アルバイト面接の採点基準を公開!元店長が語る採点基準!

アルバイト

店員Kです!

アルバイトの面接…
受けるからには、やはり採用されたいものですよね。

ですが、バイトの面接も、応募者が多い場合は
落とされてしまうこともあります。

どのようなポイントが、プラスになって、
どのようなポイントが、マイナスになるのか
知りたい人も居ますよね?

と、いうことで今回は、あくまでも私の場合は、ですが
アルバイト面接時の採点基準を詳しくご紹介していきます!

バイト面接の採点基準

アルバイトの面接の採点…私の場合は、
〇〇点、と具体的な点数をつけているわけではありません。
恐らく、バイト面接で、システムに従って点をつけているところは
少ないかと思います。

最終的に、面接前から終了後まで、全てを含めた印象で
採用か不採用かを決定することが多いと思います。

どんな点がプラスに、どんな点がマイナスになるのか、
その全てを今日は語ります。

ただ、店長が100人居れば、採点基準は100通りです。
あくまでも元店長の私の場合の基準なので、
店長によって私が「プラス」と書いているものでも
「マイナス」になる可能性もありますし、
逆に私が「マイナス」なものでも「プラス」になる可能性は
あります。

なので、あくまでも参考、ということでお願いします。

ちなみに、業種は小売の接客業です。
まぁ、コンビニとかそういうところと同じような(コンビニではないです)
ものです。

学歴や職歴、経歴関連の採点基準

まずは、学歴などに関するプラス、マイナスをお教えします。

・学歴
学歴はそれほど重視しません。
アルバイトの接客において、学歴は重要ではありません
問題はその人を信頼できるかどうか、です。
高卒、大卒で評価に差をつけることはありません。
東大卒でも、偏差値が低い高校卒でも、評価は同じです。
ただし、中退は評価を下げます。
バイトも途中で辞める可能性がありますからね…。
理由によってはマイナスしませんが、大抵の場合マイナスです。
高卒&大卒>大学中退>高校中退 となります。
中卒の場合は、理由によります。

・職歴
職歴がどういう内容であろうと、普通の職歴ならマイナスはありません。
同じ業種を経験していた場合はプラスします。
ただ”空白期間”が長い場合は、理由が無ければ若干マイナス、
職を転々としている場合は、信頼度に関わるのでマイナスします。

・資格等
バイトに関係のない資格の場合は、評価に影響させません。
バイトに関係のある資格である場合は、評価プラスです。
例え、どんなにすごい資格でも、私の場合は仕事に関係ない資格に
関しては”無意味”と考えているのでプラスマイナスゼロです。

・現在の立場
フリーター、学生…色々あると思います。
「掛け持ちしていないフリーター」つまり、
現在無職のケースが一番採用側としては助かります。
学生さんでも、予定がハッキリしている場合は問題ありません。
掛け持ちアルバイトさんは少しマイナスになります。

経歴関連はこんなところでしょうか。

面接中の採点基準

次に、面接中の採点基準をお話します。

・話し方
ハッキリと話が出来ていて、明るいほど、好印象でプラスです。
逆に、おどおどしていたり、声が小さかったりすればマイナスします。
特に私の場合は接客業だったので大事なポイントなのです。

・言葉づかい
一般的な敬語が出来ていれば問題ありません。
ただし、プラスにすることもありません。できて当然だと思っています。
逆にタメ口だったり、言葉遣いに難がある場合はマイナスします。

・服装や頭髪など
あまりにも派手な場合はマイナスしますが、基本的には影響なしです。
真面目な外見にしてきても、特にプラスにはしません。
頭髪、服装などを重点的に見ます。
派手過ぎる場合、がさつ過ぎる場合などはマイナスです。
度を超したおしゃれ(男女問わず)もマイナスします。
化粧のニオイや汗のニオイなどがきつい場合もマイナスします。

・志望動機
話し方のみを見ます。動機の中身には興味はありません。
ただし、あまりにも動機が適当な場合のみマイナスします
(近かったです!だとか、なんとなく だとか論外レベルのもののみ)

・質問はありますか?への返答
これは無くてもマイナスしませんし、
質問があってもプラスしません。
ただ、質問が多すぎる場合と、質問が的ハズレな場合はマイナスします。

・礼儀作法
多少のミスは問題ありません。
よくある入室、退室の仕方が出来ていればOKです。
あまりにも適当な場合のみ、マイナスします

・経験
同じ業種で働いたことがある場合はプラスします。
無くても、私の場合はマイナスにすることはありませんでした。

・顔
容姿でプラスマイナスすることはありません。
イケメンだろうが美人だろうが、容姿が悪かろうが関係ないです。
ただ、容姿が悪いのと不潔なのは別問題です。
髭だらけだったりだとか、そういうのはマイナスします。

・履歴書
ちゃんと書くことができていれば問題ありません。
ただ、あまりにも字が汚いとマイナス、
書き忘れ、書き間違え(間違えが多い場合)はマイナスです。

勤務環境などの採点基準

私の場合は、ここが一番大切なポイントです。
勤務環境に関する採点…
つまり、いつどのぐらい働けるか、という点ですね。

・バイトに入れる日数
これは募集時に募集している日数に近ければ近いほどプラスです。
2~3日、で募集しているなら2日か3日ならプラスです。
逆にかけ離れている場合は、この時点でマイナスどころか
採用の見込みなしと判断する場合もあります。

・バイトの曜日
不問の場合は関係ありません。
募集時に曜日を書いてある場合は、それに出れればプラスです。
逆に火・水を希望しているのに、両方とも出れない!という場合は
まず採用することはありません。

・バイトの希望時間
募集要項に書いてある場合は、その時間出れない場合はマイナス
(ほぼ採用しない)です。
自由の場合でも、朝と晩、出れた方がプラスになります。

・どのぐらい続けるか
長期続けられる方が、当然ながらプラスになります。
逆に1年だとか半年の場合は結構マイナスになります。

こんなところですね。

バイト外の要素での採点基準

面接前、面接後の採点基準をお話します

・応募時の電話
普通に話せていれば問題ありません。
こちらから掲示した面接日程をこの時点で
ずらしたいと申し出る分には、問題ありません

・面接日時
最初の電話以降に変更する場合も、ちゃんと連絡してくれば
問題はありません。
ただし、直前に変更希望があった場合はマイナス、
何回も繰り返し変更希望の場合もマイナスにします。

・当日の到着時間
面接開始時間までに到着すれば問題ありません。
ただし、1分でも遅刻したら大幅マイナスします。
また、早すぎる(15分以上前)も印象は悪くなります。
なお、面接を忘れていた場合は後でお詫びの連絡を
入れてきても、面接をすることはありません。

・面接終了後
おかしな行動を起こせばマイナスします。
面接後に何度も返事を催促しに来たり、
同じ日のうちに「本当にお願いします」と言いに来たり。
特殊なことをされると不安になるので、マイナスします。

・採用連絡
何度か連絡しますが、繋がらない場合、諦めて
別の候補者を採用します。

こんなところですね。

まとめ

私の場合の採点基準はこんな感じです。
比率としては出れる日や、出れる時間など、そういうところに
重点を置いていた感じです。

これらの印象を総合して、
採用するか不採用にするかを決めていた感じです。

紹介したのは、私が実際にアルバイトさんを採用する際に
見ていたポイントになります。
包み隠さず正直に書いたので参考にしてみてください。

ただ、最初に書いた通り、
面接相手によって、その判断基準は全く違う可能性もあるので
その点は覚えておいてください!