人が豹変する理由は?豹変する原因として考えられること

恋愛・人間関係

店員Kです!

皆様の身の回りには”豹変”した人は
居ませんか?

優しいと思っていた人が、突然別人のように
怒り出したり、
信頼していたのに、その本性はとんでもない人だったり、
ある日突然性格が変わってしまったり…

色々な豹変のかたちがあるかと思います。

今回は人が突然変わるー。
つまり、豹変する理由として、考えられるものをまとめていきたいと思います。

豹変の理由は?

世の中には、突然豹変する人は実際に居ます。
その原因は人によって様々です。
豹変と言うよりは”本性を知らなかった”というケースも
あるでしょうし、本当にその人自身の性格がガラリと変わってしまうような
ケースもあります。

どうして相手が豹変してしまったのか。
その理由を知ることで、理由によっては対策することもできますし、
理由によっては、自分の力ではどうにもできないようなことも
あるかと思います。

それでは、人が豹変する理由として考えられるものを
見て行きましょう。
もちろん、下記に記述する理由以外の理由で豹変する
可能性もありますので、もしも身近な人間が
豹変した場合は、しっかりと見極めていきましょう。

①怒らせてしまった

普段から怒ってばかりいるような人の場合は別ですが、
普段あまり怒らない人は、怒りを溜め込んでいる可能性が
高いです。

そのため、その人に対して、調子に乗った行動を取っていたり、
無自覚のうちにその相手の怒りをためるような行動を
とっていた場合、ある日突然、その怒りが爆発してしまう
可能性は十分にあります。

そうなってしまうと、
「この人は怒らない」と思っていたり、
「そもそも相手が怒りを溜めていたことに気づいていない」場合は
驚いてしまい、相手が「豹変」したように感じることもあるかと思います。

まぁ、このケースは自業自得と言えば自業自得なので、
どうして相手が自分に対して怒ってしまったのかをよく考えて、
自分に非がある場合は、ちゃんと謝りましょう。
謝る場合はなるべく早めに、です。
時間が経てば、修復不能な関係になるかもしれません。

②それが相手の本性

これは知り合った時には、相手は猫を被っていたり、
他人行儀での付き合いをしていた場合にありがちなことですね。

友人の場合でも、恋人の場合でも、
だんだんと慣れてくることによって、相手が本性を現す、
ということです。
元々、自分が見ていたものが、相手の「作られた姿」なのですが
親しくなるうちに、相手もだんだんと「素」を見せるように
なってきて、その結果、相手が豹変したように感じてしまう、
というパターンですね。

「そんな人だとは思わなかった」
よくあることです。

これは厳密に言えば「豹変したように見える」だけで
別に豹変でもなんでもありません。
相手が本来の自分を、あなたに対して見せ始めただけです。

その本性が嫌なモノであるのであれば、
距離を取るしかないですね。

③気分屋…

豹変というより気分屋…。
人間の中には、自分の気分によって、態度が180度変わる人が
実際に存在します。
言っていることまで前の人は変わるような人も居ますから
恐ろしい限りです。

気分屋の人は、基本的にそれを治すことはできません。
対処法としては、機嫌の悪そうな日は
「この人はそういう人なんだ」ということで、
あまり関わらないようにするぐらいしかありません。

気分屋の人に何か文句を言っても、なかなかそれを根本的に
治してもらう、ということは難しいです。
どうしても一言言いたいのであれば機嫌の良い日にするべきですが、
その時は謝ってもらえたとしても、また機嫌の悪い日には
元通りです。

④何らかの出来事によって…

何らかの出来事によって、人間は豹変してしまう可能性があります。
失恋などもそうですし、
何らかの事情で精神的に病んでしまうと、本当に人が変わってしまって
文字通り「別人」になってしまうような人も居ます。
実際に、ブラック企業の勤務で、別人のように変わり果ててしまった人も
知っています。

人は、何かでショックを受けたり、トラウマになってしまったり、
逆に、突然宝くじが当たって大金持ちになったり、
そういうことでも豹変してしまう可能性があります。
どんなに意思の強い人だったとしても、
環境が変わったり、ショックを受けたりすることで、
その人間性は大きく変わってしまう可能性がある、ということですね。

何らかの出来事で豹変してしまった人への対応としては
その出来事にもよりますが、
しばらくの間そっとしておいたり、もしくは話を聞いてあげるなどして、
相手の変化を受け入れてあげることが、ひとつの方法なのではないかと
思います。

⑤病気によって…

人間は、病気によっても豹変してしまうことがあります。
こればっかりは仕方のないことですし、
人間は、いつだれがどのような病気になってしまうか分からないものです。
なので、誰にだって、そうなってしまう可能性はあるのです。

上で書いたような精神的な悩みでも、人は変わってしまいます。
人の精神とは脆いもので、何らかのきっかけで一気に
崩れてしまうこともあります。

また、脳の病気などは、人に変化をもたらす大きな要因になります。
脳出血や脳梗塞など、そういったもので倒れてしまった方の中には
後遺症が残ったり、倒れる前とは別人のようになってしまう
方もいらっしゃいます。

加えて、事故などで脳にダメージがいった場合などでも
人は変わってしまうので、病気や怪我、精神的な要因に
よって豹変のようなことになってしまうことはあります。

対応としては、相手も成りたくてそうなったわけでは
ありませんから、変わった部分について指摘したりだとか、そういうことを
するのではなく、相手の変化を受け入れて、寄り添ってあげることが
大切であると思います。

⑥人間関係によって

人間関係で人間の性格は変わってしまうこともあります。
悪い人たちと絡むようになれば、それに染まって行くこともありますし、
逆のケースもあるでしょう。
周囲の人間関係はその人の人格にも大きな影響を及ぼすことがあります。

まぁ、人が誰と仲良くするかなんて本人の勝手と言えば勝手
ではありますが、悪い方向に向かおうとしている場合は、
親しい関係なのであれば、一言言ってあげるのも良いかと思います。
あまり親しくないのなら、そのまま縁を切るのもまた、一つの方法でしょう。

⑦時の流れが人を変える

豹変とは言わないと思いますが、
時の流れが人を変えることは十分にあります。
特に数年間会わずに久々に再会した人が
良い意味でも、悪い意味でも別人のようになっていた!
なんてことは実際にあるかと思います。

もちろん、何年ぶりに会っても、あのときのまま!
みたいな人も居るかと思いますし、
逆に1週間だとか、短時間で全然別人のように変わってしまうような
人も居るかと思います。
この辺は人にもよりますが、
やはり、長い間会わなければ会わないほど、再会したときに
イメージや雰囲気が変わってしまっている可能性が高いのは
事実だと思います。

まとめ

人が豹変するのには色々な理由があります。
豹変や、それに類するものに関してまとめてみました。

相手を怒らせてしまった場合や、
相手が何かショックをうけてしまったことによる変化、
病気などのやむを得ない事情による変化。
色々な豹変のパターンがあるかと思います。

急に人が変わってしまうと、
やはり周囲に居る人間からすればびっくりしてしまうかとは
思いますが、パターンごとに、冷静な対応をするように
していきましょう。

自分が悪くて相手を怒らせてしまった場合は
謝ることが先決ですし、
相手に要因がある場合は、見守ることも、また大切な事です。