会社に見切りをつけるべきタイミング!こんな会社には用無し!

仕事

店員Kです!

会社には最低でも3年はいるべき。
そんな言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますし、
今でも、この言葉はよく使われている言葉です。

しかしながら、実際にはどうでしょうか。

結論を言えば、3年が経過する前に
「さっさと見切りをつけるべき会社」もたくさん存在します。

わざわざ3年間という貴重な時間を無駄にしてしまう必要はないのです。

今回の記事では「早めに見切りをつけるべき会社」をご紹介していきます。

自分が3年以上働いていようが、まだ新人であろうが、
早く辞めた方が良い会社も、あるのです。

見切りをつけた方が良い会社!

労働者は、会社の召使ではありません。
この会社はダメだ!と感じたのであれば、とっとと見切りをつけてしまうのも
自由ですし、むしろ早めに見切りをつけるべきです。
安易な転職、退職はあまり良くないのは事実ですが、
いる意味のない会社、劣悪な会社にいつまでも居ることは
自分にとって逆にマイナスになりますし、
倒産しそうな会社などにいつまでも義理を果たす必要もありません。

会社は会社、自分は自分、です。

冷たいだとかそういうことを言う人も居ますが、
自分の人生を会社に捧げる、なんてことの方が
悲しい話ですし、”見切り”をつけることは、悪い事ではありません。
では、どのような会社に早々に見切りをつけるべきなのでしょうか。

今回の記事ではその点に関して、見ていきたいと思います。

①ブラック企業

ブラック企業にはさっさと見切りをつけるべきでしょう。
ブラックな会社にずっといても、自分にとって得るものは
ないでしょうし(忍耐力とかは得られるかもですが)
一度しかない人生を、ブラック企業に費やしてしまうのは、
時間の無駄です。

”ある程度”の黒さは今の世の中、ザンネンながら
どこの会社にもあるものですが、
それでも”度を越した黒さ”の会社があるのも事実です。

そんな会社で「これが普通なんだ」みたいな風に
思ってしまい、耐えてしまうのは、非常によくないことです。
頑張ってブラック企業で勤務していても、
ブラック企業はいつまでも黒いままです。
会社のトップが代わる等すれば、何か変わる可能性も
あるといえば、ありますが、それもいつまで待てば良いの?
というお話になってしまいますし、希望的観測による出来事を
待つのは、良くないことです。

自分が若いのであれば、若ければ若いほど有利です。
ブラック企業には早いうち、見切りをつけるべきでしょう。

そうでないと、本当に自分の人生を壊されてしまう
可能性もありますから、要注意です。
実際に私は鬱になってしまった人を知っていますし、
世の中では命を絶ってしまう人までいます。
本当にブラック企業だ!と思うのであれば
早めに見切りをつけることをおすすめしましょう。

ただ、”どこからが”やめるべきブラック企業か、
という点は難しいところですね。
本来はブラック企業は許されるべきものでは無いですし
やめてしまう方が良いのですが
転職もそう簡単なものではありません。

”自分が辛い”と感じるかどうかを一つの目安に、
辞めるかどうか、よく考えてみると良いと思老います。

②先のない会社

会社の経営状態が良くなく、先のない会社。
これも、早めに見切りをつけてしまうべき存在でしょう。
最後まで会社と運命を共にする、だとか、そういうことは
何の意味もありません。
長く勤続していると、最後まで義理を果たす、
みたいな人情的なものも生まれるかもしれませんが、
自分の人生にとって、それは意味のないことですし、
会社側も「ありがとう」ぐらいにしか思いません。

辞められたとしても、仕方がないなで会社も終わりです。
会社はあなたの会社ではありません。
自分は労働力を提供し、会社側は賃金を支払った。
その時点でもう義理は果たしているのです。

会社が傾いたからって退職する、みたいなのは
義理がどうこう、という人もいるかもしれませんが、
それは、無駄な義理です。
会社が傾いたらなるべく早く、次の道を見つけ出し、
そちらを優先するのは当たり前のことですし、
これは何も悪い事でもありません。

③人間関係が悪い

会社はブラックではなくても、人間関係が劣悪な
会社もあるかと思います。
上司からのパワハラだとか、同期からの嫌がらせなど、
色々とあるでしょう。
こういった場合、まずは周囲に助けを求めて見たりするのが
良いかと思いますが、
上に助けを求めても動いてもらえなかったり、
何の対応もしてもらえなかったり、ということは
あるかと思います。

そういう、”どうにもならない”状況になってしまった場合、
会社に見切りをつけてしまうのも一つの方法です。
会社が悪いわけではないですが、大事なのは、自分が
働いている環境がどうか?という部分ですよね?

ですので、もしも自分の周囲が劣悪な環境なのであれば、
早めに見切りをつけることが大事になります。

④待遇が良くない会社

最初は、仕方がないですが、何年勤務しても
社員への待遇が良くない会社などは見切りをつけることを
視野に入れても、良いかと思います。
待遇が良くない会社でそのまま働き続けて、
将来的にどのような待遇になるのか。

それを良く考えてみましょう。
自分が満足できるような待遇ではない場合、
自分が今後どうしたいかをしっかりと考えて
判断した方が良いです。

世間の平均と比べても、待遇が悪い場合は、
それは劣悪な環境と言わざるをえません。
法律上問題ない範囲であれば
その会社に残るかどうかは自分の判断次第にはなりますが、
もしも待遇に不満がある場合で、会社を辞めようと考えているのであれば、
年齢的なものが不利になる前に、
会社を辞めてしまった方が、良いのも事実です。

あまり急ぎ過ぎて失敗してしまうのもアレですが
いつまでもズルズルと引きずってしまうのも、よくありません。

⑤不祥事を起こした会社

会社が不祥事を起こした場合。
これも、場合によっては早々に見切りをつけた方が
良い場合もあります。
不祥事がどのぐらいのレベルにもよりますが、不祥事が大きなモノの場合は
大企業であっても一気に潰れる可能性はありますし、
自分が指をさされるような立場になってしまう可能性も十分にあります。

自分が不祥事に関わっている場合は、話は別ですが、
関わっていない場合に関しては、
会社の不祥事に自分が付き合う必要は全くありません。

⑥追い出し部屋などに入れられた場合

こは、すぐにでも見切りをつけた方が良いでしょう。
会社には、追い出し部屋というものが存在します。
これは、会社にとって不要な人材を自主退職に追い込むための部屋です。

しかしながら、どこの企業もストレートに「追い出し部屋」などと
名前をつけているところはありません。
何らかのもっともらしい名前をつけて誤魔化しています。

自分が異動させられた部署が、何も仕事がないような部署だったり、
おかしいな?と感じたら追い出し部屋の可能性もあります。もしも、
しばらく様子を見てみて、改善されないようであれば、
早めに見切りをつけることを強くおすすめします。
追い出し部屋の実態とは?の記事も参考にどうぞ!)

まとめ

会社はあなたの人生そのものではありません。
なので、上記のようなことを感じたり、
上に書いていないようなことであったとしても、
”この会社は・・・”と感じるのであれば、早々に見切りを
つけてしまうのも一つの方法です。

労働者にだって、会社を選ぶ権利はあります。
もしも見切りをつけるのであれば、
なるべく早い方が良いですから、しっかりと自分で考えて
決断するようにしていきましょう。