降りろ!あおり運転をする人間は車から降りて免許を返納するべき。

日常生活

店員Kです!

非常に残念なことではありますが、
世の中には「あおり運転」と呼ばれる
悪質な運転をする人が居ます。

前の車との車間距離をわざと詰めたり、
幅寄せしたり、場合によってはクラクションを鳴らしたり、
急ブレーキを踏んだり。

とにかく、危険な行為であることは間違いありません。
これによる逮捕者も出ており、
悪質な煽り運転は社会問題となっています。

こういった煽り運転をする人間は
今すぐ車から降りるべきです。
それが性格なのでしょうから、「あおり運転はいけません」なんて
言われても、理解できないでしょう。
理解できるような人間は最初からあおり運転などしません。

今すぐ車から降りて、車を売り、免許を返納するべきです。
そうでないと、本体に、大変なことになりますし、
大変なことになってから後悔するのでは遅いのです。

車から降りるべき理由!

あおり運転をする人が車を運転しないべきなのは何故か。
それは、必ず何かトラブルを起こすからです。
あおり運転をするような人が
「あおり運転はいけません」と言われても、理解はできないでしょう。
中には「あ、そうだな」なんて思う人も居るかもしれませんが、
まずいないはずです。
何故なら、言って理解できるような人は、
最初から煽り運転なんてしないからです。

あおり運転をするような人間は
「事故を起こすか」「逮捕されるか」
そうでもしないと、あおり運転を辞めることはないでしょう。
多少、自分で自制したとしても、
ちょっとしたことでカッとなってしまい、
また煽り運転をしてしまう。
そういうものだと思います。

ですから対処法としては
車から降りて、免許を返納するしかありません。
何故そこまでしなくてはいけないのか?
と思う人も居るでしょう。
ですが、あおり運転を続けていれば、
必ず何かを起こします。
そうなっては自分の人生や相手の人生が終わる可能性も
あるのです。

だからこそ、生半端なことではなく、
しっかりと対処しなくてはならないと思います

それが嫌であれば、最大限の努力をして
自分を変えるべきです。
変えられないのであれば、免許も車も手放すべきでしょう。
あおり運転をする車と運転手は、
車と人間ではなく、単なる凶器でしかありません。

あおり運転を続けると、どのようなことが起きる可能性が
あるのかを、見て行きましょう。

事故を起こす可能性がある

当然のことながら、あおり運転などという危険な行為を
していれば、事故を起こしてしまう可能性があります。
事故を起こせば、ほぼ100パーセント、煽り運転を
していた人間の過失です。

今の時代、そこら中にカメラや
ドライブレコーダーがありますから
どんなにとぼけても、これは言い逃れすることは
できませんし、損害賠償の金額などもそうですし、
場合によっては逮捕されるでしょう。

そして、自分自身や周囲の人間を不祥
させる可能性もあります。

罪に問われる可能性

あおり運転は危険な運転です。
場合によっては罪に問われますし、
罪に問われなくてもやってはいけません。
ぶつけたり、怪我をさせたりさえしなければ
何も起きないだろう、というのは間違いです。
実際に、ぶつけていなくても暴行罪などが
適応されて対応された例もあります。

あおって少し怖がらせてやるか、
ということだけでもアウト、ということは
覚えておくようにしましょう。
あおること自体が罪、と覚えておいたほうが
良いかと思いますし、
後から「そういうつもりじゃなかった」なんて
ことは通用しない世の中だということは
皆様も良く分かっているかと思います。

自分が怪我をする可能性

あおり運転は相手だけではなく、自分自身に対しても
危険な運転方法です。
当然のことながら事故を自ら起こしにいっているような
ものなので、本当に事故が起きてしまう可能性もあります。

場合によっては自分自身が大怪我をしたり
最悪の場合は、命に関わる可能性もあるのです。
そのことは覚えておきましょう。

もちろん、自分であおり運転をして、自分だけが
犠牲になるのであればそれは自業自得ではありませんが、
自分だけが被害を受ける事故なんてまずありません。
巻き込まれた人、事故による渋滞などに巻き込まれた人、
事故の後処理をする人、
色々な人に迷惑がかかりますから、そのこともよく考えるべきです。

他の人を傷つける可能性

当然ながら、あおり運転などという危険行為をしていれば
自分だけではなく、他の人を傷つける可能性は
十分にあります。
上でも書いたように、自分ひとりだけが事故を起こして怪我を
するのであれば自業自得ですが、
煽っている相手、さらには関係のない人まで巻き込んだ
大事故に発展する可能性もあります。

ちょっとのことでカリカリしてあおるぐらいの
忍耐力しかないのであれば、車になど乗るべきではないのです。
それこそ、歩いていたほうが良いでしょう。
自分の好きな速度で歩けて気持ちよいはずです。

まとめ

煽り運転をするような人間は、車に乗るべきではありません。
煽り運転に関しては、今後、どんどん法律も厳しくなっていくでしょうし、
どんどん取り締まっていくべき案件であると思います。

最近ではドライブレコーダーなども普及していますから、
あおり運転をして「そんなつもりじゃなかった」などと
言っても通用しませんし、失笑されるだけです。

何よりも、誰も巻き込まないために、
そして自分自身のためにも、煽り運転を
してしまうような人は車に乗るべきではありませんし、
何か起こす前に、考えを改めるか、
改められないのであれば、車に乗るのをやめるべきです。