テナント退去の際の注意点!その日すぐに退去できるわけではない!

店員Kです!

賃貸でお店を経営していた場合、
お店の閉店にも、色々な手順が必要になります。

いきなり「明日出ます!」と声を上げれば、
出られる!というわけではありません。

今回はテナントを借りてお店をやっている場合の
退去の際のポイントをご紹介していきます。

このあたりをしっかりと理解しておかないと、
後々大変なことになってしまう可能性も
ありますから、しっかりと注意してくおくことを
おすすめします!

「知らなかった!」じゃ、済まされませんからね…。

テナント退去時の注意点!

テナント退去の際には、注意点が色々とあります。
先ほどから書いているように「明日出ます!」みたいな
感じで、出ることはできないのです。

建物を貸している側からすれば、
そんなことされてしまえば困ってしまいますからね。
なので、基本的にそういうことはできません
(大家さんがいいよ、と言えば別ですが、まずないでしょう)

しっかりとこの辺りを把握しておかないと、
家賃などを払えなくなってしまい、大変な目に遭ったりだとか、
最終的に大家さんとの間で、多きじゃトラブルなどを招いてしまう可能性が
あるのです。
このあたりに関しては、しっかりと注意しておく必要がありますよ!

注意するべき点を、それぞれ見ていきましょう!

①契約をちゃんと把握しておく

テナントを借りる際には、必ず最初に
何らかの契約書を交わしているはずです。
原則、最初に説明も受けているハズでしょう。
しかしながら、お店を開店させて、しばらくすると
そんなことも、ついつい忘れがちになってしまうものです。
ですが、「忘れていた」では通りませんし、
当然のことながら「知らなかった」も許されません。

テナントを借りる以上は、ちゃんと責任を果たす必要が
あるのです。

あやふやな点があれば、しっかりと契約書にどう書かれているかは
確認しておく必要がありますし、
もしもお店を辞めたり、移転したりすることを
検討しているのであれば、
契約解除の際には、いつまでに言えばいいのか、だとか
物件をどのような状態にして返却すれば良いのか、だとか
そのあたりのこともしっかりと把握しておく必要が
あるのではないかと思います。

②契約解除の際のルールは絶対確認!

明日退去します!ということはできません。
これは物件によって、色々ですが、
大抵の場合、テナント退去の〇か月前までに言うことに
なっているはずです。
2か月だったり、3か月だったりだとか、
そのあたりが多めでしょうか。

と、いうことで、多くの場合、すぐにテナント契約を
解除することは不可能になっています。
また、数か月前にテナント契約解除の旨を
伝えなくてはいけない、ということは、当然のことながら
その間は契約していないといけない!ということになります。

つまりは、その間は家賃もかかりますし、
電気代も水道代も、その他もろもろの費用もかかわるわけです。
このことをしっかりと認識しないままに、テナント契約解除の
ことを考えていると、費用が足りなくなってしまう、なんて
最悪のケースも考えられるわけです。

必ず、〇か月前までに大家さんに伝えれば良いのかを確認
しておき、その分の資金は、余裕を持って、撤退を考えましょう。
「あ~これ以上やったら破産だ!」なんて思ったときに
テナント解約の申し出をしたのでは遅すぎますし、
もう手遅れなのです…。

③物件をどのようにして返却するのかにも注意!

借りていた物件をどのようにして返却するのか、にも
注意する必要があります。
店内のものを片づけて、はい、そのままお返しします!
とは行かない場合もあります。

このあたりもしっかりと大家さんに確認して
おかなくてはなりません。
「そのままでいいよ」というケースももちろんありますし
最低限のクリーニングなどを求められる場合もあります。
また、スケルトン状態(骨抜きの状態)に戻すように
言われるケースや、
最初に借りた時点の状態に原状復帰させるよう
求められるケースもあります。

このあたりも、契約書などでしっかりと
確認しておくようにしましょう!
もしも分からなければ、分からないままにしてしまうことはせずに
ちゃんと大家さんに確認するなりしてください。
有耶無耶なままにしておくのは危険です。

何故なら、ここの対応で自分のかかる費用は
大きく異なる為です。
例えば、何もせずにそのままでいいよ、という場合は
自分の片づけ以外の費用はかかりません。
しかしながら、スケルトンの状態に戻してほしいだとか
そういう要求があった場合は、
建物の規模や、条件などにもよって異なりますが、
数十万から、数百万円の費用がかかることになってしまい、
非常に大きな負担となります。

お店を閉店する、ということは、
移転する場合などを除き、少なからず資金繰りなどが苦しい、
という状況だと思いますから、
このあたり、対応できなくなってしまう可能性もあります。
しっかりと事前に確認し、余裕を持った撤退を
心がけましょう。

④処分するべきものを把握する

テナントを借りてお店をやっていた場合、
物件の返却よりも前に、自分で用意していたお店の備品を
どうするか?という問題も出てきます。
これも大家さんと相談してみるのも良いですが、
基本的には自分で用意したものは、自分でカタを
つけなければなりません。

たとえば、不要になったショーケースなどは
廃品回収に出すなり、欲しがる人を探すなり
して、処分しなければなりませんし、
飲食店などで、設備を整えた場合は、
それらの設備に関しても、どうにかしなければなりません。

基本的に、そのまま置いていっていい、ということに
なるケースは非常に少ないので、そのことに関しては
しっかりと把握しておく必要があるかと思います。

これも、処分するものによって金額は大きく異なりますが
数万円から数百万単位で費用がかかってしまいます。
自分のお店にもしも閉店するのであれば、処分しなくては
ならないモノがどのぐらい存在するのか、そして
どのぐらいの費用がかかるのか、これはある程度、
事前にシミュレーションをしておき、いざという時に
資金不足になってしまわないように、
注意することが必要です。

限界ラインを考えておくことが大事!

自分でオープンしたお店を辞める、これは
大きな決断になると思います。
移転に伴うテナント退去や、その他のテナント退去でも
同様ですが、もしも自分がここから徹底することになったのであれば
どのぐらいの費用がかかることになるのかどうか。

これは、しっかりと把握しておかなくてはなりません。
自分の限界ラインはどこなのか。
ある程度は余裕を持って撤退できるように考えておきましょう。

また、テナント契約時のルール。
これはしっかりと把握しておく必要があります。
ルールを把握しないまま「知りませんでした」では、
テナントの貸し借りの世界では通用しません。

ちゃんとしっかりと契約書は読むようにし、
曖昧な点や、どうしても分からない点があるのであれば、
それは大家さんにしっかりと確認を取るようにしてください。

まとめ

テナント退去にも、場合によってはかなりのお金がかかります。
そんな時に、お金を用意することができずにトラブルに
なってしまったり、
テナント退去時の費用を確保するために借金を
することになってしまったりしたら、本末転倒です。

ちゃんとルールは把握しておかなくてはいけませんし、
ある程度の計画を、しっかりと自分の頭の中で
練っておくことはとても大切なことになります。

間違っても、知らなかった、だとか、こんなにお金が
かかるとは思わなかった!だとか
そういうことが、無いようにしましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする