休めるのに休まず頑張る?いいえ、休めるのに休まないヤツは無能!

店員Kです!

ちょいと過激なタイトルがついていますが、
言葉の通りです。

まず、誤解があるといけないので説明しておきますと、
「休ませてくれない」人の事を言っているワケではありません。
むしろ、休ませてもらえない皆様は被害者です。

今回、タイトルで述べている「無能」とは
休める立場、環境で働いているのに休まない人、

そして
部下に休日・休憩をとらせる立場に居るのにとらせない上司。
(スタッフに休憩をとらせず自分だけ休憩する店長は論外)

そういう人の事を言っています。

では、どういうことなのか書いていきますね。

スポンサーリンク

休まない人へ。

休日と休憩。
自分が正社員だろうと、アルバイトだろう”休む”ことは非常に
大切です。

俺は休まずに頑張っている?
迷惑です!ホントに迷惑!!

頑張っているのは分かります
でも迷惑です。

休める環境にいるのに休まない・休憩しないみなさん、
絶対に休んでください。

もう一度言いますよ!超・迷惑!!!

…まぁ、休まず働かないとお金が無くて生活できない、という人は別です。
こういう人は↑で書いた「休める環境にいる」に
当てはまりませんからね・・・。
お金に困っている皆様には、、只々お疲れ様です…としか言いようがありません。。

何が迷惑なのか?

迷惑!迷惑!言われても「あぁ、何でだよ?」って
思いますよね?

なので「休めるのに休まない」店長の元で
数年間働いた店員Kがその理由をご説明します。

何が迷惑か。

それは自分では無意識のうちかもしれませんが、
「機嫌が悪くなる」こと。

本人は普通に振る舞っているつもりかもしれません。
ですが、人間と言うものは「安らぎ」がなければ
必ずストレスを蓄積させていくものです。

そう、ストレスを。

自分の知らないうちに。。

ストレスがたまれば、
スタッフや同僚への態度も悪くなっていきますし、
接客業であれば顔から生気も失い、
悪いイメージを与えるでしょう。

自分では大丈夫だと思っていても、
周りは分かるのです。
だから、休んでください。というより休みなさい。。

自分の体調も気にして・・・

上で書いた機嫌が悪くなる、以外にも色々と問題はあります。

その一つが
”体調面”
休みもなく無理をし続ければ、必ず体にダメージが
蓄積されていきます。

自分では大丈夫。

そう思っていてもある日突然倒れたり、
場合によっては死んでしまうかもしれません。。

自分が倒れれば誰かが悲しむー
そう考えてみたことはありませんか?

家族が悲しむかもしれません。
友達が悲しむかもしれません。
恋人が悲しむかもしれません。

自分の体は自分だけのモノではない。

よくある言葉ですが、
今一度よく考えてみてください。

「休める立場にいる」のに「休まない」のは罪です。

悲しむ人は居ない?
そうですか、そうですか。

でも考えてみてください。
貴方が職場で倒れれば、
周囲はどう思います?

そう、それこそ迷惑です。冷たいようですが。。

事故で倒れたなら全力でみなさん助けるでしょう。
私もそうします。

でも、自分勝手に休まず働き続けて倒れたなら
迷惑、迷惑、迷惑です。本当に。

実際に旧勤務先時代、倒れた人も居ます。
休まずにー。
その方はそれ以降、自分で気づいて改善したそうなので、
命に別状はありませんでしたが・・・。

仕事があるから休まない

よく居るパターンで
「俺が居ないとまわらない」
「会社から頼りにされているから休んでいる場合ではない」
「「休んでる時間」があって良いよな。」みたいな
事を言っている人も居ます。

これは愚かとしか言いようがありません。

そういう人は
「休みもせず頑張っている」のではありません。
そこのところ、勘違いしてもらっては困ります。

「休みをとれない、時間配分のできない無能」です。

休まずに頑張っているから優秀??
違いますよ。

休日・休憩分も働かないと仕事が終わらない無能です。。

認識を改めましょう。

ちなみに、上司などから
「絶対に終わらない量」の仕事を与えられて
そのせいで休憩や休みがとれない!という方は
無能ではなく被害者です。

その仕事をきっちりと部下に与えられない上司が
「無能」です。
誤解があるといけないので念のため。。

休まない人 まとめ

休めるポジションにいるのに休まない人。

これはさっきから書いている通り、迷惑です。

休日やることがないのかもしれません。
でも、休んでください。

貴方は何のために生まれてきたのですか?
働くため??違うでしょう。。
ちゃんとよく考えてみてください。。

周囲は「頑張ってますね~」なんて言うかもしれませんが、
迷惑です。
私はずっと、その”休まない店長”の時代、迷惑でした。

休日でもひょっこり顔を出してそのまま働き出す。
本当に不愉快でした。
”信頼していない”
”自分が一番優秀”
そういう想いが伝わってくるようでした。

私も口にも、態度にも、当時は一度も出していません。

だから、あなたの周りの人間も
貴方を心の中で迷惑だと思っているかもしれません。

休めるのに、休まない。

お願いですから、
休んであげてください。
周囲の為にも、自分の為にも。。

休めない人!

会社や上司、または金銭的な問題で休みたくても休めない方…。
これは↑で書いた「休まない人」とは違って被害者です。。

特に会社がブラック企業だったりして、休めないと辛いですよね。。

そんな状況を打開するには
ザンネンながらその会社を去るぐらいしか有効な手段はありません。。

個人が一人で会社のスタイルを変えることはほぼできませんからね。。

ただ、一つ大切なのは
”無理をしすぎないこと”
ブラック企業や休ませてもらえない環境下で無理をしすぎれば
必ず心にダメージをためていきます。

限界を感じる前に、
逃げ出すことも勇気の一つです。
会社やバイトを辞めたって死ぬわけじゃありません。

でも、無理をし続ければ本当に死んでしまうことだってあるのです。。

休憩をもらえない!

バイトなどで休憩をくれないところもありますよね。。

私の旧勤務先のスタッフ達でも別のバイト先では休憩を
貰えなかった!なんて方々もいたものです。。

バイト先の場合、店長の方針で大きく左右されるので、
その店長の采配しだいです。

休憩をくれない店長はザンネンながらダメ店長です。

店長に直接「休憩下さい」などと言ってもそういうタイプの店長は
聞く耳を持たないでしょう。
なので、ザンネンながら大人しく
店長が変わるのを待つか、自分が辞めるか…それしか
対応策はありませんけれど・・・。

休めるのに休まない人が居たら…

職場に「休めるのに休まない」人が居ると鬱陶しいものです。

職場の環境の為に。
その上司(同僚?)の体の為に。

ぜひ、休ませてあげましょう。

安心して休ませてあげる方法を少しだけ書いていきますね。

自分の仕事を見せつける

自分が仕事を頑張って「これなら俺が居なくても大丈夫かも」と
思わせること。これが第1歩ですね。
「自分が居なくても大丈夫」とその休まない人が思えるよう
なれば、次第にちゃんと休む癖がついてきてくれるかもしれません。

直接お願いする

直接その休まない人に休むようお願いする方法。
ただし、これが相手と自分の関係が悪化する可能性も0ではないので、
慎重にお願いしましょう。

お願いする場合はあくまでも
「相手の事を心配している」そういうスタンスでお願いすることが
大切です。
下手に。本当に心配している、と言う風に。
例えそれが演技であってもです。

本社や上司に言う

休んでもらいたいのであれば、最悪の場合、この手段を使うしかありません
本社からすれば、労働基準法違反うんぬんは恐ろしいものです。
形式上であったとしても、何らかの対処はしてくれると思いますよ。

休み・休憩まとめ!

休みと休憩。
これは人にとって大切なものです。
私は店長になってからも必ず時間内に全ての仕事を片づけて
休憩も休日もしっかりと取っていました。

今もそうです。

人は休みがあるからそれを目指して仕事を頑張れる。

これが私の持論です。

色々考え方はあるかと思いますが、
少なくとも、休める環境に居るのに休まない人 は
絶対に休むようにしましょう。

自分の体の為にも。
周囲の為にも。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする