個人が会社を潰す方法はあるの?現実的にはかなり難しい!

ブラック企業

店員Kです!

自分の勤務しているブラック企業だとか、
かつて勤務していたブラック企業、
何らかの理由で、冷たい対応などをされた会社などなど
「こんな会社潰れてしまえ!」だとか
「潰してやる!」だとか、思ったりしたことのある人も
多いかと思います。

では、実際に会社を潰すことはできるのでしょうか。

会社VS会社だとか、そういうことではなく、
今回は”個人”が会社をどうこうできるのか、
という点についてご案内していきたいと思います。

現実的にはほぼ不可能

個人が会社を潰す、というのは、実際のところ、
ほとんど不可能なことです。
資金があったり、自分が社会的に影響力の高い人間だったり
すれば可能性は少しはありますが、
多くのヒトは一般人ですから、基本的には、会社をどうこうすることは
できませんし、難しいことです。

可能性があるとすれば、どんな方法があるのか、ということを
ご紹介していきますが、
基本的には「会社を潰す」ということは諦めた方が良いかと思います。
自分の人生の時間を無駄に使うことになりますし、
やりすぎな行為をすれば、逆にあなた自身が罪に問われてしまったりだとか
そういう可能性も考えられるのです。

以下に方法をご紹介していきますが、基本的には、
無謀なことは止めておいた方が良いでしょう。

裁判沙汰などにする

会社が本当に違法行為などをしている場合は、
裁判沙汰にするのが、会社を潰す、という点において
一番近い方法ではあるでしょう。

ただし、大きな会社は裁判して勝つこと自体が難しいですし、
もしも仮に自分の言い分が認められて
相手が100パーセント悪い、となっても、
会社が倒産するのか?と言われれば答えはNoです。
そう簡単に会社は倒産しません。

今までも、ブラック企業のニュースなどを皆様も
見たことがあるかと思いますが、
倒産している会社はあまりないですよね?
どんなに問題になってものうのうとしている会社が
ほとんどです。

裁判を行えば、費用も時間もかかりますし、
大手企業が相手の場合、上手く丸め込まれる可能性もある。
確かに、会社にダメージを与えることは可能かもしれませんが、
それで「倒産」するかと言えば、
おそらくしないでしょう。

収入源を絶つ

会社の利益の源を絶つことができれば、当たり前のことですが
会社は潰れます。
ですが、そんなことが個人レベルでできるかと言えば
これも答えはNoでしょう。
そんなに簡単なことではありません。

個人で出来ることと言えば、
不祥事や、違法な部分があれば、その証拠と共に
SNSなどで拡散することは可能です。
昔に比べると、個人が色々な情報を発信しやすくなったのは
事実ですから、そういう意味では少しは有利になったでしょう。

悪い部分を伝えれば、それが事実であれば
会社の悪評に繋がるかもしれませんし、悪評が広まれば
会社の売上などにも影響してくるでしょう。

ただし、これは相当地道な活動が必要になりますし、
嘘はいけません。
嘘の悪評を広めれば、それは罪になりますし、
SNS上で逆に自分自身が炎上してしまい、
追いつめられてしまう結果にもなりかねません。

また、仮に本当のことを書いていたとしても、
炎上する可能性は0ではなく、
リスクが非常に高いかつ、有効的な効果が出るまでに
非常に長い時間がかかる方法であるのも確かです。

個人レベルで友人や知り合いなどに、
あの会社はダメだ!ということを伝えてそれを
広めていくこともできますが、そのような小規模なやり方では
会社は潰れませんし、
数人、数十人、数百人レベルに悪評が出たとしても
会社からすれば「あっそー」ぐらいのダメージにしかならない、
というのは残念ながら事実です。

潰す側の立場になる方法

これも難しい方法ですが、
その会社を潰したいのであれば
”自分が潰す側の人間になる”ということです。

どういうことかと言うと、
自分がその会社の上層部に食い込んで会社そのものを変えてしまうか、
自分が別の会社を立ち上げて、その会社を吸収するなり、
同業で競争して、シェアを奪ってしまう、ということです。

合法的に、会社を叩き潰すことのできる数少ない方法では
あるでそう。

ただ、文章で書くのは簡単ですが、実際に実行するとなれば
相当難しいでしょうし、なかなかそう上手くは行きません。
それだけ、会社を潰すのは難しい、ということです。

ただ、不可能ではないですから、
たとえ、0.1パーセントの可能性であったとしても、
挑戦してみたい!という人は挑戦してみるのも
良いのではないでしょうか。

会社を潰すのは困難

上のような話を踏まえて言えば、
会社を個人がどうこうすることは、困難、ということです。
資金的な面で考えてもそうですし、
時間や労力で考えてもそうです。
また、リスクに関しても、非常にハイリスクになります。
その上でローリターン。
正直に言ってしまえばどんなに憎い会社があったとしても、
それを潰そう、などと考えない方が良いと思いますし。
その方が、自分にとって、有意義な人生を送ることもできるでしょう。

やりすぎればアウト!

会社をどんなにつぶしたいからと言っても
やりすぎな行為をすれば、それはアウトです。
悪いのは自分自身になってしまいますし、
違法行為をしてまで、会社を潰そうとするのは無法者のすることです。

たとえ、相手がブラック企業で、違法な行為をしている会社であったとしても、
それでも、こちらは道を踏み外してはならない、ということになります。
例えば、本当はないことをSNSで拡散したり、
嫌がらせまがいの行為を繰り返し行ったり、
会社の中の人間の個人情報や、会社の機密情報を晒したり。
そういうことをしていると、
問題があるのはこちら側になります。

どんなにその会社のことが嫌いであっても、
どんなにその会社が数々の不正を行っているのだとしても、
やりすぎてしまうことは自分のためにはなりませんし、
結局、自分が悪者になってしまい、
相手の会社がつぶれることはありません。
そのことはしっかりと理解しておく必要があるかと思います。

現実的にはさっさと縁を切るのがベスト

会社に対して不満を抱いたりしてしまう気持ちは分かりますし、
この会社を潰したい!という気持ちも分からないでもないです。
しかしそれでも、やりすぎてしまえばアウトになりますし、
現実問題、会社に個人がダメージを与える、ということは
非常に難しいことです。

どんなに苦労しても、それが無駄に終わることも多いですし、
無駄な労力や費用をかけられてしまうだけ、ということも
多いのが現実です。

自分の人生を大事にするのであれば
会社を潰そう、などとは考えずに、会社とさっさと
縁を切ってしまうことをおすすめします。
そのような会社を相手にするだけ、時間の無駄、
ということですね。

不正をしている会社はいずれ、何かに巻き込まれたり
大きな問題を起こして消えていくでしょう。
自分が、貴重な人生を消費したりする必要は全くないのです。
どうしても!という場合は止めはしませんが、
できれば、人生の時間を無駄にすることはやめた方が
良いかとは思います。

まとめ

個人の力で会社をどうこうすることは非常に難しいです。
仮にできたとしても、それは、まさに人生をかけるレベルの
お話になりますし、相当な時間や労力が
かかってしまうかと思います。
個人の力では、会社をどうこうすることは
難しい、現実的にはほぼ不可能であると考えておいた方が良いでしょう。

もしも、それでも、会社に対しての怒りが収まらない場合は
仕方がありませんが、決してやりすぎないようにすることは
大切なことになります。やりすぎには注意しましょう。