面接官の失礼な態度にはどう対応すれば?対応方法のポイントは?

店員Kです!

企業やアルバイトの面接。
面接相手も人間ですから、中にはとても失礼な面接官が
居るのも事実です。

所詮、面接官も立派な人間なのかどうかと言えば、
ただの一社員だったり、
アルバイトの面接では、バイトリーダーが面接官だったりすることも
ありますから、
そんなに立派なものではありません。
場合によっては本当に失礼な態度の面接官も居るものです。

ですが、自分は面接を受ける立場。
もしも面接官の失礼な態度や酷い態度が目立つ場合は
どのようにしたら良いのでしょうか。

スポンサーリンク

面接官の失礼な態度への対応

面接官が失礼な態度をとる…
これは、そこそこあることです。
私も面接で、「この面接官は失礼だな」と思ったこともあります。

面接者を試すためにに、わざと失礼な態度をとっている、なんて
面接官が居る可能性も0%ではないですが、
基本的には、面接官自信の人間性に問題がある場合が
ほとんどであると思います。

平気で失礼な質問をしたり、そもそも態度が悪かったり、
高圧的だったり、遅刻してきたり、
失礼な店は色々とあるかと思います。

失礼な面接官による面接を受けることになってしまった場合、
どのようにすれば良いのか、見ていきましょう。

我慢する

もしも、その会社に採用されたいのであれば、
ザンネンなことではありますが、たとえ面接官が失礼な態度だったとしても
我慢するしか方法はありません。

面接官の失礼な態度に対して指摘したくなる気持ちは
分かりますが、もしもその面接に行っている会社やアルバイト先に
採用されたいのであれば、そこはグッと我慢するしか方法はありません。

気を付けるべきところは、自分の態度に面接官に対する
不満が滲み出ないように気を付けることでしょうか。
もしも採用率を上げたいのであれば、基本的には我慢するしかありません。

ごくまれに、わざと失礼な態度をとって、面接者を試している場合も
あるかもしれませんが、基本的にそのような理由で失礼な態度を
している可能性は低く、単純に面接官の人間性による問題である
可能性が非常に高いです。

失礼な点を指摘する

面接官の態度を見て、こんな会社には採用されなくてもいいや、と
思うのであれば、面接官に失礼な点を指摘するのも一つの方法です。
面接官が、自分の非に気づいて、非礼をわびる可能性も0ではありませんが、
大抵の場合、面接官からの印象は悪くなってしまうでしょう。

ドラマでは、そういう部分が他の面接官に気に入られて…なんて
展開も見かけるかもしれませんが、現実世界においてはそれは
ほとんどあり得ないことだと言っても過言ではありません。

特に、1対1の面接の場合、面接官の態度を指摘したり、
面接官の失礼な質問に腹立ててしまったりした場合、
採用される可能性はほとんど0だと思われます。

面接官が複数人居た場合、他の面接官たちが
「確かにこいつは失礼だ」と思ってくれた場合は
可能性は”0”ではありませんが、
やはりかなり低い可能性になってしまうのは事実だと思います。

腹を立てる気持ちも分かりますし、それを越えに出しても良いのですが、
採用は捨てる覚悟で行きましょう。
どうしても採用されたい場合は、我慢するしかありません。

不採用で良いなら退出しても良い

面接官の態度があまりにも失礼だったり、
面接官の質問があまりにも失礼で、
こんな会社に来るつもりなんてない!という場合は、
面接をやめて、立ち去ってしまうのも一つの方法です。

どのみち、こんな会社に来るつもりはない!となったのであれば
そのまま面接を続けるだけ時間の無駄になるかも
しれませんからね…。

一言何か言って、面接会場から立ち去れば良いと思います。

ただ、これをやった場合は、採用の確率は0になりますから、
こんな失礼なところ、こっちから御免だ!別のところを探そう!と
いう場合は構いませんが、それ以外の場合はやめておきましょう。

内定辞退はするべき?

もしも面接中に面接官の態度や質問に違和感を感じたものの、
それに耐えて、面接を突破して、もしも内定を貰った場合、
どうすれば良いのか。

例えば、アルバイトの場合は採用の連絡が来た時点で、
「他のアルバイトが決まってしまったので」だとか、そういうことを
言って断れば良いだけです。
バイトの採用を辞退の詳しい記事はこちらをどうぞ)
アルバイト先にとっても、そういうことはよくあるので、何も言われないはずです。

就職の場合はどうするか。
これも、内定辞退をもしするのであれば、早めに連絡をしましょう。
あまり話が進んでからだと、辞めるのにも面倒な手続きなどが
出てきて、時間がかかってしまいます。

で、内定辞退するべきかどうか、ですが、
これは慎重に考えましょう。
面接官が失礼だったからと言って、その会社が悪い会社であるかは
分かりません。
どんなにいい会社だったとしても、どうしようもない社員の一人や二人は
必ず存在すると思います。

また、その面接官が確実に就職後に関わる人かどうかも不明です。
別部署の人間だったりと、案外、全く接点がないまま
進む可能性もあるのです。

なので、せっかく内定を貰ったのであれば、
その会社に入るのも一つの方法です。
合わなければやめてしまえば…というほど簡単なことではありませんが、
辞退して後悔するのは手遅れですが、
入社してから後悔して、時間や手間はかかりますが
辞めることはできるのですから…

失礼な質問をされて面接が怖くなった

面接官の中には、本当にデリカシーのない質問を
ぶつける人なども居ます。
「どうしてそんなことを言うのか?」と言いたくなってしまうような
人も実際に多いのです。

中には、面接官からの質問が嫌で、面接に恐怖を抱いてしまうような人も
居るかもしれません。
ですが、面接官など所詮他人。
気にする必要はないのです。
特に、採用されなかった場合、もう二度とその人に関わることも
ないでしょうから、クレーマーの遠吠えぐらいに思っておけば良いです。

そして、面接官も、そんなどうしようもない人ばかりではありません。
悪い質問をしたり、デリカシーのない質問を平気でするような面接官は
基本的には少数です。
もちろん、たまたま運悪く、そういう面接官に連続して当たることも
あるかとは思いますが、
面接の数を重ねていれば、必ず良い面接官と当たることも
あるかと思いますから、どうしても辛い場合を除いて、
あまり気にしないようにするのが良いかと思います。

実際にあった失礼な事例

私も面接は何十件も受けていますが、やはり失礼な人も居ました。

面接官が遅刻(寝坊)してきて、面接のスタートが遅れたことも
ありましたし、
私は日に当たれない体質なのですが(病名もあります)、
鼻で笑われたりだとか(まぁ、仕方ないかもしれませんが)、
そういうことはありました。

また、知り合いは結婚の予定を面接で聞かれたりもしたようで、
デリカシーのない面接官や、失礼な面接官、そもそも自分が
社会人としてどうか?というような面接官が実際に存在するのは
紛れもない事実です。

まとめ

面接官は何も偉大な存在とか、そういうものではなく、
ただの人間です。
なので、イヤミな面接官も居るでしょうし、失礼な面接官も
居るのは事実です。

そんな時にどうするかは自由ですが、
それでもその面接先で採用を目指すのであれば
内心では「ふざけるな…!」と思ったとしても、表向きは
我慢するしか方法はありません。

反論したり、失礼な面を指摘することは、
間違ったことではありませんし、
失礼な面接官の方が悪いのですが
指摘すれば、採用確率は減ってしまうのが基本ですから、
指摘する際は、その覚悟はしておきましょう!


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする