部情報を知りすぎている感を出してはダメです。

ただ、「態度が悪くて不愉快だった」などといった
理由でクレームをつけるのです。

「殴られた」などという突拍子もない、嘘のクレームを入れれば
すぐウソだとばれてしまいます。

クレームが入れば、普通の会社であれば
店長宛に注意が行くはずです。
勿論、1回クレームが入っただけでは、何の影響もないでしょうけど、
ある程度繰り返されれば、異動の時期が早まる可能性は
大いにあります。

④本社に仲の良い人を作る

これは難しい方法ですが、本社の人間と親しくなっておく。
そうすることで、いざという時、味方になってくれる可能性もあります。

その方にこっそり打ち明けることで、
悪質な店長に指導が入ったりすることも…

店員Kの経験談

実は私も、激しい気分屋で、嫌い!と思ったアルバイトスタッフには
「アイツ使えねー!」などと大声で言い放つ、悪質な店長のもとで
バイトをしていたことがあります。

その時は、多少顔を覚えていただいている本社の社員の方がいらっしゃったので
その方に、相談しました。
後日、当時の店長に指導が入ったそうです。

他にも仲間を作る方法も使いましたし、
ボイスレコーダーで、暴言を記録もしていました。

結局、ボイスレコーダーを使う前に、何が影響したのかは分りませんが、
その店長は異動になりました。

その後、新しくやってきた店長の方はとても良い方で、
同じ職場なのに、こんなに精神的に違うのか!と
驚いたものです

なので、皆様も悪い店長に苦しみ、耐え抜くことなく、
逃げたり、戦ったり、してみると良いと思います。

耐えるのは肉体的にも、精神的にも毒ですから・・・。

損をする戦い方!

暴言などをボイスレコーダーに録音して、裁判を起こしてやろう!という
パターン。
これは確かに効果的ではあるのですが、止めておいた方が絶対に良いです。

何故なら、裁判には費用がかかります。
相手から賠償金を貰えたとしても、裁判費用で赤字になってしまうこともあるのです。

それに、裁判を起こすとなると、時間も消費しますし、
もうその職場にも居られなくなるでしょう。

なので、職場に残りつつ、戦うのであれば、やはり
地道な活動+効果が出ずに負けることもある、という苦しい道のりですが、
上のような方法をとりつつ、少しずつ店長を”異動”という道に追いつめていくのが
一番ベストだと思います。

戦いの結末!

最終的には本社の判断、ということになります。

どうなるかは店長が日頃、どのような態度をとっているかで
大きく変わります。

上からも嫌われているような店長であれば、
解雇や異動になるかもしれませんし、

普段から上にこびへつらっている店長だと、
上も店長を気に入っているので軽い処分で済んでしまうかもしれません。。

この辺は普段の店長の様子を観察しておくしかないですね。

まとめ!

店長を排除する、これは一筋縄では行きません。

ポイントは
「仲間を集める」「記録する」「根気よく」の3つです。

例え、人間的に終わっている人物が店長だったとしても
会社が優先的に守るのは「店長」であって「アルバイト」ではありません。
いざとなれば店長を守るため、不当に「アルバイト」を解雇することだって
あるのです。

悪い店長と遭遇してしまったらー
道は3つ。
「逃げる」「耐える」「戦う」

バイト先に思い入れがなければさっさと辞めてしまうのが一番良いです。

ただ、上でも書いた通り、そのバイト先に思い入れがあるのであれば
耐えるか、戦うかしかありません。

私はバイトの皆様を応援しています。
1日も早く、悪い店長から逃れられますように…。

世の中には悪い店長ばかりではありません。
まともな店長だっています。
そういう方と巡り合えることをお祈りします。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする