フリーターの一人暮らしは可能?待ち受ける困難まとめ!

店員Kです!

フリーターとして働く皆様は今、どんな風に暮らしていますか?
実家暮らしでしょうか。それとも既に結婚なされているのでしょうか。

もしくは一人暮らしされている方もいらっしゃるかと思います。

そして、中には
フリーターだけど、一人暮らしをしたい!という方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし…
フリーターで一人暮らしというのは想像以上にキツイものです。

なかなかそう簡単には行きません。

今回は実際に見た経験談などを元に、
フリーターで一人暮らしをすることの厳しさを書いていきます。

スポンサーリンク

フリーターで一人暮らしは可能?

フリーターで一人暮らしは可能なのかどうか。
結論から言えば可能です。
ただし、とてもじゃありませんが、裕福な生活はできません。
どんなに働いても、どんなに頑張っても、
生活を維持していくのがやっとです。

私がアルバイトの時代にも、一人暮らしのフリーターさんは
居ましたから、不可能な事ではありません。
ですが、やはり大変厳しい生活を送っているようでした。

一つのバイト先では厳しい…

一つのバイト先で稼ぎきるのはなかなか難しいと思います。
私が今まで出会ったことのある、フリーターで一人暮らしをされている方は
皆様、掛け持ちでした。

と、いうのも一つのバイト先で週5日、フルタイムで入れたりでもすれば
それなりに(15万前後ぐらいだと思いますが)稼げるとは思いますが
なかなかそれだけ入れてもらうのは難しいです。

会社的な理由で、それだけ働かせると、厚生年金などの加入を
会社で手続きしなければいけなくなる場合もありますし、
他のバイトさんとの兼ね合い、人件費の兼ね合いで
あなたが希望したところで週5日、フルタイムでのシフトを組んでもらう!
というのはなかなか難しいことだったりします。

収入ってどれぐらい?

フリーターの収入…これはどんなに頑張っても20万程度が
限界ではないかと思います。
ただし、20万というのはもはや休みなし、毎日フルタイムレベルです。
私は週5回でフルタイムも含むバイトをしていましたが
それでも15万いかないぐらいでしたから、20万行くとなると
相当キツイです。

上でも書いた通り、
1つのバイト先でそんなに働かせてもらうのは無理でしょうから、
恐らく掛け持ちというカタチになると思います。

休みなしで一つのバイト先で働くことは無理です。
会社側がNoを出しますから(基準法とかに反するので)

色々引かれる…

そして、どんなに稼いでもいろいろと引かれます。
家賃はもちろん、光熱費、食費、生活費、
年金、国民保健、各種税金などなど…
それら全てを合わせて10万円以上は無くなると考えておいた方が良いでしょう。

勿論、食費も贅沢はできません。
1食あたり、頑張って200円で済ませたと考えても
1日3食食べれば600円。
それが10日で6000円、30日で1万8000円です。
実際に1食200円で済ませるのはほぼ無理でしょうから、
3万円近くはかかるのではないでしょうか。

とにかく、色々な費用が掛かるのです。
まともに遊ぶお金なんてありませんし、
かなり切り詰めた生活をしない限り、フリーターで
一人暮らしをするのはかなり難しいかと思います。

実際に一人暮らししている方の様子…

私の同期のアルバイトスタッフさんに、実際に一人暮らしを
している方がいらっしゃいました。

ですが、やはりその方は大変だったようです。
休みもほとんど無しで掛け持ちでアルバイトをされていましたが
休憩中に食べていた食事は「缶詰1個」。
それ以上出すお金が無かったとのことです。

勿論、遊びに行くにも大変だったようですし、
最終的にその方は私のバイト先は交通費が支給されなかったので、
その交通費を払うのも苦しくなってしまい、
最終的にはバイトを退職することになりました。

後に聞いた話だと、
生活苦から地元に戻ったとのことでした。
やはり、フリーターで一人暮らしをするのはかなり厳しいものが
あるようです。

そのまま老後を迎えると…

フリーターで一生を過ごす…これもまぁ、不可能ではありません。
ただ、かなり厳しい道のりになるのは確かです。

何故なら、上でも書いたように、毎月の生活がかなりギリギリなのです。
とても、老後に余裕ができるような”貯金”をできるような
レベルではありません。

かなり苦しい生活になるでしょう。

残念ながら今の世代は老後、年金だけで暮らすことは大変
難しい…というより不可能です。
今後さらにもらえる額が減ってくるでしょうし、
とてもじゃありませんが、年金暮らしなんてできないでしょう。

年金搾り取られているのに、こんな仕打ちは…とも
思ってしまいますが、
もはや年金に期待するほうが間違えなのだと思います。
(私は年金税だと思って払っています)

と、なると貯金が重要になるわけですが、
フリーターだとこの貯金が出来ないのです。
と、いうことでもはや…老後は生活保護などに頼るぐらいしか
生き抜く方法はないかと思います。。
まぁ、いずれにせよかなり苦しい老後になることは間違えないです

プライベートが充実しない…

フリーターで一人暮らしだと…
プライベートを充実させるのはなかなか難しいと思います。
どうしても仕事とお金のことが中心になってしまう感じですね。

稼ぐためにはそれ相応の時間、バイトをしなければいけませんし、
十分に稼げるぐらいバイトをすると、やはりなかなか休みも
取れなかったり、疲れていたりで趣味にかける時間が大幅に
減ってしまうことは間違いありません。

また、”お金”の問題もそうですね。上でも書いた通り
金銭的な余裕はなくなります。
生活費を払うだけでやっとですし、
その上、貯金をしたり、人間づきあいをしたりすれば、
さらに自由に使えるお金がなくなりますから、
フリーターでの一人ぐらしは、なかなか厳しいものが
あると思います。

結婚や恋愛・人間関係も難しい…

フリーターだと、将来的に結婚するのもなかなか難しいでしょうし、
恋愛なんてしているお金も時間も無い!って人も多いと思います。

特に、結婚ともなれば家族を養うことになると思いますが、
それがなかなか難しいことは間違えないですし、
ましてや子供などが生まれてしまえば大変なことに。

また、相手の親からも”フリーターと結婚”となると
反対される可能性も高いです。

そのほか、恋愛関係以外でも、
なかなか休みをあわせることもできず、
満足にお金も使えないやらで、友人関係も疎遠になる関係が
出てくるかもしれません

将来が常に不安定…

そしてフリーターの怖いところは将来が常に不安定、ということですね。
まぁ、今の時代、正社員でも自営業でも不安定なことは確かですが、
正社員に比べると不安定なのは間違えありません。

例えば、バイト先のお店が閉店になってしまえば、
そこの社員は別部署への異動が打診されると思いますが、
アルバイトスタッフさんは基本的にそのまま解雇になると思います
(私の勤務先も閉店になりましたが、
やはりアルバイトスタッフさんは全員解雇になっています)

こんな感じで、社員に比べると先行きがないのは、
実際問題として、考えておかなくてはなりません

まとめ

と、いうことで、フリーターで一人暮らしは結構敷居の高いことだと
思います。
不可能ではありませんが、自分の稼ぎだけで暮らしていこうと
考えると、相当な困難が待ち受けていることは間違えありません。

実際に私のバイト仲間も
やはり、一人暮らしが資金的に苦しくなってしまい、
結局は交通費削減のためにバイトをやめ、
最終的に、地元へと帰ることを決意したようです。

確かに、一緒に働いていて、かなり苦しそうでしたし…
大変そうな感じでした…

不可能ではないのですが、簡単なことではないですね^^


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする