実録!迷惑な来店客たち…。実際に来店した招かれざる客

仕事

店員Kです!

お客様は神様…
そういう言葉がありますね。
ですが、お店をやっているとマイナスにしかならない
招かざる客がいらっしゃるのも事実。

普通のお客様なら皆様大歓迎なのですが
そもそもお客さんじゃなかったり(勧誘とか)
全く的外れの来店だったり、
他のお客さんにも迷惑をかけるような営業妨害をするお客さんが
いらっしゃることもあるのが実情です。

そうするとお店としても困っちゃうのですよね…。

今回の記事では実際にお店にやってきた
”招かれざる客”を紹介していきます。

招かれざる客とは?

別に商品を何も買わないで出て行く、とかそういうのは
全然良いのです。
お店に興味を持ってもらえて、たとえ数秒だけでもお店を
見てくださったのであればありがたいことです。

「招かれざる客」とは、そもそもお客さんですらなかったり
お店や他のお客さんに多大な迷惑をかける人たちのことです。

そういう来店客は、どこのお店でも歓迎されないでしょうし、
店員さんからは「帰ってくれ!」と思われているはずです。

実際に来店した”招かれざる客”

それではここからは実際にご来店された
「招かれざる客」について書いていきましょう。
こういう人たちは、そもそも出来れば営業妨害にも
なりかねないので、お店に入ってこない、もしくは
少しぐらい周囲に配慮してお店に入ってきて欲しいものです。

他のお店を利用したい人たちの
迷惑でしかありません^^

①新聞業者

新聞の勧誘。
新規にお店をオープンすると、結構来るのですよ…
私もお店の開業準備のときと、オープン後にも新聞勧誘業者が来ました。

はっきり言いましょう。
ただの迷惑です。

小売店が新聞とってどうするんですか?
営業妨害にもなってますし、はっきり言って邪魔です。
お客さんの前で「新聞どうですか?」といい始めたおじさんは
本当に「出てけ!」って思いましたね。。

新聞の業者も大変なのでしょうけれど、
見境もなく勧誘されると「アホか!」と思ってしまいます。

この↑の某新聞業者はお客さんとの会話中に
割り込んできましたからね。
どういう教育をされているのだか…。

②どかない営業

とあるネット関係の業者。
誰もお客さんが居ないタイミングでお店にやってきて、
なにやらネットでの販促(マーケティング系?)の勧誘を
始めました。

しかし、予想以上に話は長く
「早く帰ってくれないか…」と思っていたところ、
お客さんが来店。

そしてお客さんは何か買おうとしていたのですが、
レジの前からどくことなく、そのまま話を続ける営業マン。

仕方が無いので
「後ろ並んでいるので…」と言ったところ
嫌そうな顔をして、謝りもせず、レジからどきました。

もう、この無礼な態度で話を聞く気は一切うせたので
そのまま出てって貰いました。

まぁ、正直な話、客でもないのに
堂々とレジの前を占有するなんて、失礼ですよね。

③選挙活動

お店の中にまで選挙活動をしに来る方…
熱心なのは良いと思うのですが
あまりに大勢でぞろぞろ来られて店のスペースを埋められて
しまうとちょっと困りますね…
お店は選挙活動の場じゃないですし、そこのところは
ちゃんとわきまえて活動して欲しいところです。

お店の迷惑を考えずに選挙活動をするような団体は
申し訳ないですが、信用できませんね・・・。

④絡む酔っ払い

別に酔っ払っていても普通にしていてくれればお客様ですし
歓迎です。しかし、酔っ払って来店するのは別に良いのですが
時々絡みだす人が居ます。これが大問題。

一度、酔ったおじさんが、
自分の子供語りをはじめ、そこから恋愛だの何だのの
話に移り、店内のお客さんにネットで出会う恋愛はダメだだの、
恋愛しないヤツはダメだの語りだし、
しまいには今の世の中はどうこうとか何とかとか…。
1時間ぐらい、酔った勢いで話をしていましたね…

ここまで行ってしまうとお店にとってはただの迷惑ですし
他のお客さんからしても嫌な存在でしょう…。

悪酔いした状態でお店に迷惑をかけるのは
やめて欲しいですし、悪酔いした状態のお客さんは
お店にとっての招かざるお客さんです。。

⑤人に絡む人…

別の理由で人に絡む方。
お店には色々な方がいらっしゃいます。
一人で奇声を上げたりされる方も居ます。
理由はいろいろあるのだとは思いますし、
それは仕方がないことかもしれませんが、
そういう方の中には、他の方に絡む人も…

意味不明なことを口走りながら、
他のお客さんに絡む…
流石にこれは迷惑行為です。

お客さんは怖がって逃げて行ってしまいますし、
お客さんにとっても、お店にとっても
ちょっと困った存在です。。

⑥お風呂に入ってない人

旧勤務先時代に何回か来た方なのですが、
本当に酷いニオイがしました。
恐らく飲食店であれば「申し訳ありませんが…」と
追い出すレベル。

普通の汗や体臭などはお店は全然気にしません。
人それぞれですからね…。

しかし、この方は本当に想像を絶するほどに
凄かったのです。
文章では表せないのが残念ですが、
そのまま交番の前に立てば恐らく声をかけられるレベル。
それだけ凄かったのです(汗)

店内のお客さんは全員出て行きましたし、
後から入ってきた小学生もすぐに出て行きました
「臭くね?」とお客さんも言っていたレベルです。

本人は何食わぬ顔でお店を徘徊していましたが
正直、これは完全に迷惑行為ですし、
どんなにお客様は神様だといっても、
常識的に考えてこれはありえません。

普通に考えてありえないニオイがしており、
恐らく入浴等もされていないのだと思いますが、
あの状態で来店するのは、
どこのお店に入った場合でも迷惑行為です。

ここまで”非常識的”な来店のされ方をすると
流石にお店側も「出て行ってくれ」と思いますし
長居されればされるだけマイナスになります。

帰っていったあとも、相当な時間、ニオイが
充満し続けており、
ちょっと困ってしまいました…。

⑦暴れる・モノを壊す

これは迷惑行為以外の何者でもありませんし、
出入り禁止の処置をされる可能性もあります。
流石に店員Kは店内で暴れるような人は見たことがありませんが、
モノを壊しかけた人なら見たことがあります。
お店で意図的にモノを壊すのは犯罪ですし、
出入り禁止になっても文句は言えません。

また、万引きもそうですね。
万引きする方はお客様ではないですし、
お店にとっての敵なので、
お客様としては扱われなくても仕方がないことです。

お店側は、暴れたり、盗んだり、
そういう行為をされた場合はしっかりと警察に通報し、
見逃さない姿勢が大切です。

番外・虫

店舗の招かれざる客と言えば虫(笑)
ゴキブリとかハチとか、お店に入ってきますからね…
どの虫も、害虫系はお客様も嫌がりますし、店員側にとっても
嫌な存在ですから、
完全に招かれざる客です。

夏場はよく昆虫さんたちも「ご来店」なされるので、
可能であれば入り口をあけて「ご退場」願いますし、
無理であれば仕方がないので「処理」します。

特にハチはいつまでも放っておくわけには行きませんからね。
お客様が刺されてしまったりしたら
大変なことになってしまいますし…。

まとめ

お店は基本的にどんな「お客様」でも大歓迎です。
年齢も問いませんし、当然人種も問わないですね。
大量に商品を購入してもOKですし、何も買わずに眺めるだけでもOK。
ただ、来店して頂けるだけで嬉しいものです。

しかし、
”お客さんとしての振る舞いができない非常識な方はお客さんですらありません”

上であげたような事例は
ただ、お店とお客さんに迷惑をかけているだけ。

お店側もお店と、利用されている皆様を守るため、
時には出入り禁止などの処置をすることもあるのです。

お店を利用する際には
必要最低限の”常識”は身につけて利用するようにしましょうね!