仕事が雑用ばかり!雑用ばかり任される原因は何?

店員Kです!

皆様は職場で「雑用」をさせられることは
ありますか?

多かれ少なかれ、雑用を頼まれることは
あると思いますし、それは別におかしなことではありません。

しかしながら”雑用ばかり”になってしまっている人も
中には存在すると思います。

「雑用しか頼まれない」
「自分ばっかり雑用を頼まれている」
「仕事が忙しいのに雑用も頼まれる」

そんなこともあるでしょう。

では、この”雑用ばかり頼まれてしまう状況”というのは
何が原因なのでしょうか。

それを、見ていきたいと思います。

雑用ばかり頼まれる原因

周囲の人間も雑用ばかり頼まれている場合は
話は別ですが
あなたを含めた特定の人物だけ雑用を
頼まれていたりする場合、
「何か理由」がそこにはあるはずです。

雑用ばかりだと、本来の仕事から外されているような感じが
してしまうようなこともあると思いますし、
本来の仕事が忙しいのに、雑用ばかり頼まれてしまったら
やってられない!となるかと思います。

では、どうして雑用ばかり頼まれてしまうのか。
それを、見ていきましょう。

嫌がらせ目的

人間、大人になっても、案外、中身なんて子供のままです。
嫌がらせ目的で雑用をお願いしてくるようなことは
あるかと思いますし、
そういう人も実際にいるのです。

嫌がらせ目的で雑用の仕事ばかり与えてくるような
幼稚な人・上司というものは実際に存在します。
何らかの原因で嫌がらせのターゲットとして選ばれてしまい、
雑用をさせられている、あるいは、雑用しか
やらせてもらえない、そんな状況になってしまうわけです。

もしも、そうなってしまった場合は、会社内の誰かに
相談した方が良いでしょう。
上司からの嫌がらせである場合は、上司の上司に
相談することがポイントとなります。

ただし、会社ぐるみの場合は、どうすることも
できないというのも実情です。

頼みやすい人として認識されている

理由はさておき”頼みやすい人”だと認識
されている場合は、雑用を楽しまれる確率としては
非常に高くなってしまうかと思います。

例えば、
何を頼まれても不満1つ漏らさずに
やってくれるような人には雑用も頼みやすいと思いますし、
何の悪気もなく「とりあえずあいつに頼んどけ」みたいな
空気が出来上がってしまう可能性は十分にあります。

そうなってしまわないためにも
忙しい時など、ある程度はNoを突きつけることも大切です
”気弱な態度”は付け込まれる原因になります。
雑用を頼む側からしてみれば、雑用を頼みやすい人間に
頼みたい、と考えるのがふつうですからね。

他、入社したてだったり、新人バイトだったりすると
雑用を頼まれやすい傾向にあります。

信用されていない

信用されておらず、任せられる仕事が無い場合も
雑用ばかり頼まれることになる可能性もあります。
信用のない人、この人には仕事を任せられない、
という人に対しては、どうしても
”誰にでもできるような雑用”の仕事が
集中しやすい傾向にあるのが事実です。

信用されていなかったり、
仕事ができない人だと判断されていたり、
もしくは自分自身に何か原因があったり。
そういう場合は、まずそれを改めないと
雑用だらけの仕事から抜け出すことはできませんから、
しっかりと対応していくようにしましょう。

人数が多すぎる

会社に配置されている人員が多すぎて
人が余っているケース。
そういう場合も、雑用の仕事が多くなる傾向にあります。
人が余っていれば当然、一人あたりの仕事量は減りますし
メインの仕事からあぶれる可能性もあります。

そういう場合、人によっては雑用の仕事ばかりが
回ってくる可能性もあります。

嫌がらせ目的などではなく、単純に人員が
余ってしまっている、という場合に関しては
その会社に居る限りはその状態が続く可能性は
高いです。
もしもその状況が嫌だ!というのであれば会社内部の
人間に相談してみるなり、
場合によっては転職などを視野に入れる必要も
出てくるのではないかと思います。

気にしすぎているケース

雑用が多い、と気にしすぎているケース。
雑用の仕事はどんな仕事でも少なからずあるものです。
「全く雑用がない」なんてことはまずないでしょう。
ですが、「自分だけが雑用ばかりさせられているのではないか」と
気にしてしまうタイプ。

これは、気にしないようにして
冷静に周囲の状況を判断するしかありません。
自分以外の社員はどうなのか。
自分以外の人も、同じように色々と雑用を頼まれていれば、
それは、あなたに向けられた「特定の感情」ではありませんから
そのあたりは安心しても良いと思います。
何らかの嫌がらせで雑用の仕事が与えられている可能性は
低いと考えても良いのではないかと思います。

上司の問題

雑用の仕事ばかりが振られてくるー。
これは、上司の問題である可能性も否定はできません。
どういうことかと言うと、上司が、面倒な雑用的な仕事は
やらずに、全て部下に押し付けているパターンですね。

当然、上司は面倒な作業を一切やらない、ということに
なってしまうので、雑用の仕事が下の人間に
回ってくる可能性が高くなります。

雑用が多いなぁ、と思ったら
上司がどんな風にしているかを考えてみましょう。
あなただけではなく、あなたと一緒に働く人全員の
雑用が多いのであれば、それは上司自体の問題かも
しれません。

上司自体の問題の場合は、
その上司が異動になるのを待つしかありません。
「少しは自分でやってください!」なんて言って、
「そ、そうだな…」となるヒトであれば、
当然のことながら、最初から雑用を丸投げにしたり
することはないでしょう。

あまりにも目に余る場合は、会社上層部などに
相談してみるのも良いかとは思いますが、
効果があるかどうかは何とも言えない部分です。

追い出し部屋の可能性

”意味のない雑用”ばかりやらされている場合は、
追い出し部屋のような状態になっている
可能性も予想されます。
追い出し部屋、とまでは行きませんが、
うまく会社から追い出そうとしている可能性がある、ということですね。
この場合は、しばらく様子を見る必要がありますが、
もしも本当に、あからさまに雑用ばかりを
与えてくるような場合は、
追い出しの候補になってしまっている可能性も
視野に入れなくてはいけないかもしれません。

多少の雑用は仕方がない

どんな会社でも多少の雑用は仕方のない事です。
雑用0、というのはなかなか難しい事でしょう。
なので、ある程度の自然な雑用
(嫌がらせのような感じではない雑用)は
我慢しなければなりませんし、多少はやらなくてはいけません。

特に、新人のうちは色々な雑用を頼まれることも
多いかと思います。
ただ、大切なことは、もしも自分が偉い立場になったとしても、
人に投げつけるばかりになってはいけません。
ある程度、自分でできることは自分でやる。
これはとても大切なことですし、どんなに偉くなったとしても、
これは、忘れてはいけないことであると思います。

初心をいつまでも忘れないようにする、ということは
とても大切なことなのです。

まとめ

雑用ばかりさせられる、という場合は
最初に紹介したような理由である可能性も
ありますから、慎重に見極めていくようにしましょう。

ただ、嫌がらせ目的などではなく、
普通の範囲内の雑用に対してまでモノ申していると、
当然のことながら、マイナスになってしまいます。
その点に関しては、注意するようにしましょう。

上でも書いた通り、
「おかしいな」と思う理由なのであれば
対処してみても良いと思いますが、
そうでない場合は、少しの雑用は
我慢しなくてはならない場合もあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする